Function.caller

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

function.caller プロパティは、指定した関数の呼び出し元の関数を返します。厳格モード、非同期関数、ジェネレーター関数の呼び出し元については null を返します。

解説

関数 f が最上位のコードで呼び出された場合、 f.caller の値は null に、それ以外の場合の値は f を呼び出した関数になります。厳格モード、非同期関数、ジェネレーター関数の呼び出し元についても null を返します。

このプロパティは、廃止された arguments オブジェクトの arguments.caller プロパティを置き換えます。

特殊プロパティである __caller__ は呼び出し元の activation オブジェクトを返し、スタックの再現に利用できましたが、セキュリティ上の理由により削除されました。

再帰呼び出しの場合、このプロパティを用いてコールスタックを再現することはできません。以下について考えてみましょう。

function f(n) { g(n - 1); }
function g(n) { if (n > 0) { f(n); } else { stop(); } }
f(2);

stop() が呼び出された時点のコールスタックは以下のようになるでしょう。

f(2) -> g(1) -> f(1) -> g(0) -> stop()

以下は真になります。

stop.caller === g && f.caller === g && g.caller === f

従って、stop() 関数のスタックトレースを以下のようにして取得するとします。

var f = stop;
var stack = 'Stack trace:';
while (f) {
  stack += '\n' + f.name;
  f = f.caller;
}

これは無限ループになります。

関数の caller プロパティの値を確認する

以下のコードは、関数の caller プロパティの値を確認します。

function myFunc() {
  if (myFunc.caller == null) {
    return 'The function was called from the top!';
  } else {
    return 'This function\'s caller was ' + myFunc.caller;
  }
}

仕様書

いずれの標準仕様でも定義されていません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報