Object.prototype.__lookupGetter__()

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

非推奨
この機能はウェブ標準から削除されました。まだ対応しているプラウザーがあるかもしれませんが、ゆくゆくはなくなるものです。使用を避け、できれば既存のコードを更新してください。このページの下部にあるブラウザーの対応を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

概要

指定したプロパティに結びつけられているゲッタ関数を返します。

構文

obj.__lookupGetter__(sprop)

引数

sprop
ゲッタ関数を返すプロパティの名前を表す文字列

戻り値

指定されたプロパティへのゲッターとしてバインドされた関数

説明

オブジェクトのプロパティに対するゲッタ関数が定義されていても、そのプロパティを通してゲッタ関数への参照を得る事はできません。なぜならそのプロパティは、ゲッタ関数の戻り値を参照するからです。 __lookupGetter__ を使う事で、ゲッタ関数への参照を得る事ができます。

※現在は getOwnPropertyDescriptorgetPrototypeOf を使用して行えるように標準化されています。

var obj = {
  get foo() {
    return Math.random() > 0.5 ? 'foo' : 'bar';
  }
};


// Non-standard and deprecated way
obj.__lookupGetter__('foo');
// (function() { return Math.random() > 0.5 ? 'foo' : 'bar'; })


// Standard-compliant way
Object.getOwnPropertyDescriptor(obj, "foo").get;
// (function() { return Math.random() > 0.5 ? 'foo' : 'bar'; })

仕様

Specification
ECMAScript (ECMA-262)
Object.prototype.__lookupGetter__() の定義

ブラウザ実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
__lookupGetter__
非推奨
Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 11Opera 完全対応 9.5Safari 完全対応 3WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。
非推奨。新しいウェブサイトでは使用しないでください。

関連情報