Date.prototype.getFullYear()

getFullYear() メソッドは、地方時に基づき、指定された日時の「年」を返します。

getYear() メソッドの代わりに、このメソッドを使用してください。

構文

dateObj.getFullYear()

戻り値

地方時に基づき、与えた日付の年に相当する数値。

説明

getFullYear() が返す値は絶対値です。1000 年から 9999 年までの日付に対して、getFullYear() は 1995 のような 4 桁の数字を返します。2000 年以降の年について正しい値を得るには、この関数を使用してください。実装依存の Date.prototype.getYear() は使用しないでください。

getFullYear() を使う

以下の例は、変数 year に今年を表す 4 桁の数字を代入します。

var today = new Date();
var year = today.getFullYear();

仕様

仕様書 策定状況 備考
ECMAScript 1st Edition (ECMA-262) 標準 初期定義。JavaScript 1.3 で実装。
ECMAScript 5.1 (ECMA-262)
Date.prototype.getFullYear の定義
標準
ECMAScript 2015 (6th Edition, ECMA-262)
Date.prototype.getFullYear の定義
標準
ECMAScript (ECMA-262)
Date.prototype.getFullYear の定義
現行の標準

ブラウザの実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイルサーバー
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung InternetNode.js
getFullYearChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1IE 完全対応 4Opera 完全対応 4Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0nodejs 完全対応 0.1.100

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報