Document.all

草案: このページは完成していません。

非推奨 HTML5: この機能は非推奨になりました。まだ対応しているブラウザーがあるかもしれませんが、すでに関連するウェブ標準から削除されているか、削除の手続き中であるか、互換性のためだけに残されている可能性があります。使用を避け、できれば既存のコードは更新してください。このページの下部にある互換性一覧表を見て判断してください。この機能は突然動作しなくなる可能性があることに注意してください。

Document インターフェイスの all プロパティは読み取り専用で、 document ノードをルートとした HTMLAllCollection を返します。言い換えれば、文書のすべての要素を、 (配列のように) 順序および (通常のオブジェクトのように) ID でアクセスすることができる形で返します。

構文

var htmlAllCollection = document.all;

文書のすべてのノードを含む HTMLAllCollection です。

論理型への変換

document.all は JavaScript からアクセスすることができる唯一の値が偽となるオブジェクトです。これは、[[IsHTMLDDA]] 内部スロットを持つためです。これは、 Internet Explorer の古いバージョンとの互換性のために行われています。これについての詳細な情報は、 StackOverflow のこの回答にあります。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
all の定義
現行の標準 初回定義
廃止された古い API の節で定義。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser