Cryptographic hash function (暗号学的ハッシュ関数)

ジャンプ先:

暗号学的ハッシュ関数は、任意のサイズのメッセージをダイジェストと呼ばれる固定サイズのメッセージに変換する暗号学的プリミティブです。 暗号学的ハッシュ関数は、認証、デジタル署名、およびメッセージ認証コードに使用されます。

暗号学に使用するためには、ハッシュ関数は以下の性質を持っていなければなりません。

  • 計算が速く(頻繁に生成されるため)
  • 可逆ではない(各ダイジェストは非常に多数のメッセージに由来する可能性があり、総当たりのみが所与のダイジェストにつながるメッセージを生成することができる)
  • 改ざん防止(メッセージの変更によって異なるダイジェストがもたらされる)
  • 衝突耐性(同じダイジェストを生成する2つの異なるメッセージを見つけることは不可能であるべきです)

MD5 や SHA-1 などの暗号化ハッシュ関数は、衝突耐性を大幅に低下させる攻撃が見つかったため、破損しているとみなされています。

より詳しく知る

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Wind1808
最終更新者: Wind1808,