Firefox 51 は、米国時間 2017 年 1 月 24 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 51 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

HTML

  • <menu> 要素内でセパレーターとして <hr> が使用可能になりました (バグ 870388)。
  • <input> および <textarea> 要素の selectionStart および selectionEnd 属性が、テキストが選択されていない場合に 0 ではなく、現在のテキスト入力カーソルの位置を正しく返すようになりました (バグ 1287655)。

CSS

  • <input type="radio"> 向けに :indeterminate を実装しました(バグ 885359)。
  • <input type="text"> 向けに :placeholder-shown を実装しました (バグ 1069015)。
  • ::placeholder 疑似要素の接頭辞を削除しました (バグ 1069012)。
  • :valid CSS 疑似クラスが有効な <form> 要素にマッチしない問題を修正しました (バグ 1285425)。
  • unicode-bidi の値 plaintext が、縦書きモードでも動作するようになりました (バグ 1302734)。
  • clip-path の値 fill-box および stroke-box を正式にサポートしました。以前は border-box の別名でした (バグ 1289011)。
  • max-height が指定された、単一行で高さが自動の flex コンテナ内で、flex ラインの高さを抑える (引き延ばされた flex アイテムを抑える) ようになりました (仕様変更) (バグ 1000957)。
  • Firefox の添え字付き子要素疑似クラス (:nth-child():first-child など) の実装を、CSS4 使用に準拠するよう更新しました。これらの疑似クラスは親要素の子ではなく、適切な兄弟要素にマッチするようになりました。これにより親が存在しない場合や親が Element ではない場合でも、疑似クラスを使用できます (バグ 1300374

JavaScript

開発者ツール

WebGL

IndexedDB v2

Canvas

SVG

Web Workers

ネットワーク

XHR

  • XMLHttpRequest.responseXML プロパティは、受信したデータを解析する際にパースエラーが発生した場合に、先頭に <parsererror> ノードを置いた部分的な Document を返さないようになりました。代わりに、正しく null を返します (バグ 289714)。
  • 最新の仕様書に合わせて、setRequestHeader()Accept ヘッダーを設定していない XMLHttpRequest は、値として */* を設定した Accept ヘッダーを送信するようになりました (バグ 918752)。
  • XMLHttpRequest.open() で、パラメーター username および password を省略した場合の既定値を、仕様書に従って null にするよう修正しました (バグ 933759)。

WebRTC

  • RTCPeerConnection.removeStream() メソッドを削除しました。これは Firefox 22 から非推奨であり、長い間 NotSupportedError が発生していました。代わりに、ストリームの各トラックで RTCPeerConnection.removeTrack() を使用しなければなりません。
  • WebRTC で、デフォルトで VP9 コーデックをサポートします。Firefox 46 で VP9 を追加したときはデフォルトで無効化していましたが、有効化すれば優先的に選択するコーデックになりました。ただし、CPU 使用率のために第 2 の選択肢 (VP8 より後) になることがありました。
  • HTMLMediaElement.captureStream() メソッドは、指定した <video> または <audio> のコンテンツを含む MediaStream を返します。このメソッドはまだ mozCaptureStream() として接頭辞がついており、仕様書に完全には準拠していないことに注意が必要です。

Audio/video

  • FLAC コンテナーおよび Ogg コンテナーの FLAC (FLAC コーデック) をサポートしました (バグ 1195723)。サポートする FLAC の MIME タイプは、audio/flac および audio/x-flac です。Ogg コンテナーの FLAC でサポートする MIME タイプは、audio/ogg; codecs=flac および video/ogg; codecs=flac です。
  • MP4 で FLAC をサポートしました (MSE の有無にかかわらず) (バグ 1303888)。
  • Firefox 50 で、Window.setInterval() および Window.setTimeout() で作成したタイマーをバッググラウンドのタブで抑制する機能は、Web Audio APIAudioContext がアクティブで音声を再生しているときに実施しないようになりました。しかし、これはタイミングに敏感な音声再生 (タイマーを使用して個々の音を生成する音楽プレイヤーなど) が正しく動作しない問題を、すべての状況では解決できませんでした。このため、Firefox 51 では音声を再生していない場合でも AudioContext が存在するバックグラウンドタブで抑制しないようになりました。

DOM

イベント

セキュリティ

  • ログインページ (すなわち <input type="password"> フィールドを含むページ) でログイン情報が安全でない方法で送信されると思われる場合に、Firefox はユーザーに警告するため、アドレスバーに打ち消し線付きの錠前のアイコンを表示します (バグ 1319119)。詳しくは 安全でないパスワード をご覧ください。

廃止

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

WebExtensions

その他

  • アドオンがインストールされるときに Firefox でマルチプロセスの有効化を避けるために、install.rdfmultiprocessCompatible プロパティで明示的に false を設定することが必要になりました。
  • Mozilla 特有の Social API を、以下のとおり大きく変更しました (主に、もはや使用されていない API を削除しました):
    • MozSocial インターフェイスと、これをサポートする navigator.mozSocial プロパティを削除しました。
    • Social Bookmarks API を削除しました。
    • ソーシャルチャット機能を削除しました。
    • Social Status API を削除しました。
    • Share panel を除く、すべての ソーシャルウィジェット を削除しました。social sidebar や flyover panel などが含まれます。
    • 削除した API のためにサポートしていたユーザインターフェイスや機能も、同様に削除しました。
    • 削除した機能をサポートする、Social service provider manifest のプロパティを廃止しました。
  • ファイル拡張子と MIME タイプの関連付けを与えるために mimeTypes.rdf をアドオンが使用する場合に、"ext-to-type-mapping" カテゴリーで項目を登録することが必要になりました (バグ 306471)。
  • Browser API が、mozbrowserlocationchange イベントのイベントオブジェクトで detail オブジェクトを含むようになりました。canGoForward/canGoBack プロパティを持っており、mozBrowser の戻る/進む の状態を同期的に取得できます (バグ 1279635)。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,