Firefox 63 for developers

この記事は翻訳作業中です。

草案
このページは完成していません。

このページでは、開発者に影響する Firefox 63 の変更点をまとめています。Firefox 63 は現在 Beta バージョン であり、米国時間 2018 年 10 月 23 日 にリリースする予定です。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

  • インスペクターのフォントタブに、ページ上のフォントの設定を簡単に確認および編集できるエディターを追加しました。詳しくは フォントを編集する をご覧ください。
  • アクセシビリティインスペクターでオブジェクトにマウスポインターを載せると、アイテムを強調表示して、ページ上の情報バーにアイテムのロールや名前を表示するようになりました (バグ 1473030)。

廃止

HTML

  • <img> 要素の decoding 属性をサポートしました (バグ 1416328)。HTMLImageElement.decoding) もご覧ください。
  • sidebar リンクタイプ (rel="sidebar") のサポートを廃止しました。アンカータグがこの属性を含んでいても、属性が無視されます (バグ 1452645)。

廃止

CSS

廃止

  • offset-block-startoffset-block-endoffset-inline-startoffset-inline-end を削除しました。これらは前述のとおり改名されました (バグ 1464782)。

SVG

変更なし。

廃止

JavaScript

廃止

  • WebAssembly Module で、実験的な IndexedDB のシリアライズのサポートを廃止しました (バグ 1469395)。

API

新規 API

DOM

  • Web Animations API で、以下の部分をデフォルトで有効にしました (バグ 1476158)。
  • Element.toggleAttribute() メソッドを実装しました (バグ 1469592)。
  • Payment Request API の paymentmethodchange イベントと、PaymentMethodChangeEvent インターフェイスを実装しました。このイベントは、Apple Pay で支払いに使用するクレジットカードをユーザーが変更したときなど、現在の支払いハンドラーで選択された支払方法が変更されたときに PaymentRequest オブジェクトへ送られます (バグ 1468356)。
  • 廃止済みおよび Firefox 限定の非標準メソッドである Window.back() および Window.forward() を削除しました。代わりに window.history.back() および window.history.forward() メソッドを使用してください (バグ 1479486)。
  • 非同期でクリップボードにアクセスする Clipboard.readText() および Clipboard.writeText() メソッドをサポートしました。read() および write() メソッドも実装されていますが、現在はテキスト限定のメソッドと完全に同じ動作です (バグ 14614645)。
  • 以前は非標準であった Event.returnValue プロパティを、互換性のために Firefox でサポートしました (バグ 1452569)。
  • ウェブ互換性を向上するために Window.event プロパティを実装しました。現在は標準化されています (バグ 218415)。
  • Firefox の動作を Edge や Chrome に合わせるため、navigator.platform プロパティが 64 ビット版 Windows で実行している場合でも "Win32" を返すようになりました (バグ 1472618)。
  • Firefox 63 より前のバージョンでは、rel="noopener" を持つ新しいウィンドウを開くリンク、および noopener 機能を有効にして Window.open() を呼び出した場合にすべてのウィンドウ機能を無効にしており、必要な標準機能を明示的に再有効化しなければなりませんでした。Firefox 63 ではこれらのウィンドウでほかのウィンドウと同じ機能が有効になり、不要な機能を明示的に無効化しなければなりません (バグ 1419960)。

DOM イベント

  • キーボードの右側にある Alt キーの扱いが、Windows で改善しました。ユーザーの現在のキーボードレイアウトで Alt キーが AltGr モディファイアキーにマッピングされている場合に、KeyboardEvent.key"AltGraph" として値を返します。これは最近 Chrome に導入された動作に合致します (バグ 900760)。

Service workers

メディア、Web Audio、WebRTC

  • マイクへのアクセスが、同じコンテンツプロセス内でも複数のタブで同時に動作するようになりました。この改良は通常版の Firefox にも適用されています。ウェブ開発者はおそらく、この状況になっていたでしょう (バグ 1404977)。
  • RTCDataChannel を、以前からサポートしていた旧来の sctp-sdp-05 データ形式に加えて、sctp-sdp-21 データ形式をサポートするように更新しました。
  • 仕様書で非推奨とされたため限定的にサポートしていた、PannerNode のドップラー効果のサポートを Web Audio API から削除しました。AudioListenerdopplerFactor および speedOfSound プロパティと、PannerNodesetVelocity() メソッドを削除しました (バグ 1148354)。
  • Web Audio API の ConstantSourceNode ノード型で、仕様書に合わせるためデフォルトのチャンネル数を 1 から 2 に変更しました (バグ 1413283)。
  • Web Audio APIAudioScheduledSourceNode インターフェイス (および拡張によって、このインターフェイスを基にしたすべてのノード) でノードの開始時間として負の値が指定されたときに、正しい例外が発生するようになりました。そのエラーは RangeError です (バグ 1413284)。
  • AudioParam オブジェクトの value で許可される最小値と最大値を、それぞれ単精度浮動小数点数で最小の負の値 (-340,282,346,638,528,859,811,704,183,484,516,925,440) と最大の正の値 (+340,282,346,638,528,859,811,704,183,484,516,925,440) に変更しました (バグ 1476695)。
  • アクティブなストリームのコーデックを変更できる、{domxref("SourceBuffer.changeType")}} メソッドをデフォルトで有効にしました。これは Media Source Extensions API の一部です (バグ 1481166)。
  • AudioParam.setValueCurveAtTime() メソッドを、引数の値が次第に変わることを示すために浮動小数点数値の配列を受け入れるように更新しました。以前は Float32Array であることが必要でした (バグ 1421091)。
  • また AudioParam.setValueCurveAtTime() が、values の配列に有限ではない値が存在する場合に、TypeError を正しく返すようになりました (バグ 1472095)。
  • さらに setValueCurveAtTime() で、時間が経過した後に指定した値のカーブに従ってパラメーターが終了したとき、パラメーターの値がカーブの値のリストの最後の値に設定されるようになりました (バグ 1308436)。
  • ほかのディクショナリーや仕様書に合わせて、RTCRTPStreamStats ディクショナリーを RTCRtpStreamStats に改名しました (バグ 1480498)。
  • RTCRtpStreamStats ディクショナリーの kind プロパティをサポートしました (バグ 1481851)。
  • RTCRtpStreamStats ディクショナリーの isRemote プロパティが推奨になりました。Firefox 65 で削除する予定です。このプロパティにアクセスすると、コンソールに警告を表示します。詳しくは Advancing WebRTC ブログの投稿 をご覧ください (バグ 1393306)。

Canvas と WebGL

  • HTMLCanvasElement.getContext() に、新しい powerPreference コンテキスト属性を追加しました。macOS ではパフォーマンスを重視しない WebGL のアプリケーションやアプレットが、マルチ GPU のシステムで高性能な GPU ではなく低消費電力の GPU を要求することができます (バグ 1349799)。

廃止

CSSOM

変更なし。

廃止

HTTP

セキュリティ

  • サイトで Content Security Policy が設定されている場合に、favicon も CSP に従うようになりました (バグ 1297156)。
  • CSP の違反レポートを生成するとき、script-src ディレクティブの 'report-sample' 式を認識するようになりました。このディレクディブは、違反が発生した場所の短いサンプルをレポートに含めるべきであることを示します。以前は、Firefox は常にサンプルを含めていました (バグ 1473218)。

廃止

プラグイン

変更なし。

廃止

その他

  • PerformanceObserver.observe() の動作を、指定したエントリータイプの配列に有効な値が見つからない場合や、配列が空または存在しない場合に、単に何もしないように修正しました。以前は、Firefox は誤って TypeError を発生させていました (バグ 1403027)。
  • OpenSearch で、検索 URL の型として application/json を、application/x-suggestions+json の別名として受け入れるようになりました。

廃止

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

  • インストール済みの検索エンジンの一覧を取得したり、それらで検索を行ったりすることが可能な、新しい search API が使用可能になりました。
  • menus API に menus.getTargetElement() を追加しました。このメソッドは、targetElementId 引数が参照する要素を返します (バグ 1325814)。
  • commands.onCommandユーザー入力 として扱われるようになりました (バグ 1408129)。
  • tabs.onHighlighted で複数選択をサポートしました (バグ 1474440)。
  • tabs.update で、updateProperties 引数内に highlighted: true を含むことによる、タブの選択状態の変化をサポートしました (バグ 1479129)。
  • tabs.update で、updateProperties 引数内に highlighted: true および active: false を含むことにより、フォーカスがあるタブを変えずにタブの選択状態を変更できるようになりました (バグ 1486050)。
  • tabs.query で、複数のタブが選択されている場合に tabs.Tab オブジェクトの配列を返すようになりました (バグ 1465170)。
  • tabs.Tab プロパティが、ブラウザーウィンドウでどのタブが選択 (ハイライト) されているかを適切に反映するようになりました。また tabs.highlight で、複数のタブのハイライト状態の変化をサポートしました (バグ 1464862)。
  • menus.create() で非表示のメニュー項目を作成できるようになりました。また、menus.update() で項目の表示・非表示を切り替えられるようになりました (バグ 1482529)。
  • menus API を使用して作成した項目でアクセスキーをサポートしました (バグ 1320462)。
  • webRequest API で、投機的接続のフィルターが可能になりました (バグ 1479565)。
  • browserAction バッジのデフォルトの文字色が、背景とのコントラストを最大化するため、自動的に黒色か白色に設定されるようになりました (バグ 1474110)。
  • theme マニフェストキーの accentcolor および textcolor プロパティが省略可能になりました (バグ 1413144)。
  • tabs.onUpdated に渡される extraParametersisarticle プロパティを isArticle に改名しました。古い名前は残されていますが、非推奨です。この変更は Firefox 62 に適用されました (バグ 1461695)。
  • browserAction.getBadgeTextColor() および browserAction.setBadgeTextColor() で、ブラウザーのアクションバッジの文字色を取得および設定できるようになりました (バグ 1424620)。
  • webRequest.SecurityInfokeaGroupName および signatureSchemeName プロパティを追加しました。この変更は Firefox 62 に適用されました (バグ 1471959)。
  • topSites.get() で、サイトが返すさまざまなリストのオプションを設定可能な options 引数をサポートしました (バグ 1445836)。
  • cookies.Cookie が、Cookie の SameSite 状態を示すプロパティを含むようになりました。cookies.SameSiteStatus 列挙型が SameSite 状態の値を定義します (バグ 1351663)。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: yyss
最終更新者: yyss,