Firefox 81 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 81 の変更点をまとめています。Firefox 81 は 2020 年 9 月 22 日にリリースされました。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

  • サンドボックス化された <iframe> 要素で、自動ダウンロードをブロックするようになりました (バグ 1558394)。

廃止

  • 非標準の mozallowfullscreen 属性を、<iframe> から削除しました。代わりに allow="fullscreen" を検討してください (バグ 1657599)。

CSS

廃止

JavaScript

変更なし。

HTTP

  • Firefox で、空白を含むクォートされていないファイル名を持つ非標準の Content-Disposition ヘッダーを受け入れるようになりました (バグ 1440677)。
  • Firefox で HTTP Feature-Policy ヘッダーの web-share ディレクティブをサポートしました。これは、Web Share API へのアクセスを信頼されたオリジンに制限するために使用できます。現時点で Firefox は Web Share API 自体をサポートしていないことに注意してください (バグ 1653199)。

API

ゲームパッド

  • ゲームパッドのジョイスティックがアクティブになるしきい値を上げました。これにより、アイドル時に小さな軸の値を送信するコントローラーや、ごく小さな打撃によって意図せずゲームパッドがアクティブになる可能性を減らします。(バグ 1539178)

Workers/Service workers

  • worker や shared worker のスクリプトで、厳格な MIME タイプの確認を強制するようになりました。すなわち Worker()SharedWorker() コンストラクターの対象になるスクリプトは text/javascript で提供しなければなりません (バグ 1523706)。

WebDriver conformance (Marionette)

  • setWindowRect 機能の既定値が、すべてのデスクトップアプリケーション (Thunderbird を含む) で true に、Android の GeckoView で false になりました (バグ 1650872)。
  • 以下のコマンドで Fission をサポートしました: WebDriver:SwitchToFrameWebDriver:SwitchToParentFrameWebDriver:GetCurrentURL。すべての Fission 互換コマンドは、marionette.actors.enabledtrue に設定されている場合に限って利用できます。
  • 新しいウィンドウを開いた後、ブラウジングコンテキストの監視が破損する問題を修正しました (バグ 1661495)。
  • WebDriver:SwitchToWindow が失敗したとき、統一された NoSuchWindowError が常に返るようになりました (バグ 1663429)。

廃止

  • WebDriver 仕様書に含まれておらず、またすでに使用されていない WebDriver:GetActiveFrame を削除しました (バグ 1659502)。

アドオン開発者向けの変更点

関連情報

過去のバージョン