Firefox 15 for developers

草案
このページは完成していません。

Gecko 15.0 を搭載した Firefox 15 は米国時間 2012 年 8 月 にリリースされます。このページでは、開発者に影響する Firefox 15 の変更点をまとめています。 Firefox 15 は現在 Beta として提供されています。

注: ここに載っている変更点は今のところ Firefox 15 に含まれる予定ですが、テストの結果 Firefox 15 へ投入するには時期尚早と判断されたものは、以後のバージョンへ先送りされる可能性もあります。このページおよびその英語版ページを定期的にチェックして最新の情報を確認してください。

Web 開発者向けの変更点

HTML

  • <font> 要素の size 属性が HTML5 仕様に従って扱われるようになりました。つまり、10 より大きい、または、-10 より小さい整数はすべて 10-10 であるとみなされるようになりました。
  • <font> 要素の font-weight および point-size 属性のサポートが削除されました。これらは非標準であり、Gecko はそれらをサポートする唯一のレンダリングエンジンでした。
  • <audio> および <video> 要素のための Ogg コンテナで音声向けの Opus コーデック がサポートされました。
  • <source> 要素で media 属性がサポートされました。
  • <audio> および <video> 要素で played 属性がサポートされました。この属性の値はこれまで再生したメディアの時間を一覧化した TimeRanges オブジェクトです。

CSS

  • font-feature-settings プロパティが最新の構文に更新されました。例: font-feature-settings: "lnum" 1;
  • text-transform プロパティが ( のような) Unicode の合字を正しく扱うように拡張されました。
  • CSS の word-break プロパティが実装されました。
  • The border-image プロパティが最新の仕様と接頭辞無しのプロパティに対応するように更新されました。 (bug 713643)
  • transformskew() 関数は Firefox 14 で削除されましたが、既存サイト互換性のために復活しました。ですが、代りに、skewX() および skewY() 関数を利用することを勧めます。

DOM

  • DOM Events Level 3 のメソッドであり、Ctrl Shift のような、モディファイアキーの状態を調べることができる、KeyboardEvent.getModifierState()MouseEvent.getModifierState() が実装されました(bugs 630811 および 731878)。ただし、その挙動は最新の D3E 草案に従っています。そのため、モディファイアキー名のいくつかが IE と異なります(バグ 769190)。
  • マウスイベントで、MouseEvent.buttons 属性を用いたマウスボタンの状態を調べるためのサポートが実装されました。
  • キーボードイベントで、 KeyboardEvent.location 属性を用いたキーの位置(標準、モディファイアキーの左もしくは右、テンキー上)を調べるためのサポートが実装されました(バグ 166240)。
  • KeyboardEvent.keycode の結果が Windows/Linux/Mac でほぼ同じであった従来のルールよりも優れたルールから算出されるようになりました。そして、それらは アラビア文字、キリル文字, タイ文字などのような、Linux と Mac での非 ASCII 入力可能レイアウトでも利用可能です。仮想キーコードのための文書を参照してください。
  • range.detach() メソッドは何もしないように変更されました。恐らく、将来的に削除されるでしょう。
  • HTMLVideoElement.mozHasAudio() メソッドが実装されました。与えられた video 要素に関連づけられた音声トラックがあるかどうかを示します(bug 480376)。
  • Performance API に新しいメソッド now() が追加されました。このメソッドは DOMHighResTimeStamp 型の高解像度タイマをサポートします(bug 539095)。
  • WebSMS API が更新され、SMS テキストメッセージが既読か未読かのどちらかを示す read 属性がサポートされました。
  • FileHandle API が実装されました。
  • Blob コンストラクタが blobParts 引数の値として ArrayBuffer に加えて ArrayBufferView を取れるようになりました。 (bug 752402)

JavaScript

  • Typed Arrays 仕様由来の DataView インタフェースのサポートが追加されました。これは ArrayBuffer に含まれるデータへの低レベルアクセスを提供します。
  • ECMAScript Harmony の Number.isNaN のサポートが追加されました。(bug 749818)
  • ECMAScript Harmony のデフォルトパラメータが追加されました。 (bug 757676)
  • ECMAScript Harmony のレストパラメータが追加されました。 (bug 574132)

WebGL

  • WEBGL_compressed_texture_s3tc 拡張のサポートが追加されました。圧縮されたテクスチャは GPU 上でテクスチャを保持するために必要なメモリの量を減少させます。その結果、より高解像度なテクスチャや同解像度でもより多くのテクスチャを扱えます。

MathML

  • 数学演算記号で @font-face で指定したダウンローダブルフォントを利用できるようになりました。これにより、MathML-fonts アドオン で引き伸ばされた演算記号が正常に表示されるようになります。
  • <maction>selection 属性が actiontype 属性の値が toggle のときにのみ考慮されるようになりました。
  • 非推奨の名前付き空白バインディング が削除されました(バグ 673759)。
  • Length<mpadded> の値でサポートされる構文が MathML3 仕様で指定されたものにより近くなりました。
  • New MathML mirrorable operators for Arabic math have been added to the operator dictionary (バグ 757125).

Network

  • SPDY v3 プロトコルのサポートが実装されました。既定では無効であり、network.http.spdy.enabled.v3 の設定を true にすることで有効になります。 (bug 737470)

Mozilla 開発者とアドオン開発者向けの変更点

インタフェースの変更点

nsIDOMWindowUtils
sendMouseEvent()sendTouchEvent()sendMouseEventToWindow()sendMouseScrollEvent() および sendKeyEvent()aModifiersKeyboardEvent.getModifierState() でサポートされている修飾キーのすべてをサポートします。MODIFIER_* という値を利用してください。 また、sendKeyEvent() の第 5 引数が boolean から unsigned long に変更されました。後方互換性のために、呼び出し元がそれに対して true または false を渡している場合、挙動は変更されません。この変更によって呼び出し元がキーの位置を指定することができるようになります。
nsIBrowserHistory
hidePage() メソッドは一度も実装されずに、かつ、このリリースで完全に削除されます。Places API のすべてを非同期化する進行中の作業の一部として、addPageWithDetails() メソッドも削除されます。代わりに mozIAsyncHistory.updatePlaces() を利用してください。また、count 属性も削除されます。それはときどき実際のカウントを返していませんでした(代わりに、単純にエントリが存在したかどうかを返していました)。代わりに nsINavHistoryService.hasHistoryEntries を利用できます。

新しいインタフェース

nsISpeculativeConnect
近い将来のいつかに要求される可能性がある、与えられた URI への接続をオープンするネットワーキング層のヒントを与えるための方法を提供します。これによりネットワーク層が時として高レイテンシプロセスで前もっと新しいネットワーク接続を開き始めることを可能にします。

削除されたインタフェース

以下のインタフェースが削除されました。

関連記事

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: omasanori, Potappo, ethertank
最終更新者: ethertank,