Firefox 69 for developers

Firefox 69 は、米国時間 2019 年 9 月 3 日 にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 69 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

Debugger

  • イベントリスナーブレークポイント で、ブラウザーのイベントに対してどのコードを実行したかを分析できます。clickkeydown など特定の型、あるいはすべてのマウス入力イベントのようにイベントのカテゴリー全体を選択できます (バグ 1526082)。
  • デバッガーの ソースリストペイン に表示しているスクリプトを、コンテキストメニューの ファイルをダウンロード で保存できるようになりました (バグ 888161)。
  • デバッガーのソースリストペインで、拡張機能が UUID に代わって拡張機能の名前で表示されるようになりました (バグ 1486416)。デバッグしたい拡張機能のコードを見つけやすくなります。
  • スクリプトの読み込みを遅延させることで、デバッガーの起動がかなり早くなりました (バグ 1527488)。

コンソール

  • リソースやストレージへのアクセスが何度もブロックされることによるノイズを減らすため、トラッキング防止のエラーCSP のエラーCORS のエラー による ブラウザーコンソール のメッセージを自動的にグループ化するようになりました (バグ 1522396)。
  • コンソールに表示されているログを、コンテキストメニューの新しい項目である [表示メッセージをエクスポート] でファイルに保存、またはクリップボードにコピーして共有できるようになりました (バグ 1517728)。
  • コンソールのツールバーが、縦方向の領域を節約するためレスポンシブに高さを 1 行に減らすようになりました (バグ 972530)。
  • Firefox のフロントエンドが発したログに集中するため、コンソールでコンテンツが発したメッセージを隠せるようになりました (バグ 1523842)。

ネットワーク

  • CSP または 混在コンテンツ のためにブロックされたリソースを、詳しい理由とともにネットワークパネルに表示するようになりました (バグ 1556451)。
  • ネットワークパネルで、リソースの完全な URL を表示する URL 列が新たに使用可能になりました (バグ 1341155)。

インスペクター

  • ページインスペクター で要素にマウスポインターを載せたときに表示される情報バーで、その要素が flex コンテナーや flex アイテムであることを表示するようになりました (バグ 1521188)。

リモートデバッグ

  • 私たちのモバイルウェブブラウザーのために、リモートデバッグの機能を古い WebIDE から再設計した about:debugging に移行しました。USB を通してリモート端末の GeckoView をリモートデバッグするエクスペリエンスが向上します (バグ 1462208)。

全般

  • 開発ツールのパネルの並び順を、人気を反映して変更しました (バグ 1558630)。

HTML

  • さらに仕様書へ準拠させるため、既定の disabled mode で生成された <track> 要素では、要素に関連付けられたテキストトラックがテキストキューを含む WebVTT ファイルを読み込まないようになりました。modedisabled であるキューにアクセスまたは操作するには、modestarted または hidden に変更します。これによって WebVTT データの読み込みが発生します (バグ 1550633)。

廃止

  • HTML <keygen> 要素を Firefox から削除しました。これは以前から非推奨であり、また用途がほかの技術に取って代わられました (バグ 1315460)。

CSS

SVG

JavaScript

HTTP

API

新規 API

DOM

メディア、Web Audio、WebRTC

  • ユーザーのセキュリティを向上させるため、および最新版の Media Capture and Streams 仕様書に合わせるために、安全でないコンテキストでは navigator.mediaDevices プロパティを提供しないようになりました。getUserMedia()getDisplayMedia()enumerateDevices() などを使用するには、HTTPS を使用してコンテンツを読み込むようにしてください (バグ 1528031)。
  • Web Audio API の AudioParam.value プロパティが、現時点のプロパティの実際の値を、その値に適用されるすべての予定済みまたは段階的な変更を考慮したうえで返すようになりました。以前の Firefox は、(value セッターを使用して) 直近に明示的に設定された値だけを返していました(バグ 893020).
  • 新たにトラックを辞書式順序で使用するように MediaStreamAudioSourceNode を更新しました。以前はトラックの順序が個々のブラウザー次第であり、任意に変更することもできました。加えて、音声トラックがないストリームを使用して MediaStreamAudioSourceNode を作成しようとすると InvalidStateError 例外が発生するようになりました (バグ 1553215)。
  • facingModedeviceIdgroupId 設定が、MediaStreamTrack.getSettings() を呼び出すと返される MediaTrackSettings オブジェクトのメンバーに含まれるようになりました (バグ 1537986)。

廃止

WebDriver conformance (Marionette)

その他

  • Marionette が、モーダルダイアログやユーザープロンプトの開く・閉じるを動的に制御するようになりました (バグ 1477977)。これは、複数開くプロンプトも制御されることを意味します (バグ 1487358)。
  • DOM の一部が削除されたり追加の通知が出たりすることを防ぐため、デフォルトでトラッキング防止と DOM push 機能を無効化するようになりました (バグ 1542244)。
  • Firefox が低メモリ状態になったときにバッググラウンドのタブを自動的にアンロードする機能を無効化しました。これはタブを切り替えるときの自動化に悪影響がありました (バグ 1553748)。

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

  • UserScripts API をデフォルトで有効にしました。
  • topSites.get() メソッドで、新たなオプションである includePinned および includeSearchShortcuts が使用可能になりました (バグ 1547669)。

その他の変更点

関連情報

過去のバージョン