Firefox 84 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 84 の変更点をまとめています。Firefox 84 は、2020 年 12 月 15 日にリリースされました。

注記: Mozilla Hacks の And now for … Firefox 84 もご覧ください。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

変更なし。

CSS

  • :not 疑似クラスで、複雑なセレクターをサポートしました (バグ 933562)。

廃止

  • 独自仕様である -moz-default-appearance プロパティの値 scrollbar-small (代わりに scrollbar-width: thin を使用します) および scrollbar (macOS 限定。代わりに scrollbar-horizontalscrollbar-vertical を使用します) を削除しました (バグ 1673132)。

JavaScript

HTTP

変更なし。

セキュリティ

  • Firefox で http://localhost/http://dev.localhost/ のような localhost URL が、ローカルホストのループバックインターフェイス (例えば http://127.0.0.1) を参照するものとして保証されるようになりました。この結果、localhost から読み込まれるリソースが安全に提供された (安全なコンテキスト を参照) とみなされ、混在コンテンツ として扱われなくなります (バグ 1220810, バグ 1488740)。

API

Media、WebRTC、Web Audio

  • MediaRecorder.start() メソッドで、記録されているストリームのいくつかのトラックが変更されたときに InvalidModificationError が発生するようになりました (バグ 1581139)。

廃止

WebAssembly

変更なし。

WebDriver conformance (Marionette)

  • WebDriver:PerformActions および WebDriver:ReleaseActions に、chrome スコープのサポートを追加しました (バグ 1365886)。
  • 新しい Fission 互換 API をデフォルトで有効にしました。以前の API に戻すには、設定項目 marionette.actors.enabledfalse に設定します (バグ 1669169)。
  • WebDriver:SwitchToWindow を、常にトップレベルのブラウジングコンテキストへ戻すように修正しました (バグ 1305822)。
  • WebDriver:SwitchToParentFrame の、ブラウジングコンテキストの確認を改良しました (バグ 1671622)。
  • WebDriver:Back で、現在選択されている <iframe> がアンロードされたときにハングアップする問題を修正しました (バグ 1672758)。

既知の不具合

  • ページナビゲーションの後、過去に取得した要素にアクセスすると常に "stale element" エラーが発生せず、"no such element" エラーが発生する場合があります。これを防ぐには、設定項目 marionette.actors.enabledfalse に設定してください (バグ 1684827)。

アドオン開発者向けの変更点

過去のバージョン