この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

EventTargetaddEventListener() メソッドは、特定のイベントが対象に配信されるたびに呼び出される関数を設定します。 対象としてよくあるものは Element, Document, Window ですが、イベントに対応したあらゆるオブジェクトが対象になることができます (XMLHttpRequestなど)。

addEventListener() は関数または EventListener を実装したオブジェクトを、呼び出される EventTarget における指定されたイベント種別のイベントリスナーのリストに加えることで動作します。

構文

target.addEventListener(type, listener[, options]);
target.addEventListener(type, listener[, useCapture]);
target.addEventListener(type, listener[, useCapture, wantsUntrusted  ]); // Gecko/Mozilla のみ

引数

type
対象とするイベントの種類を表す文字列
listener
指定されたタイプのイベントが発生するときに通知(Event インターフェースに準拠しているオブジェクト)を受け取るオブジェクト。これは、EventListener インタフェースを実装するオブジェクト、あるいは、単純に、JavaScript の関数でなければなりません。
options Optional
対象のイベントリスナーの特性を指定する、オプションのオブジェクトです。次のオプションが使用できます。
  • capture: イベントをDOM ツリーで下に位置する EventTarget発送される前に受け取りたいかを指定するBooleanです。
  • once: listener の呼び出しを一回のみのとしたいかどうかを Boolean 値で指定します。true を指定すると、listener は一度実行された時に自動的に削除されます。
  • passive: listenerpreventDefault() を呼び出さないことを表す Boolean 値です。true が指定された状態でlistenerpreventDefault()を呼び出すと、ユーザーエージェントはその呼び出しを無視し、コンソールに警告を出力します。詳細は Improving scrolling performance with passive listeners を見て下さい。
  • mozsystemgroup: コードが XBL か Firefox' chrome で実行されている時のみ利用できます。リスナーがシステムグループに追加されているかどうかを表す Boolean 値です。
useCapture Optional
捕捉フェーズを使用する場合は、 useCapturetrue を指定します。捕捉フェーズの開始後、指定されたタイプのイベントの全てが、まず、登録された listener発送され、その後、DOM ツリーにおいてその下に位置する任意の EventTarget発送 されます。ツリーをたどって上方へ浮上するイベントは、捕捉フェーズを用いるように指定されたリスナーを誘発することはありません。詳細については、DOM Level 3 Events を参照してください。この引数は、全てのブラウザで省略可能ではないことに注意してください。省略した場合、 useCapturefalse となります。
Note: イベントターゲットに登録されたイベントリスナーは、補足フェーズや浮上フェーズではなく、ターゲットフェーズのイベントになります。ターゲットフェーズのイベントは、useCapture パラメーターにかかわらず、すべてのリスナーを追加された順序で実行します。
Note: useCapture はどんなブラウザでもオプションになっているわけではありません。完全で最大限の互換性を得たいなら、パラメーターを指定するようにしてください。
wantsUntrusted
true の場合、このリスナーはウェブコンテンツによって発火された合成イベント (カスタムイベント) を受け取ります (chrome ではデフォルトで false ですが、一般のウェブページでは true です)。このパラメーターは Gecko でのみ利用可能であり、主にアドオンやブラウザー自身の役に立つものです。特権ページと非特権ページの間のやり取りを参照してください。

options で個々の値を指定する前に、ユーザーのブラウザーがその値をサポートしているのか調べた方が良いでしょう。歴史的な理由から、すべてのブラウザがすべての値をサポートしているわけではないためです。詳しくは Safely detecting option support をご覧下さい。

返値

undefined.

Safely detecting option support

In older versions of the DOM specification, the third parameter of addEventListener() was a Boolean value indicating whether or not to use capture. Over time, it became clear that more options were needed. Rather than adding more parameters to the function (complicating things enormously when dealing with optional values), the third parameter was changed to an object which can contain various properties defining the values of options to configure the process of removing the event listener.

Because older browsers (as well as some not-too-old browsers) still assume the third parameter is a Boolean, you need to build your code to handle this scenario intelligently. You can do this by using feature detection for each of the options you're interested in.

For example, if you want to check for the passive option:

var passiveSupported = false;

try {
  var options = Object.defineProperty({}, "passive", {
    get: function() {
      passiveSupported = true;
    }
  });

  window.addEventListener("test", options, options);
  window.removeEventListener("test", options, options);
} catch(err) {
  passiveSupported = false;
}

This creates an options object with a getter function for the passive property; the getter sets a flag, passiveSupported, to true if it gets called. That means that if the browser checks the value of the passive property on the options object, passiveSupported will be set to true; otherwise, it will remain false. We then call addEventListener() to set up a fake event handler, specifying those options, so that the options will be checked if the browser recognizes an object as the third parameter. Then, we call removeEventListener() to clean up after ourselves. (Note that handleEvent() is ignored on event listeners that aren't called.)

You can check whether any option is supported this way. Just add a getter for that option using code similar to what is shown above.

Then, when you want to create an actual event listener that uses the options in question, you can do something like this:

someElement.addEventListener("mouseup", handleMouseUp, passiveSupported
                               ? { passive: true } : false);

Here we're adding a listener for the mouseup event on the element someElement. For the third parameter, if passiveSupported is true, we're specifying an options object with passive set to true; otherwise, we know that we need to pass a Boolean, and we pass false as the value of the useCapture parameter.

If you'd prefer, you can use a third-party library like Modernizr or Detect It to do this test for you.

You can learn more from the article about EventListenerOptions from the Web Incubator Community Group.

シンプルなリスナーの追加

この例は、要素上でのマウスクリックを監視するための addEventListener() の使い方を紹介します。

HTML

<table id="outside">
    <tr><td id="t1">one</td></tr>
    <tr><td id="t2">two</td></tr>
</table>

JavaScript

// t2 のコンテンツを変更する関数
function modifyText() {
  var t2 = document.getElementById("t2");
  if (t2.firstChild.nodeValue == "three") {
    t2.firstChild.nodeValue = "two";
  } else {
    t2.firstChild.nodeValue = "three";
  }
}

// イベントリスナーを table に追加
var el = document.getElementById("outside");
el.addEventListener("click", modifyText, false);

このコードの中で、 modifyText()addEventListener() を使用して登録された click イベントのリスナーです。表の中のどこかをクリックすると、ハンドラーに上がり、 modifyText() を実行します。

結果

無名関数を使用したイベントリスナー

ここで、無名関数を使用してイベントリスナーに引数を渡す方法を見てみましょう。

HTML

<table id="outside">
    <tr><td id="t1">one</td></tr>
    <tr><td id="t2">two</td></tr>
</table>

JavaScript

// t2 のコンテンツを変更する関数
function modifyText(new_text) {
  var t2 = document.getElementById("t2");
  t2.firstChild.nodeValue = new_text;    
}
 
// イベントリスナーを table に追加する関数
var el = document.getElementById("outside");
el.addEventListener("click", function(){modifyText("four")}, false);

なお、リスナーは実際にイベントに応答する modifyText() 関数に引数を送信することができるコードをカプセル化している無名関数であることに注意してください。

結果

アロー関数を使用したイベントリスナー

この例はアロー関数表記を使用して実装された、簡単なイベントリスナーを紹介しています。

HTML

<table id="outside">
    <tr><td id="t1">one</td></tr>
    <tr><td id="t2">two</td></tr>
</table>

JavaScript

// t2 の中身を変更するための関数
function modifyText(new_text) {
  var t2 = document.getElementById("t2");
  t2.firstChild.nodeValue = new_text;    
}
 
// アロー関数で table にイベントリスナーを追加
var el = document.getElementById("outside");
el.addEventListener("click", () => { modifyText("four"); }, false);

結果

なお、無名関数とアロー関数は似ており、違いは this のバインドです。無名関数 (及び伝統的なすべての JavaScript 関数) は自身の this を作成するのに対し、アロー関数はそれを含む関数の this を継承します。

つまり、アロー関数を使用したときは、それを含む関数の変数や定数をイベントハンドラーで利用することができます。

メモ

なぜ addEventListener を使うのか

addEventListener() は、 W3C DOM で仕様化されている、イベントリスナーを登録するための方法です。その利点は以下の通りです。

  • イベントに複数のハンドラーを追加することができます。これは、特に、他のライブラリ/拡張で利用しても上手く動作する必要がある AJAX ライブラリや JavaScript モジュール、その他のライブラリや拡張機能と共に動作させる必要があるコードに役立ちます。
  • リスナーがアクティブ化されたときに、その動きを細かくコントロールすることを可能にします(キャプチャリング 対 バブリング)。
  • HTML 要素だけでなく、任意の DOM 要素 で動作します。

別の方法である、イベントリスナーを登録するための古い方法 は、後で説明します。

イベント発送中のリスナーの追加

EventListener がイベント処理中に EventTarget に追加された場合、それが現在のアクションによって実行されることはありませんが、浮上フェーズのように、後の段階のイベントフローで実行されるかもしれません。

複数の同一のイベントリスナー

複数の同一の EventListener が、同じ EventTarget に同じ引数で登録された場合、重複するインスタンスは反映されません。 EventListener が2回呼び出されることはなく、重複するインスタンスは反映されないので、 removeEventListener() で手動で削除する必要はありません。

ハンドラー内での this の値

一連の類似した要素に対して一般的なハンドラーを使いたい場合のように、イベントハンドラーが実行される要素を参照したいということがたびたびあります。

addEventListener() を使って要素にハンドラー関数を設定したとき、ハンドラーの中の this の値は要素への参照となります。これはハンドラーに渡された event 引数の currentTarget プロパティの値と同じです。

onclick のようなイベントハンドラーが HTML 要素に指定されていた場合、イベント属性の Javascirpt コードの値は、事実上 addEventListener() を使用するような方法で this の値をバインドするハンドラー関数に置き換えられます。つまり、コード内に直接 this が現れた場合には、要素への参照に置き換えられます。けれど、属性の値のコードによって呼ばれた先の関数の内側では、this の値はふつうのルールに従って決まることに注意してください。したがって、以下のような場合:

<table id="t" onclick="modifyText();">
  . . .

onclick イベントで呼び出されたときの modifyText() 内の this の値は、グローバルオブジェクトWindowへの参照となります。 (もしくは strict mode の場合、undefined になります。)

bind() を使用した this の指定

Function.prototype.bind() メソッドで、その関数のすべての呼び出しにおいて this として使用される値を指定できます。これを使えば、関数がどこから呼び出されるかによって this の値が変わってしまうというややこしい問題を簡単に回避できます。ただし、リスナーを後で削除できるように、そのリスナーへの参照を残しておく必要があります。

以下は bind() を使った場合と使わない場合の例です。

var Something = function(element) {
  // |this| is a newly created object
  this.name = 'Something Good';
  this.onclick1 = function(event) {
    console.log(this.name); // this は element なので undefined になります
  };
  this.onclick2 = function(event) {
    console.log(this.name); // this はバインドされた Something オブジェクトなので「Something Good」と出力されます
  };
  element.addEventListener('click', this.onclick1, false);
  element.addEventListener('click', this.onclick2.bind(this), false); // これが仕掛けです
}
var s = new Something(document.body);

上の例の問題は、 bind() の付いたリスナーを削除できないということです。もうひとつの解決策は、あらゆるイベントを捕捉する handleEvent() という特別な関数を使用することです。

var Something = function(element) {
  // |this| is a newly created object
  this.name = 'Something Good';
  this.handleEvent = function(event) {
    console.log(this.name); // this は Something オブジェクトなので「Something Good」と出力されます
    switch(event.type) {
      case 'click':
        // 処理
        break;
      case 'dblclick':
        // 処理
        break;
    }
  };

  // この場合のリスナーは this であって this.handleEvent でないことに注意してください
  element.addEventListener('click', this, false);
  element.addEventListener('dblclick', this, false);

  // リスナーは適切に削除できます
  element.removeEventListener('click', this, false);
  element.removeEventListener('dblclick', this, false);
}
var s = new Something(document.body);

this の参照を扱うためのもう一つの方法は、 EventListener にアクセスする必要のあるフィールドを含むオブジェクトのメソッドを呼び出す関数を渡すことです。

class SomeClass {

  constructor() {
    this.name = 'Something Good';
  }

  register() {
    var that = this;
    window.addEventListener('keydown', function(e) {return that.someMethod(e);});
  }

  someMethod(e) {
    console.log(this.name);
    switch(e.keyCode) {
      case 5:
        // some code here...
        break;
      case 6:
        // some code here...
        break;
    }
  }

}

var myObject = new SomeClass();
myObject.register();

古い Internet Explorer と attachEvent

IE9 より前の Internet Explorer では、標準の addEventListener ではなく、 attachEvent() を使わなければなりません。 IE に対応するためには、上記の例を以下のように修正しなけれなりません。

if (el.addEventListener) {
  el.addEventListener('click', modifyText, false); 
} else if (el.attachEvent)  {
  el.attachEvent('onclick', modifyText);
}

attachEvent() の欠点が 1 つあります。 this の値がイベントを起こした要素ではなく、 window オブジェクトへの参照になってしまうことです。

互換性

次のコードをスクリプトの初めに書いておくと、 Internet Explorer 8 では対応していない addEventListener, removeEventListener, Event.preventDefault(), Event.stopPropagation() が動作するようになります。このコードは、handleEvent()DOMContentLoaded イベントにも対応します。

Note: useCapture に対応していないため、 IE 8 では代わりの方法はありません。以下のコードは IE 8 のサポートしか追加しないことに注意してください。また、 IE 8 用の代替モジュールは、標準モードのみで動作します。 doctype 宣言が必要です。

(function() {
  if (!Event.prototype.preventDefault) {
    Event.prototype.preventDefault=function() {
      this.returnValue=false;
    };
  }
  if (!Event.prototype.stopPropagation) {
    Event.prototype.stopPropagation=function() {
      this.cancelBubble=true;
    };
  }
  if (!Element.prototype.addEventListener) {
    var eventListeners=[];
    
    var addEventListener=function(type,listener /*, useCapture (will be ignored) */) {
      var self=this;
      var wrapper=function(e) {
        e.target=e.srcElement;
        e.currentTarget=self;
        if (typeof listener.handleEvent != 'undefined') {
          listener.handleEvent(e);
        } else {
          listener.call(self,e);
        }
      };
      if (type=="DOMContentLoaded") {
        var wrapper2=function(e) {
          if (document.readyState=="complete") {
            wrapper(e);
          }
        };
        document.attachEvent("onreadystatechange",wrapper2);
        eventListeners.push({object:this,type:type,listener:listener,wrapper:wrapper2});
        
        if (document.readyState=="complete") {
          var e=new Event();
          e.srcElement=window;
          wrapper2(e);
        }
      } else {
        this.attachEvent("on"+type,wrapper);
        eventListeners.push({object:this,type:type,listener:listener,wrapper:wrapper});
      }
    };
    var removeEventListener=function(type,listener /*, useCapture (will be ignored) */) {
      var counter=0;
      while (counter<eventListeners.length) {
        var eventListener=eventListeners[counter];
        if (eventListener.object==this && eventListener.type==type && eventListener.listener==listener) {
          if (type=="DOMContentLoaded") {
            this.detachEvent("onreadystatechange",eventListener.wrapper);
          } else {
            this.detachEvent("on"+type,eventListener.wrapper);
          }
          eventListeners.splice(counter, 1);
          break;
        }
        ++counter;
      }
    };
    Element.prototype.addEventListener=addEventListener;
    Element.prototype.removeEventListener=removeEventListener;
    if (HTMLDocument) {
      HTMLDocument.prototype.addEventListener=addEventListener;
      HTMLDocument.prototype.removeEventListener=removeEventListener;
    }
    if (Window) {
      Window.prototype.addEventListener=addEventListener;
      Window.prototype.removeEventListener=removeEventListener;
    }
  }
})();

イベントリスナーを登録するための古い方法

addEventListener() は、DOM 2 Events 仕様で導入されました。それ以前は、以下のようにイベントリスナーを登録していました。

// 関数へのリファレンスを利用する方法—'()' が無いことに注意してください
el.onclick = modifyText;

// 関数式を利用する方法
element.onclick = function() {
   /* ...文... */
};

このメソッドは、要素上に click イベントリスナーが既に存在する場合、置き換えてしまいます。 他のイベント、blur (onblur)、keypress (onkeypress)、などのような関連するイベントハンドラも同様です。

これは本質的には DOM 0 の一部分なので、この方法は、非常に広くサポートされており、特別なクロスブラウザ用のコードも必要ありません。それ故、addEventListener() の独自の機能が必要でない場合に、動的にイベントリスナーを登録する方法として普通に使われています。

メモリに関する問題

var i;
var els = document.getElementsByTagName('*');

// ケース 1
for(i=0 ; i<els.length ; i++){
  els[i].addEventListener("click", function(e){/*関数の処理*/}, false);
}

// ケース 2
function processEvent(e){
  /*関数の処理*/
}

for(i=0 ; i<els.length ; i++){
  els[i].addEventListener("click", processEvent, false);
}

最初の例では、新しい匿名関数がループごとに作られています。これに対して 2 番目の例では、前に宣言された同じ関数がイベントハンドラとして使われています。そのため、メモリの消費が抑えられます。その上、最初の例では匿名関数への参照が保存されておらず、ハンドラーへの参照がないため、 element.removeEventListener を実行することが不可能になってしまっています。一方、2番目の例では、myElement.removeEventListener("click", processEvent, false) とすることができます。

passive なリスナー を用いたスクロールのパフォーマンスの改善

The default value for the passive option is false. Starting in Chrome 56 (desktop, Chrome for Android, and Android webview) the default value for touchstart and touchmove is true and calls to preventDefault() are not permitted. To override this behavior, you set the passive option to false as shown in the example below. This change prevents the listener from blocking page rendering while a user is scrolling. A demo is available on the Google Developer site. Please note that Edge does not support the options argument at all, and adding it will prevent the use of the useCapture argument without proper use of feature detection.

/* "passive" が使えるかどうかを検出 */
var passiveSupported = false;

try {
  window.addEventListener("test", null, Object.defineProperty({}, "passive", { get: function() { passiveSupported = true; } }));
} catch(err) {}

/* リスナーを登録 */
var elem = document.getElementById('elem');

elem.addEventListener('touchmove', function listener() {
  /* do something */
}, passiveSupported ? { passive: false } : false);

Setting passive isn't important for the basic scroll event, as it cannot be canceled, so its listener can't block page rendering anyway.

仕様書

仕様書 策定状況 コメント
DOM
EventTarget.addEventListener() の定義
現行の標準  
DOM4
EventTarget.addEventListener() の定義
廃止された  
Document Object Model (DOM) Level 2 Events Specification
EventTarget.addEventListener() の定義
廃止された Initial definition

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応11121

9

あり2 3

71
useCapture parameter made optional1 あり6911.6 あり
Form with options object supported (third parameter can be either options or a Boolean, for backwards compatibility)49 あり49 なし あり10
options: capture option52 あり あり なし あり あり
options: once option55 あり50 なし42 あり
options: passive option51 あり あり なし あり あり
options: passive option defaults to true for touchstart and touchmove events55 なし なし なし ? なし
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応1111 あり471 あり
useCapture parameter made optional11 あり611.6 あり あり
Form with options object supported (third parameter can be either options or a Boolean, for backwards compatibility)4949 あり49 あり105.0
options: capture option5252 あり あり あり あり6.0
options: once option5555 あり5042 あり6.0
options: passive option5151 あり あり あり あり5.0
options: passive option defaults to true for touchstart and touchmove events5555 なし なし ? なし6.0

1. Before Chrome 49, the type and listener parameters were optional.

2. Older versions of IE supported an equivalent, proprietary, EventTarget.attachEvent() method.

3. Supported as attachEvent.

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 最終更新者: mfuji09,