Firefox 45 for developers

Firefox の最新の開発者向け機能を試すには、 Firefox Developer Edition をインストールしてください。Firefox 45 は、米国時間 2016 年 3 月 8 日にリリースされました。この記事では、ウェブ開発者だけでなく、 Firefox や Gecko の開発者、アドオン開発者にとっても有用な主な変更点を挙げています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

  • Content Security Policy を <meta> 要素で直接設定できるようになりました (バグ 663570)。
  • <img> 要素、<area> 要素、<a> 要素、<iframe> 要素の referrer 属性を、referrerpolicy に改名しました (バグ 1187357)。
  • ビューポートの変化やリサイズにより <img srcset> のレスポンシブ画像の再選択が発生するようになりました (バグ 1166138)。

CSS

  • word-spacing でパーセント値に対応しました (バグ 1038663)。
  • CSS グリッドの実装が向上し、実験的な状態ではないと判断しました。これらを Nightly および Developer Edition で既定で有効にしましたが、Beta および Release では無効です (バグ 1000592)。
  • CSS グリッド向けの CSS ボックス配置に完全対応するため、 startendself-startself-endleftrightlast-baselinespace-evenly (バグ 1176782)。現在、 CSS ボックス配置は CSS フレックスボックスおよび CSS グリッドにのみ適用されています。
  • [css-grid][css-flexbox] <fieldset> のグリッドレイアウトおよびフレックスレイアウトを実装しました (バグ 1230207)。
  • float および clear で、値 inline-start および inline-end に対応しました (バグ 1122918)。Nightly、Aurora (Dev edition)、Firefox OS では、既定で有効です。Release および Beta で有効化するには設定項目 layout.css.float-logical-values.enabledtrue に変更してください。
  • text-emphasistext-emphasis-styletext-emphasis-colortext-emphasis-position を実装しました。既定値は無効です (有効化するには layout.css.text-emphasis.enabled を true に設定してください) (バグ 1040668)。
  • ウェブの互換性のためにいくつかの -webkit 接頭辞付きプロパティおよび値に対応しました設定項目 layout.css.prefixes.webkit で制御しており、既定値は false です。
    • ウェブ互換性のため、 -webkit-backface-visibility, -webkit-perspective, -webkit-perspective-origin を追加しました。設定項目 layout.css.prefixes.webkit で制御しており、既定値は false です (バグ 1179444)。

JavaScript

インターフェイス/API/DOM

DOM & HTML DOM

WebGL

WebGL2 の実装が進展しました。

IndexedDB

変更なし。

サービスワーカー

  • Clients.get() および FetchEvent.clientId を実装しました (バグ 1222464)。
  • Clients.openWindow() を実装しました (バグ 1172870)。
  • Clients.matchAll() を呼び出す際に引数として渡すことができる options オブジェクトに、includeUncontrolled プロパティを含めることが可能になりました。これは論理値です。true を設定すると、比較操作により現在のサービスワーカーと同じオリジンを共有するすべてのサービスワーカークライアントを返します。それ以外の場合は、サービスワーカーによって制御されるサービスワーカークライアントのみを返します。既定値は false です。

WebRTC

変更なし。

新規 API

変更なし。

その他

MathML

変更なし。

SVG

  • Moz2D のバックエンドが cairo であるときに、 SVG stroke hit-testing でバグが多い問題を修正しました (バグ 676001)。
  • transform / translate の値が大きい要素と対話できない問題を修正しました (バグ 1217012)。

Audio/Video

  • 修正: 継続時間の丸め誤差により、音声再生が途切れることがある不具合(Firefox 41 以降)。 (バグ 1222866)。

HTTP

  • ウェブコンテンツにアクセスした際に、jar: プロトコルが既定で無効になりました。jar: プロトコルを有効化したい場合は、設定項目 network.jar.block-remote-filesfalse に変更してください (バグ 1215235)。

セキュリティ

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

インターフェイス

変更なし。

XUL

JavaScript コードモジュール

変更なし。

XPCOM

変更なし。

検索プラグイン

  • Firefox 45 より、ユーザープロファイルの searchplugins ディレクトリー内にある検索プラグインは起動時に自動的に読み込みません。代わりにユーザーがインストールしたプラグインの一覧が整備され、リスト内にあるプラグインのみ読み込みます。事実上、新たな検索プラグインをインストールする方法は、Firefox の UX でユーザーがインストールする (例えば OpenSearch による検出) か、アドオンによるインストールに限られます。また新しいプラグインをインストールしたとき、プロファイルのデバッグやクリーニングツールで将来使用するために、プラグインのインストール元に関する付加情報を記録します。

その他

  • chrome コンテキストでは、WebIDL コンストラクターを new 演算子なしで呼び出せました。Firefox 30 より、ウェブコンテンツではそのようなコードで TypeError が発生するようになりました。例えば var req = XMLHttpRequest();var req = new XMLHttpRequest(); としなければなりません。

過去のバージョン