Firefox 67 for developers

Firefox 67 は、米国時間 2019 年 5 月 21 日 にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 67 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

  • デバッガーの更新:
    • カラムブレークポイント で、デバッガーに一時停止させたい行の特定の箇所 (またはカラム) を選択できます (バグ 1528417)。
    • ログポイント で、コードの実行を一時停止したりコードを変更することなく、実行中に特定の情報をコンソールに記録できます。
    • マップスコープ機能 で、元のソースの編集を表示できます。
    • デバッガーで、worker のスレッドを直接デバッグできます。
  • ウェブコンソール の更新:
    • キーボードを使用して、コンソールの詳細情報を移動できます (バグ 1424159)。
    • macOS では Cmd + K で、コンソールの内容を消去するようになりました (バグ 1532939)。
    • ユーザーがコンソールの出力を消去するとき、エラーメッセージのキャッシュも消去するようになりました (バグ 717611)。
    • import を使用して、既存のモジュールを現在のページにインポートできるようになりました (バグ 1517546)。
    • ユーザーが リンクの場所をコピー できるコマンドを、コンテキストメニューに追加しました (バグ 1457111)。
    • コンソール内のリンクをクリックしたときの動作が、content ウィンドウの場合と同じになりました (バグ 1466040)。
    • コンソールでコードファイルへのリンクをクリックすると、デバッガーが把握しているファイルであればデバッガーに移動するようになりました (バグ 1447244)。
    • ユーザーがコンソールの内容をフィルタリングしたとき、フィルターをクリアするアイコンをテキストボックスに表示するようになりました (バグ 1525821)。
  • ネットワークモニター の改良:
    • ネットワークモニターの ヘッダー パネルで、既知のトラッカーに関するリソースの通知を表示するようになりました (バグ 1485416)。
    • ネットワークモニターの 要求の列 で、表示する列や列の並べ替えを制御できます。このコンテキストメニューに、リストの並べ替えをリセットするコマンドを追加しました (バグ 1454962)。
    • ネットワークモニターで、作業しやすいように 列の幅を変更する ことが可能になりました (バグ 1358414)。

廃止

HTML

  • autocomplete="new-password" を設定した <input> 要素は、過去に保存したパスワードのオートコンプリートを行わないようになりました (バグ 1119063)。

CSS

廃止

  • 独自仕様である -moz-binding プロパティを、chrome およびユーザーエージェントのスタイルシートしか使用できないように制限しました (バグ 1523712)。

SVG

変更なし。

JavaScript

API

DOM

DOM イベント

Workers/Service workers

メディア、Web Audio、WebRTC

  • The AV1 動画コーデック を Linux でサポートしました。
  • dav1dAV1 の既定のメディアデコーダーになりました (バグ 1533742 および バグ 1535038 をご覧ください)。
  • 新しいトラックを追加するためストリームを指定せずに RTCPeerConnection.addTrack() を呼び出したとき、予期するとおりに動作するようになりました。ストリームがないトラックをコネクションに追加します。それぞれのピアは、トラックとストリームの関係を管理する責任を持ちます (バグ 1231414)。
  • MediaDeviceInfo.groupId プロパティを実装しました (バグ 1213453)。これは Firefox 39 から存在していましたが、実際は関連するデバイスを同じグループ ID に集めていませんでした。
  • RTCIceCandidate.usernameFragment プロパティを実装しました (バグ 1490658)。
  • VTTCue オブジェクトの positionAlign プロパティで center ではなく auto を既定値として使用するように、WebVTT を修正しました。キューボックスの配置が、内部のテキストの配置に合うようになります (バグ 1528420)。

Canvas と WebGL

廃止

  • 非推奨の ShadowRoot.getElementsByTagNameShadowRoot.getElementsByTagNameNSShadowRoot.getElementsByClassName プロパティ (Shadow DOM v0 の一部) を削除しました (バグ 1535438)。
  • モバイル端末を検出するためにタッチ機能のサポート状況を使用するウェブサイトとの互換性を向上するため、デスクトップ版で document.createEvent("TouchEvent")document.createTouch()document.createTouchList()、および ontouch* イベントハンドラープロパティを無効にしました (バグ 1412485)。このような場合は、タッチスクリーンを持つラップトップ PC でウェブサイトが誤った、または予期せぬ動作をしていました。

セキュリティ

WebDriver conformance (Marionette)

API の変更点

バグ修正

  • プラットフォーム間の focus 関係の不一致を理由として、WebDriver:NewWindow がタイムアウトしないようになりました (バグ 1523234)。

その他

  • WebDriver:ExecuteScript および WebDriver:ExecuteAsyncScript が内部で Promises を使用するようになりました (バグ 1398095)。
  • WebDriver:NewSession が、機能オブジェクトの一部として Firefox の BuildID 文字列を返すようになりました (バグ 1525829)。

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

  • BrowserSetting の値を変更するために proxy.settings.set() メソッドを使用すると、拡張機能がユーザーからプライベートウィンドウへのアクセスを許可されている場合を除いて、例外が発生するようになりました (バグ 1525447)。

マニフェストの変更点

  • プライベートブラウジングのウィンドウやタブにおける拡張機能の動作を定義する、incognito マニフェストキーを追加しました (バグ 1511636)。
  • toolbar_field_highlight で、URL バーで現在選択されている文字列を示すために使用する背景色を設定できます (バグ 1450114)。
  • toolbar_field_highlight_text で、URL バーで現在選択されている文字列を示すために使用する文字色を設定できます (バグ 1450114)。

関連情報

過去のバージョン