Firefox 68 は、米国時間 2019 年 7 月 9 日 にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 68 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

ブラウザー/ウェブコンソール

  • ルールで使用した DOM 要素のノードリストなど、CSS 警告に関するより多くの情報 をウェブコンソールで表示するようになりました (バグ 1093953)。
  • 正規表現を使用してウェブコンソールの内容をフィルタリングできるようになりました (バグ 1441079)。
  • ブラウザーコンソールの "コンテンツメッセージを表示" のチェックボックスで、コンテンツプロセスのメッセージを表示/非表示できるようになりました (バグ 1260877)。

JavaScript デバッガー

  • Shift + Ctrl + F (Windows や Linux) または Shift + Cmd + F (macOS) を押下すると、デバッガーで現在のプロジェクトのすべてのファイルから 検索 できるようになりました (バグ 1320325)。

ネットワークモニター

  • ネットワークモニターの 要求リスト で、特定の URL をブロックできるようになりました (バグ 1151368)。
  • コンテキストメニューの 再送信 コマンドを使用して、メソッド、URL、パラメーター、ヘッダーを編集せずにネットワーク要求を再送信できます (バグ 1422014)。
  • ネットワークモニターの ヘッダー タブのコンテキストメニューで、すべてあるいは一部のヘッダー情報を JSON 形式でクリップボードにコピーできるようになりました (バグ 1442249)。

インスペクター

  • インスペクターの ルールパネル に、print メディアクエリーの表示を切り替えるボタンを追加しました (バグ 1534984)。
  • フォントパネル に、letter-spacing を変更するスライダーを追加しました (バグ 1536237)。
  • あるスタイルがなぜ適用されないかをわかりやすくするため、値が無効であるルールや未サポートの CSS プロパティの隣に警告アイコンを表示するようになりました (バグ 1306054)。

ストレージインスペクター

その他

  • アクセシビリティインスペクター問題のチェック機能を追加しました。ウェブページでアクセシビリティの問題を明らかにする検査ツールが含まれています。まず使用できるツールはコントラストで、色のコントラストの問題を明らかにします。
  • 内部拡張機能 (システムアドオンや非表示の拡張機能) を about:debugging で表示するかを制御する設定項目を、devtools.aboutdebugging.showSystemAddons から devtools.aboutdebugging.showHiddenAddons に変更しました (バグ 1544372)。
  • レスポンシブデザインモード を再設計しました。端末設定ダイアログ (デバイス選択メニュー > リストを編集...) がより直感的でシンプルになりました (バグ 1487857)。

廃止

HTML

  • テキストトラックがメディア要素に含まれている場合に、TextTrack 自体に加えて <track> 要素 (HTMLTrackElement で表される) が cuechange イベントを受け取るようになりました (バグ 1548731)。
  • 動作が異なりますが、<link> 要素で disabled 属性を再びサポートしました。rel="stylesheet" を持つ <link> 要素で disabled を設定すると、ページを読み込むときに参照先のスタイルシートが読み込まれなくなります。disabled 属性を false に設定するか削除すると、必要に応じて読み込まれます (バグ 1281135)。

廃止

CSS

廃止

SVG

変更なし。

JavaScript

API

CSS Object Model (CSSOM)

  • 時代遅れの rules プロパティ、addRule() メソッド、removeRule() メソッドを CSSStyleSheet インターフェイスに追加しました。これらは Internet Explorer 9 で導入されて完全には根絶されておらず、いまだに使用しているわずかなサイトの互換性を向上するために追加しました (バグ 1545823)。

DOM

  • Visual Viewport API が Android 版でデフォルトで有効になりました (バグ 1512813)。デスクトップ版 Firefox にこの API を追加する作業は バグ 1551302 で追跡しています。
  • Windownoreferrer 機能をサポートしました。これを指定するとホスト名、IP アドレス、URL、その他のホスト端末を識別する情報を共有せずに、新しいウィンドウのコンテンツを読み込みます (バグ 1527287)。
  • HTMLImageElementdecode() メソッドを実装しました。これは画像を、DOM に追加する前に読み込みおよびデコードするために使用できます (バグ 1501794)。
  • XMLHttpRequest を、responseType で非標準の値 moz-chunked-arraybuffer を受け入れないように更新しました。この値を使用しているコードは、Fetch API をストリームとして使用する ように更新してください (バグ 1120171)。
  • XMLHttpRequestunloadbeforeunloadpagehide イベントを処理しているときに同期リクエストを行うと、コンソールに警告を出力するようになりました (バグ 980902)。
  • cookie プロパティを HTMLDocument インターフェイスから Document インターフェイスへ移動しました。HTML 以外の文書でも Cookie を使用できます (バグ 144795)。
  • HTMLElement.focus() および SVGElement.focus() メソッドで、新たにフォーカスを得た要素が表示されるようにブラウザーがスクロールすることをブロックするかを指定する論理値の preventScroll オプションをもつ、省略可能なオブジェクトを受け入れるようになりました (バグ 1374045)。

DOM イベント

  • Android 版 Firefox が、最初のフレームが描画された後まで resize イベントを誤って送信する不具合を修正しました。このイベントが発生しないと想定するサイトとのウェブ互換性が向上します (バグ 1528052)。
  • マウスの第 1 ボタン以外のボタンのイベントが、より仕様書に近い形で発生するようになりました。第 1 ボタン以外のボタンをクリックしても click イベントが発生しなくなり、代わりに auxclick を使用します。また、dblclick は第 1 ボタンだけで発生します (バグ 1379466)。
  • 独自仕様の MouseEvent.mozPressure プロパティが非推奨になり、コンソールへ警告を表示するようになりました (バグ 1165211)。

メディア、Web Audio、WebRTC

  • icecandidate イベントハンドラーに null 候補が渡されたことを認識するように、WebRTC を更新しました。後続の候補がないことを示しており、これが発生するとICE の収集 (iceGatheringState) が complete 状態になります (バグ 1318167)。
  • RTCRtpReceivergetContributingSources() および getSynchronizationSources() メソッドで動画トラックをサポートしました。以前は音声のみ動作していました (バグ 1534466)。
  • Web Audio API の MediaStreamTrackAudioSourceNode インターフェイスと AudioContext.createMediaStreamTrackSource() メソッドをサポートしました (バグ 1324548)。
  • RTCDataChannel.negotiated を実装しました (バグ 1529695)。
  • ストリームの "最初の音声トラック" の ID が辞書順で最初に来るトラックであると定義する現行の仕様書に準拠するよう、MediaStreamAudioSourceNode() コンストラクターを更新しました (バグ 1324548)。
  • getUserMedia() は安全でないコンテキストから使用できなくなりました。使用を試みると NotAllowedError 例外が発生します。安全なコンテキストは HTTPS を使用して読み込むもの、file:/// スキームを使用して示すもの、localhost から読み込むものです。今のところ、必要であれば設定項目 media.getusermedia.insecure.enabledtrue に設定すると、getUserMedia() を安全でないコンテキストから呼び出すことを再有効化できます (バグ 1335740)。

    注記: 将来、Firefox は navigator.mediaDevices プロパティも安全でないコンテキストで廃止して、MediaDevices API へのアクセスを完全に遮断する予定です。これは Nightly ビルドですでに実施しています。

廃止

HTTP

  • HTTPClear-Site-Data ヘッダーで executionContexts ディレクティブのサポートを廃止しました。これは、ナビゲーションプロセスのさまざまな時点でさまざまな種類のデータの間の相互接続における相互作用の問題や、仕様書の設計の問題のために削除しました。この理由でディレクティブを仕様書から削除することが 提案されています (バグ 1548034)。

廃止

  • 標準化の状況に懸念があるため、Content-Security-Policyrequire-sri-for ディレクティブのサポートを廃止しました。以前は設定変更により使用できており、既定値は無効でした (バグ 1386214)。

セキュリティ

変更なし。

WebDriver conformance (Marionette)

バグ修正

  • WebDriver:SwitchToWindow が別のウィンドウを選択すると、元のウィンドウに戻るまで focus および activate イベントを待機するようになりました (バグ 1335085)。
  • TypeError: this.tabModal is null の不具合を修正しました。これはモーダルダイアログやユーザープロンプトと対話しているときに発生することがありました (バグ 1538782)。

その他

  • トップレベルのブラウザーコンテキストが突然消えてしまうことを防ぐため、メモリーが少ない状況でバックグラウンドのタブを強制的にアンロードする機能を無効化しました (バグ 1553748)。
  • 新しいタブを開いた後にウェブサイトへ移動するときに HTTP 認証ダイアログが表示されない、特権付きコンテンツプロセスを無効化しました (バグ 1558763)。

プラグイン

変更なし。

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

  • proxy.register() および proxy.unregister() 関数が非推奨になり、Firefox 71 で削除される予定です (バグ 1545811)。
  • アドオンがブックマークフォルダーをルートフォルダーへ追加しようとしたときのエラーメッセージが、より直感的になりました (バグ 1512171)。
  • パフォーマンスを向上するため、browser.tabs.duplicate() が返す promise がタブが完全に読み込まれる前に、直ちに解決するようになりました (バグ 1394376)。
  • chrome.storage.managed をサポートして、拡張機能の設定をエンタープライズポリシーで設定できるようになりました (バグ 1230802)。
  • ホワイトリストに記載されたものを除くすべての拡張機能をブラックリストに登録するグループポリシー設定を追加しました (バグ 1522823)。

マニフェストの変更点

変更なし。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yyss
最終更新者: yyss,