CanvasRenderingContext2D.imageSmoothingEnabled

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

Canvas 2D API の CanvasRenderingContext2D.imageSmoothingEnabled プロパティ は、画像が滑らか(true:既定値)か、またはそうではない(false)かによって、変化するように設定できます。imageSmoothingEnabled プロパティを取得すると、設定された最新の値が返されます。

このプロパティは、たとえばキャンバスをスケーリングするような、ピクセルアートをテーマにしたゲームに役立ちます。 既定のリサイズアルゴリズムは、ぼやかし効果をかけることで、美しいピクセルを崩してしまいます。このような場合、このプロパティを false に設定します。image-rendering プロパティも確認してください。

構文

ctx.imageSmoothingEnabled = value;

オプション

value
滑らかな画像かどうかを示す Boolean 値。

imageSmoothingEnabled プロパティを使用する

これは、スケーリングされた画像で imageSmoothingEnabled property プロパティを使用するコードスニペットです。

HTML

<canvas id="canvas"></canvas>

JavaScript

var canvas = document.getElementById("canvas");
var ctx = canvas.getContext("2d");

var img = new Image();
img.src = 'https://mdn.mozillademos.org/files/222/Canvas_createpattern.png';
img.onload = function() {
 ctx.mozImageSmoothingEnabled = false;
 ctx.webkitImageSmoothingEnabled = false;
 ctx.msImageSmoothingEnabled = false;
 ctx.imageSmoothingEnabled = false;
 ctx.drawImage(img, 0, 0, 400, 200);
};

以下のコードを編集して、canvas で変更がライブアップデートされることを確認してみてください:

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
CanvasRenderingContext2D.imageSmoothingEnabled の定義
現行の標準  

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目