Firefox 48 for developers

Firefox の最新の開発者向け機能を試すには、Firefox Developer Edition をインストールしてください。 Firefox 48 は、米国時間 2016 年 8 月 2 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 48 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

  • <details> および <summary> 要素を、Nightly および Aurora (DevTools) でデフォルトで有効にしました。Beta および Release では無効です:
    • これらの要素のデフォルトのスタイルが、仕様書に合致するようになりました (バグ 1258657)。
    • toggle イベントが、<details> 要素を開いたり閉じたりしたときに送られるようになりました (バグ 1225412)。
  • meta 属性で、値 no-referrer-when-downgrade および origin-when-cross-origin をサポートしました (バグ 1178337)。

CSS

  • 仕様書に準拠するよう、calc() を改良しました。
  • CSS グリッドの実験的な実装を更新しました。
    • グリッドレイアウトでフラグメンテーションを実装しました (バグ 1144096)。
    • [css-grid] グリッドコンテナーのサイズが不定である場合は、パーセンテージ指定されたトラックのサイズを auto として扱うようになりました (バグ 1264607)。
    • <fieldset> で grid および flex レイアウトをサポートしました (バグ 1230207)。
  • mask-mode で値 luminance をサポートしました。また、仕様書に合わせて値 automatch-source に改名しました (バグ 1228354)。
  • CSS Animation および CSS Transition で、 clip-path の基本シェイプの補間処理をサポートしました (バグ 1110460)。
  • text-combine-upright プロパティの値 all で縦中横 (horizontal-in-vertical) テキストをサポートしました (バグ 1097499).
  • 画像や背景の印刷をページから許可できるようにするための color-adjust プロパティを実験的にサポートしました (バグ 1209273)。
  • ::first-letter 擬似要素が、実際の先頭文字の前または直後にあるタイプ Pd の句読点にも一致するようになりました。これは CSS Pseudo-element module level 4 の新たな要求です (バグ 1260366)。
  • いくつかの -webkit 接頭辞付きプロパティおよび値を、ウェブの互換性のためにサポートしました。設定項目 layout.css.prefixes.webkit で制御しており、既定値は false です:
  • background-clip の値 text が、(Release 以外のビルドだけでなく) すべてのタイプの Firefox で使用可能になりました (バグ 1263516)。
  • position プロパティの値 absolute を、最上位レイヤーの要素でサポートしました (バグ 1236828)。
  • 設定を検出するため、@supports の内部利用限定の構文をサポートしました (バグ 1259889)。

JavaScript

新規 API

非推奨化および削除

インターフェイス/API/DOM

DOM & HTML DOM

Canvas 2D

WebRTC

その他

HTTP

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

過去のバージョン