この記事では、開発者に影響を与える Firefox 65 の変更点について説明します。Firefox 65 は 2019 年 1 月 29 日に出荷されました。

Web 開発者のための変更

開発者ツール

  • Flexbox インスペクター をデフォルトで有効にしました。
  • JavaScript デバッガー で、XHR のブレークポイントをサポートしました (バグ 821610)。
  • アクセシビリティツリーでアイテムを右クリックすると、JSON ビューアに移動して ツリーを JSON として表示 できます。
  • アクセシビリティピッカーの 色のコントラスト 表示機能を、文字列の背景が複雑 (例えばグラデーションや複雑な画像) である場合はコントラスト値の範囲を表示するように改良しました。
  • ネットワークモニター のヘッダータブに、選択した要求のリファラーポリシーを表示するようになりました (バグ 1496742)。
  • スタックトレースを表示するとき (例えばコンソールのログや JavaScript デバッガー)、自身のコードに集中できるようにするため、フレームワークのメソッドの呼び出しを認識してデフォルトで折りたたむようにしました。
  • ネイティブの端末と同じように、JavaScript コンソールの履歴を見つけるための逆検索が可能になりました (Windows/Linux では F9、macOS では Ctrl + R を押下して検索文字列を入力します。さらに Ctrl + R/Ctrl + S で結果を切り替えます)。
  • JavaScript コンソールの $0 ショートカット (ページで現在調査している要素を参照します) でオートコンプリートが可能になりました。例えば $0.textContent のようなプロパティのオートコンプリート候補を得るために $0.te と入力できます。
  • インスペクターのルールビューで編集した箇所が、変更点パネルに表示されるようになりました (バグ 1503920)。

HTML

CSS

  • image-rendering プロパティの値 crisp-edges の接頭辞を削除しました (バグ 1496617)。
  • 値が auto である scrollbar-color が、2 つの色ではなく auto として解釈するようになりました (バグ 1501418)。
  • break-* プロパティを実装して、古い page-break-* プロパティをそれらの別名にしました (バグ 775618):
  • overflow-wrap プロパティの値 anywhere を実装しました (バグ 1505786)。
  • 新しいステップ位置のキーワードである jump-startjump-endjump-nonejump-both (steps() タイミング関数 内で使用可能) を実装しました (バグ 1496619)。これは frames() タイミング関数の削除と同時に行いました。この関数は過去に同様の機能を実装していたものであり、非推奨になりました。
  • ほかのブラウザーとの互換性のために、-webkit-appearance で新しい値をいくつか追加しました。特に、以下の値です:
    • meter。これはユーザーエージェントのスタイルシートで、<meter> 要素のデフォルトの値として使用されます。既存の値 meterbar は、meter の別名になりました (バグ 1501483)。
    • progress-bar。これはユーザーエージェントのスタイルシートで、<progress> 要素のデフォルトの値として使用されます。既存の値 progressbar は、progress-bar の別名になりました (バグ 1501506)。
    • textarea。これはユーザーエージェントのスタイルシートで、<textarea> 要素のデフォルトの値として使用されます。既存の値 textfield-multiline は、textarea の別名になりました (バグ 1507905)。
  • ほかのブラウザーの動作に合わせるため、user-select の動作を変更しました (バグ 1506547)。具体的には以下のとおりです:
    • 要素で user-select: all を設定したとき、子孫要素で設定した user-select のほかの値を上書きしないようになりました。例えば、以下のコードをご覧ください:
      <div style="-webkit-user-select: all">All
        <div style="-webkit-user-select: none">None</div>
      </div>
      none を設定した <div> は、選択不可になります。以前はこの値が、親要素の値 all で上書きされました。
    • contenteditable である要素の内部にある contenteditable ではない要素が、選択可能になりました。
    • user-select の動作が、shadow DOM の内部・外部ともに同じになりました。
    • 独自仕様である値 -moz-text を削除しました。
  • CSS 環境変数 (env 関数) を実装しました (バグ 1462233)。

廃止

SVG

変更なし

JavaScript

APIs

新しい API

DOM

DOM events

Web workers

Fetch と Service workers

Media, Web Audio, および WebRTC

Canvas と WebGL

廃止

  • Mutation events を、shadow trees で無効化しました (バグ 1489858)。
  • MediaStream の非標準プロパティである currentTime を削除しました (バグ 1502927)。
  • 設定項目 dom.webcomponents.shadowdom.enabled および dom.webcomponents.customelements.enabled を削除しました。Shadow DOM および Custom Elements は about:config で無効化できません (バグ 1503019)。
  • 非標準の DOM text イベント (ブラウザーのエディター UI に、IME のコンポジション文字列や選択範囲を伝えるために発生します) を削除しました (バグ 1288640)。
  • non-printable keys では keypress イベントが発生しなくなりました (バグ 968056)。ただし Enter キーと、Shift + Enter および Ctrl + Enter の組み合わせは除きます (これらはブラウザー間の互換性のために維持します)。

セキュリティ

ネットワーク

変更なし。

プラグイン

変更なし

WebDriver conformance (Marionette)

API の変更点

  • WebDriver:ElementSendKeys が対話性の確認で <input type=file> をより緩やかに扱うようになり、not interactable エラーメッセージを発生させずに要素を非表示にできるようになりました。厳密な対話性の確認を行いたい場合は strictFileInteractability を使用できます (バグ 1502864)。

バグ修正

  • ウィンドウ操作コマンドの WebDriver:FullscreenWindowWebDriver:MinimizeWindowWebDriver:MaximizeWindowWebDriver:SetWindowRect が、より安定的になりました (バグ 1492499)。特殊な状況で無限ハングアップが発生しなくなりましたが、ウィンドウが 5 秒以内に要求した状態に達しなければタイムアウトします (バグ 1521527)。
  • WebDriver:ElementClick が、クリックする要素の中心点を正しく計算するようになりました。寸法が 1 ピクセル四方でも対話できます (バグ 1499360)。

その他

  • unexpected alert open エラーで、より有益なメッセージを提供するようになりました (バグ 1502268)。

その他

  • WebP 画像をサポートしました (バグ 1294490)。
    • また、特定の状況でブラウザ間の互換性を向上するために、WebP の MIMEType (image/webp) を HTML ファイルの Accept 標準 HTTP 要求ヘッダーに追加しました (バグ 1507691)。

アドオン開発者向けの変更

API の変更

タブ

  • tabs API を、タブサクセサーをサポートするように強化しました。タブがサクセサーを持つことができ、サクセサーはタブが閉じられたときにアクティブになるタブの ID です (バグ 1500479。詳しくは this blog post をご覧ください)。特に、以下の値です:
    • tabs.Tab 型が successorId プロパティを持つようになりました。これは、タブのサクセサーの ID を登録および取得するために使用できます。
    • tabs.onActivated イベントリスナーのコールバックで、新しい引数 previousTabId を使用できます。これは、以前アクティブであったタブがまだ開かれていれば、その ID が入ります。
    • tabs.update() 関数の updateProperties オブジェクトに、新しい省略可能のプロパティsuccessorTabId を追加しました。ID を更新するために使用できます。
    • successorTabId は、tabs.get()tabs.query() といった関数でも返ります。
    • 新たに tabs.moveInSuccession() で、タブサクセサーをまとめて操作できます。

Manifest の変更

変更なし。

その他

あわせて参照

旧バージョン

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, yyss, silverskyvicto
最終更新者: mdnwebdocs-bot,