XMLHttpRequest.open()

XMLHttpRequestopen() メソッドは、新しく作成されたリクエストを初期化したり、既存のリクエストを再初期化したりします。

メモ: すでに有効なリクエスト (すでに open() が呼び出されたもの) に対してこのメソッドを呼び出すと、 abort() を呼び出すのと等価になります。

構文

XMLHttpRequest.open(method, url[, async[, user[, password]]])

引数

method
使用する HTTP リクエストメソッドです。 "GET", "POST", "PUT", "DELETE", など。 HTTP(S) 以外の URL では無視されます。
url
リクエストを送信する URL を表す DOMString
async Optional
任意の論理値の引数で、既定値は trueです。操作が非同期的に行われるかどうかを示します。値が false の場合、 send() メソッドはレスポンスを受信するまで戻りません。 true の場合は、トランザクション完了の通知はイベントリスナーを使用して配信されます。 multipart 属性が true である場合は true でなければならず、さもなくば例外が発生します。
メモ: メインスレッドで同期リクエストを行うと、ユーザーの使い勝手を簡単に阻害するので避けるべきです。実際、多くのブラウザーではメインスレッドにおける同期的な XHR の対応を全面的に非推奨としています。同期リクエストは Worker で許可されています。
user Optional
任意で、認証プロセスで使用するユーザー名です。既定では、これは null 値です。
password Optional
任意で、認証プロセスで使用するパスワードです。既定では、これは null 値です。

仕様書

仕様書 状態 備考
XMLHttpRequest
open() の定義
現行の標準 WHATWG living standard

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報