Firefox 103 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 103 の変更点をまとめています。Firefox 103 は、2022 年 7 月 26 日にリリースされました。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

HTML

廃止

MathML

廃止

  • 非推奨の scriptminsize および scriptsizemultiplier 属性を削除しました (バグ 1772697)。

CSS

  • backdrop-filter プロパティ (要素の背後の領域に、ぼかしや色変化のようなグラフィック効果を適用するために使用できます) がデフォルトで有効になりました。以前は設定項目で無効にしていました (バグ 1578503)。
  • scroll-snap-stop プロパティが使用可能になりました (バグ 1312165)。速くスクロールするときでもスナップ位置を通り過ぎることを許可するかどうかを指定するために、このプロパティの値 always および normal を使用できます。
  • :modal (en-US) 擬似クラスをサポートしました。これはインタラクションが却下されるまでの間、他の要素とのすべてのインタラクションを除外する状態にある要素を選択します (バグ 1768535)。

廃止

JavaScript

廃止

HTTP

廃止

セキュリティ

廃止

API

DOM

Media、WebRTC、Web Audio

廃止

WebAssembly

廃止

WebDriver conformance (WebDriver BiDi, Marionette)

WebDriver BiDi

  • 実験的な BiDi のコマンドやイベントを無効にする設定項目である remote.experimental.enabled を追加しました (バグ 1777951)。
  • evaluate コマンドの実験的な実装とともに script モジュールを追加しました。remote.experimental.enabledtrue に設定した場合に使用できます (バグ 1742979)。
  • たとえば log.entryAdded のイベントデータや script.evaluate の戻り値で使用される、単純な値と複雑なオブジェクトのコレクションのシリアライズをサポートしました (バグ 1770752)。
  • キャッシュされた画像へナビゲーションするときに browsingContext.navigate でエラーが発生する場合があるエッジケースを修正しました (バグ 1763133)。

Marionette

  • platformVersion 機能を、moz:platformVersion として返されるように更新しました (バグ 1771760)。
  • ChromeElement のサポートを廃止しました。すべての要素が WebElement としてシリアライズされます (バグ 1775036 および バグ 1775064)。

アドオン開発者向けの変更点一覧

廃止

その他

過去のバージョン