Firefox 32 for developers

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

CSS

HTML

  • <img> 要素の srcset プロパティを試験的に実装しました。dom.image.srcset.enabletrue に設定すると有効になります (バグ 870021)。
  • id および class が真のグローバル属性となり、名前空間の有無にかかわらず XML 要素にも適用されるようになりました (バグ 741295)。

JavaScript

インターフェイス/API/DOM

MathML

  • <menclose> (en-US) 要素の notation 属性で phasorangle をサポートしました。

SVG

変更なし。

WebRTC

  • ストリームのサイズやフレームレートを制限するため、WebRTCgetUserMedia()widthheightframerate に新たな制約を与えました (バグ 907352):
    {
      mandatory: {
        width: { min: 640 },
        height: { min: 480 },
      },
      optional: [
        { width: 650 },
        { width: { min: 650 }},
        { frameRate: 60 },
        { width: { max: 800 }},
      ]
    }
    
  • 前回までコールバック関数を引数として使用していた WebRTC のメソッドは、 JavaScript のプロミスでも利用できるようになりました。

Audio/Video

変更なし。

セキュリティ

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

DOM オブジェクトではない JavaScript オブジェクトに、Xray vision を適用するようになりました。 Xrays for JavaScript objects

getDataDirectory() メソッドが Addon インスタンスに追加されました。このメソッドは、現在のプロファイル内で、アドオンがデータを格納するために好ましい場所を返します。

Add-on SDK

ハイライト

  • PageModexclude オプションを追加しました。
  • Requestanonymous オプションを追加しました。
  • アドオンデバッガーがコンソールとスクラッチパッドを含むようになりました。

詳細

Firefox 31 から Firefox 32 の間に行われた GitHub コミット。この一覧は Aurora 移行後に上流で行われた内容が含まれていないでしょう。

Firefox 31 から Firefox 32 の間に解決したバグ。この一覧は Aurora 移行後に上流で行われた内容が含まれていないでしょう。

XPCOM

  • nsIUDPSocket インターフェイスは、新しい nsIUDPSocket.multicastLoopbacknsIUDPSocket.multicastInterfacensIUDPSocket.multicastInterfaceAddr 属性と、 nsIUDPSocket.joinMulticast() および nsIUDPSocket.leaveMulticast() メソッド が追加されて、マルチキャストにも対応するようになりました。

過去のバージョン