Firefox 79 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 79 の変更点をまとめています。Firefox 79 は、2020 年 7 月 28 日にリリースされました。

Mozilla hacks の記事「Firefox 79: The safe return of shared memory, new tooling, and platform updates」もご覧ください。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

コンソール

デバッガー

その他のツール

HTML

  • <iframe> 要素の sandbox 属性で allow-top-navigation-by-user-activation トークンをサポートしました (バグ 1359867)。
  • <a> および <area> 要素で target="_blank" を設定すると、rel="noopener" も指定したときと同じ動作を暗黙的に提供するようになりました (バグ 1522083)。

CSS

  • 外部スタイルシートが、ドキュメントグループごとにキャッシュされるようになりました (バグ 1599160)。同じオリジンのページへ移動するとき、Firefox はキャッシュされたスタイルシートの検索や再検証を最小限にします。単純な再読み込み (例えば F5) では、キャッシュされた CSS ファイルを再検証しません。現在のバージョンのスタイルシートを読み込むには、キャッシュをバイパスしてページを再読み込みします (Cmd/Ctrl + F5)。

廃止

JavaScript

HTTP

API

DOM

Media、WebRTC、Web Audio

  • RTCStatsTyperemote-outbound-rtp である統計レコードのリモートタイムスタンプを、Firefox でサポートしました。これらの統計情報を提供するために使用する RTCRemoteOutboundRtpStreamStats ディクショナリーに、remoteTimestamp プロパティが含まれるようになりました。これは統計値が収集または生成されたときの、リモートピアのタイムスタンプを表します (バグ 1615191)。

廃止

  • 偶然にもウェブに公開されていた複数の Gecko 内部のイベント (DOMWindowClose など) を、意図したとおり内部限定にしました (バグ 1557407)。

WebAssembly

アドオン開発者向けの変更点

関連情報

過去のバージョン