Worker()

Worker() コンストラクタは引数の URL で指定されたスクリプトを実行する Worker オブジェクトを作成します。このスクリプトは 同一生成元ポリシー (SOP) に従わなければいけません。

引数の URL が無効な構文だったり SOP に違反したりしている場合、SECURITY_ERR 型のDOMException を返します。

注記: data URI が SOP に違反するかどうかをブラウザベンダの間で合意されていません。Gekco 10.0(Firefox 10.0 / Thunderbird 10.0 / SeaMonkey 2.7) とそれより後のリリースでは data URI を受け入れますが、すべてのブラウザでは、そうならない場合があります。

構文

var myWorker = new Worker("aURL");

引数

aURL
Worker オブジェクトが後に実行するスクリプトの URL の DOMString です。SOP に従っていなければいけません。

次のコードスニペットは Worker() コントラスタを使って Worker オブジェクトを作成し、続いてそのオブジェクトの使い方を表しています。

var myWorker = new Worker("worker.js");

first.onchange = function() {
  myWorker.postMessage([first.value,second.value]);
  console.log('Message posted to worker');
}

完全な例を見るには、Basic dedicated worker example (run dedicated worker) を参照してください。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
WHATWG HTML Living Standard
The definition of 'Worker()' in that specification.
Living Standard Web Workers から変更なし
Web Workers
The definition of 'Worker()' in that specification.
勧告候補 初回定義

ブラウザ互換性

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 4 3.5 10.0 10.6 4
機能 Android Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 4.4 3.5 1.0.1 10.0 11.5 5.1

関連項目

Worker インタフェースに属しています。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: dskmori, lv7777
 最終更新者: dskmori,