Firefox 62 は、米国時間 2018 年 9 月 5 日 にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 62 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

  • シェイプパスエディターがデフォルトで有効になりました。詳しくは CSS shapes を編集する をご覧ください。
  • ルールビューを CSS ペインのほかのタブから切り離して、個別のペインに分けることが可能になりました。詳しくは ページインスペクターの 3 ペインモード をご覧ください。
  • グリッドインスペクターの機能を更新して、ドキュメントも新たに作成しました。CSS Grid Inspector: Examine grid layouts をご覧ください。
  • 開発ツールの位置を 4 か所から選択できるようになりました。既定の位置であるウィンドウの下部に加えて、ウィンドウの左側および右側や、個別のウィンドウに配置できます (バグ 1192642)。
  • アクセシビリティインスペクター に 2 つの小さな更新を加えました:
    • help プロパティを明らかにしないようになりました。これは Gecko で適切に実装されていません (バグ 1467643)。
    • keyboardShortcut プロパティで、現在調査しているノードをアクティブにできるキーボードショートカットを正しく明らかにするようになりました (バグ 1467381)。
  • コンソールペイン のツールバーに、閉じるボタンを追加しました。
  • 設定の "現在の対象ドキュメントとして読み込む iframe を選択します" にチェックが入っているとき、設定タブを開いている間は現在のページに iframe が含まれていない場合でもツールバーにアイコンを表示します (バグ 1456069)。
  • ネットワークモニターCookie タブ で、Cookie の samesite 属性を表示するようになりました (バグ 1452715)。
  • レスポンシブデザインモード が、コンテナータブ内で動作するようになりました (バグ 1306975)。
  • CORS のエラーが発生してコンソールに報告されているとき、Firefox がエラーに対応する CORS エラーのドキュメント へのリンクを提供するようになりました (バグ 1475391)。
  • 以下のコマンドを使用して、コンソールタブで現在のページのスクリーンショットを作成できるようになりました (ファイル名も指定可能です) (バグ 1464461):

    :screenshot <filename.png> --fullpage

    <filename.png> は、希望するファイル名です。このファイルは、ダウンロードフォルダーに保存されます。--fullpage は省略可能なパラメーターであり、指定するとウェブページ全体を保存します。また、ファイル名に -fullpage を付加します。このコマンドで使用可能なすべてのオプションは、 :screenshot --help で表示できます。

廃止

  • 開発ツールバー/GCLI (Shift + F2 で使用可能) を Firefox から削除しました (バグ 1461970)。開発ツールバーの UI と GCLI の上流ライブラリーの両方がメンテナンスされなくなり、一部の機能が (いくつかは e10s のため) が動作していません。また、unsafeSetInnerHTML の動作を妨げています。使用する機会もとても少なく、ほとんどのコマンドに代替策があります。

HTML

変更なし。

CSS

廃止

SVG

変更なし。

JavaScript

廃止

  • DOMPoint および DOMPointReadOnly コンストラクターで DOMPointInit 型の入力引数をサポートしなくなりました。値は xyzw の引数で指定しなければなりません (バグ 1186265)。
  • URL.createObjectURL() メソッドで、MediaStream を表す URL のオブジェクトを作成できなくなりました。単純に HTMLMediaElement.srcObjectMediaStream に直接設定できるようになったため、この機能はかなりの間すたれていました (バグ 1454889)。

API

新規 API

DOM

DOM イベント

変更なし。

Service workers

変更なし。

メディア、Web Audio、WebRTC

  • 設定項目 "media.autoplay.enabled" で、動画メディアだけでなく音声メディアの自動再生も制御するようになりました (バグ 1413098)。
  • ChannelSplitterNode で、仕様書に従ってデフォルトで 6 つのチャンネルを持ち、channelInterpretation"discrete" を設定、さらに channelCountMode"explicit" を正しく設定するように修正しました (バグ 1456265)。

廃止

HTTP

廃止

セキュリティ

変更なし。

プラグイン

変更なし。

WebDriver conformance (Marionette)

新機能

  • "WebDriver:ElementSendKeys" が、ファイルのアップロードについて WebDriver に適合しました (バグ 1448792)。
  • "WebDriver:Get"、"WebDriver:Back"、"WebDriver:Forward"、"WebDriver:Refresh"、"WebDriver:Close" コマンドで、"beforeunload" イベントによって発生するユーザープロンプトが自動的に閉じられるようになりました (バグ 1434872)。
  • Ctrl + Click の "WebDriver:PerformActions" が、contextmenu イベントを合成します (バグ 1421323)。

API の変更点

  • "getWindowPosition"、"setWindowPosition"、"getWindowSize"、"setWindowSize" を含む、廃止されたエンドポイントを削除しました (バグ 1348145)。
  • "null" データとともに成功を返す WebDriver コマンドが、空のディレクトリーを返すようになりました (バグ 1461463)。

バグ修正

  • WebElement コレクションに対して、"WebDriver:ExecuteScript" が周期的に参照エラーを起こす問題を修正しました (バグ 1447977)。
  • "pointerMove" または "pause" のアクションを実行するとハングアップが発生して、コマンドの応答がなくなる問題を修正しました (バグ 1467743バグ 1447449)。

その他

変更なし。

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

マニフェストの変更点

  • sidebar_action マニフェストキーで、インストール時に自動的にサイドバーを開くか否かを拡張機能で制御するための open_at_install プロパティを追加しました (バグ 1460910)。
  • さまざまなマニフェストキーで browser_style プロパティを変更しました:

テーマの変更点

  • theme マニフェストキーで、タブのセパレーターの色を拡張機能から変更可能にする tab_background_separator プロパティを追加しました (バグ 1459455)。

廃止

  • パッケージ化されていないサイドロード拡張機能のサポートを廃止しました (バグ 1385057).
  • テストのため拡張機能を一時的に読み込んでいるときに、browser_style に関する警告を表示しないようになりました (バグ 1404724)。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: yyss
最終更新者: yyss,