Firefox 101 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 101 の変更点をまとめています。Firefox 101 は、米国時間 2022 年 5 月 31 日にリリースされました。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

HTML

変更なし。

CSS

  • ウェブコンテンツに高いコントラスト (more) または低いコントラスト(less) の設定をユーザーが指定しているかを検知するために使用できる、prefers-contrast メディア特性をデフォルトで有効にしました。また、この特性の新しい値 custom で、コントラストのために使用する色のセットをユーザーが指定できます (バグ 1656363)。
  • 3 種類の新たなビューポートの寸法である小 (s)、大 (l)、動的 (d) を導入しました。これらの新しい寸法で、既存の単位である vhvwvmaxvmin に加えて新しい ビューポートのパーセント値による寸法 が追加されました。新しいビューポートのパーセント値による寸法の単位は svhlvhdvhsvwlvwdvwsvmaxlvmaxdvmaxsvminlvmindvmin です (バグ 1610815)。また、単位 vb および vi をデフォルトで有効にしました (バグ 1610815)。

JavaScript

変更なし。

API

DOM

Media、WebRTC、Web Audio

WebDriver conformance (WebDriver BiDi, Marionette)

このリリースの Firefox から、WebDriver BiDi プロトコルがデフォルトで有効になりました。WebDriver BiDi セッションは WebDriver クラシック (geckodriver、Marionette) を使用して、新しい WebDriver セッションを生成するときに webSocketURL capability (en-US)true に設定することで要求できます。同じ機能に、BiDi クライアントが接続するための WebSocket エンドポイントも含まれています。

以下のコマンドやイベントを使用できます:

詳しくは、すべてのバグの一覧 をご覧ください。

アドオン開発者向けの変更点一覧

  • scripting (en-US) API を追加しました。スクリプトの実行、CSS の挿入と削除、コンテンツスクリプトの登録管理の機能を提供します (バグ 1687764)。この API は Manifest V3 拡張機能で使用可能であり、スクリプトの実行や CSS の挿入・削除の機能を tabs API から引き継いでいます。
  • action (en-US) API を追加しました。Manifest V3 拡張機能で browserAction API の機能を引き継いでいます。"action" (en-US) マニフェストキーの追加も対応しています。browserAction API および "action" マニフェストキーは Manifest V2 拡張機能だけで使用可能であることに注意してください。
  • "background" マニフェストキーの "persistent" を、設定項目による制御で false に設定できます。Manifest V2 の設定項目は extensions.eventPages.enabled、Manifest V3 の設定項目は extensions.manifestV3.enabled です。
  • "host_permissions" (en-US) マニフェストキーを追加しました。これは Manifest V3 拡張機能で使用できます。
  • Manifest V3 拡張機能向けのコンテンツスクリプト実行環境を変更しました:
    • コンテンツスクリプトのオリジン間リクエストが、ホストの許可に依存できなくなりました。コンテンツスクリプトのオリジン間リクエストは、CORS で実行可能です。
    • content オブジェクト (content.fetchcontent.XMLHttpRequestcontent.WebSocket で提供される) が、コンテンツスクリプトの実行環境から削除されました。

過去のバージョン