Firefox 70 for developers

Firefox 70 は、米国時間 2019 年 10 月 22 日 にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 70 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

デバッガーの更新

  • デバッガーDOM Mutation にブレークポイントを設定できるようになりました。ノードやその属性が変化したときや、ノードが DOM から削除されたときに一時停止できます (バグ 1576219)。
  • デバッガーで一時停止したときに、ステップ実行や復帰ができるボタンを持つオーバーレイをページ上に表示するようになりました (バグ 1574646)。
  • デバッガーで、すでにエンジンによって破棄されているソース (たいてい、ページを読み込むときにに 1 回実行するスクリプト) を表示するようになりました。よって次に実行するとき、デバッグするためのブレークポイントを正しく設定できます (バグ 1572280)。
  • デバッガーの スコープパネル のグループ化を簡単にして、以前表示した追加スコープをトップレベル関数の上に統合しました (例: letwithif/else で作成されたブロック) (バグ 1448166)。
  • デバッガーが、ステップ実行中に スコープパネル で現在選択および展開している変数を維持するようになりました (バグ 1405402)。
  • デバッガーが、非同期関数のステップオーバーを正しく扱うようになりました。非同期関数 のデバッグが容易になります (バグ 1570178)。
  • コンテナーセッション (異なるログイン状態でテストする際に便利です) でデバッグするとき、デバッガーでソースを正しく表示するようになりました (バグ 1375036)。
  • デバッガーで debugger 文にブレークポイントを設定して "ここでは停止しない" に切り替えると、debugger 文を無効にできます (バグ 925269)。

その他の更新

HTML

  • 以下の状況で、安全に生成されたパスワードを Firefox がユーザーに提案できるようになりました:
    • autocomplete="new-password" 属性を設定した <input> 要素。
    • 新しいパスワードを意図したかにかかわらず、パスワード入力要素でユーザーがコンテキストメニューを開いた。

CSS

廃止

SVG

  • 切り取り、コピー、貼り付けのイベントを、SVG グラフィック要素へディスパッチするようになりました (バグ 1569474)。

MathML

  • <math> 要素の非推奨属性である mode を削除しました (バグ 1573438)。
  • 0 ではない単位なしの長さの値、例えば 500% を表す 5 をサポートしなくなりました。
  • ドットで終わる長さの値、例えば 2.34.px もサポートしなくなりました。

JavaScript

API

DOM

Workers/Service workers

  • worker や shared worker のスクリプト、すなわち Worker()SharedWorker() コンストラクターの対象で、厳格な MIME タイプの確認を強制するようになりました (バグ 1523706)。

メディア、Web Audio、WebRTC

Canvas と WebGL

HTTP

  • 強化型トラッキング防止機能 が有効であるときの、サードパーティーのトラッキングリソースに対する既定のリファラーのポリシーが strict-origin-when-cross-origin になりました (バグ 1569996)。
  • Referer 要求ヘッダーのサイズが 4 KB (4,096 バイト) に制限されました。過大なリファラーが制限を超えた場合は、オリジンの部分のみ送信します (バグ 1557346)。
  • HTTP キャッシュ が、トップレベルドキュメントのオリジンごとに分割されました (バグ 1536058)。

廃止

WebDriver conformance (Marionette)

  • WebDriver:TakeScreenshot コマンドを、Fission 互換に更新しました。クロスオリジン iframe 由来のコンテンツが、ページのスクリーンショットに含まれるようになります。あるいは chrome スコープから呼び出したとき、ブラウザーウィンドウの内部に、アクティブなタブの内容が見えるようになります (バグ 1559592)。
  • WebDriver:TakeScreenshot が、ハイライトに使用する DOM 要素のリストを受け入れないようになりました (バグ 1575511)。
  • WebDriver:ExecuteScript および WebDriver:ExecuteAsyncScript が、window.onunload をウェブに公開される方法で設定しないようになりました (バグ 1568991)。

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

  • topSites.get() メソッドに、ユーザーが新しいタブを開いたときに表示するページの一覧を返すようにするための新しい引数を追加しました (バグ 1568617)。
  • privacy.network プロパティの WebRTCIPHandlingPolicy サブプロパティで許可される値を、Chrome で見られる動作に合うよう修正しました (バグ 1452713):
    • 以前はプロキシが設定されていない場合に、disable_non_proxied_udp が WebRTC の使用を妨げていました。現在は、プロキシが設定されている場合は常にプロキシを使います。設定されていない場合は、プロキシを経由しない接続を許可するようになりました。
    • proxy_only を、古い動作を提供するために使用できるようになりました。これは、プロキシを使用した TURN on TCP による ICE ネゴシエーションのみ許可する効果があります。これ以外の接続は許可されません。

マニフェストの変更点

廃止

  • chromium ベースのブラウザーで使用するテーマキーの別名として提供された、以下の theme キープロパティを削除しました:
    • images プロパティの headerURL。今後は theme_frame を使用してください。
    • colors プロパティ:
      • accentcolor。今後は frame を使用してください。
      • textcolor。今後は tab_background_text を使用してください。

関連情報

過去のバージョン