Firefox 18 for developers

Firefox 18 は米国時間 2013 年 1 月 8 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 18 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

HTML

CSS

  • min-widthmin-height の初期値が auto へ変更されました。(これはフレックスアイテムにのみ効果があります。なぜなら、他のアイテムでは従来の初期値である 0 になるためです) (バグ 763689)
  • カスケードが更新されました。ページ作者の !important ルールが CSS アニメーションを上書きするようになりました。 (バグ 783714)
  • background 一括指定プロパティが、内部で指定された CSS3 のbackground-size プロパティを理解するようになりました。 (バグ 570326)
  • CSS フレックスボックスモジュールの初期実装が導入されました。既定では無効化されていますが、 layout.css.flexbox.enabled 設定を true に設定すると有効化されます。(バグ 666041)

DOM

JavaScript

  • Harmony (ECMAScript 2015) の直接プロキシーがサポートされました。(バグ 703537) 注意: この実装には 2 つの既知の不具合、欠落している機能、現行仕様との不整合が含まれています。これを本番のコードで使用しないようにしてください。
  • ECMAScript 2015 の contains() メソッドを文字列に実装しました。これは残念ながら Mootools 1.2 とは互換性がなく、そして Mootools は文字列の contains() と異なる動作になると考えられますが、それは保証されません。より新しいバージョンの Mootools ではこの問題を修正しています。各サイトでは Mootools のバージョンを、1.2 より新しいものに更新するとよいでしょう。

WebGL

SVG

MathML

XUL

ネットワーク

  • HTTPの Accept-Language ヘッダーの Quality プロパティ ("q-values") は 2 桁に丸められるようになりました。 (バグ 672448)
  • X-FRAME-OPTIONS HTTP レスポンスヘッダの ALLOW-FROM 構文がサポートされました。(バグ 690168)

開発者ツール

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

インターフェイス

nsIStreamListener

onDataAvailable() の 4 番目の引数 (aOffset) が unsigned long long 型に変更されました。 (バグ 784912)

nsIUploadChannel

setUploadStream() が 2GB を超える content-length をサポートしました。(バグ 790617)

nsIEditor

addEditorObserver() が削除されました。代わりに setEditorObserver() を使ってください。 removeEditorObserver()nsIEditorObserver パラメータを受け取らなくなります。(バグ 785091)

nsIHttpProtocolHandler

http-on-modify-request オブザーバが nsIChannel.asyncOpen() 中に同期的に呼ばれる保証はなくなります。asyncOpen() 中に呼び出される必要のあるオブザーバには新しく http-on-opening-request オブザーバトピックが追加されています。詳細は(バグ 800799)をご覧ください。

nsIProtocolProxyService

resolve メソッドは削除されました。 asyncResolve メソッドだけが使用できるようになりました。 (バグ 769764) を参照してください。

新しいインターフェイス

削除されたインターフェイス

次ののインターフェイスが削除されました。

  • nsIEditorObserver

関連記事