Firefox 75 for developers

Firefox 75 は、米国時間 2020 年 4 月 7 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 75 の変更点をまとめています。

付随する hacks ブログの記事「Firefox 75: Ambitions for April」もご覧ください。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

CSS

アクセシビリティ

ARIA annotations に関する新しいロールやオブジェクトを、Windows および Linux の Firefox で公開しました (これらはスクリーンリーダーがサポートするまで使用できないことを覚えておいてください):

注記: macOS では、はじめに Apple が Safari で Apple 方式の属性として VoiceOver へ公開するものを定義することを待っており、それらに一式に従う計画です。

JavaScript

API

DOM

  • HTMLFormElement インターフェイスへ新たに requestSubmit() メソッドを追加しました。古い (現在も使用できる) submit() メソッドとは異なり、requestSubmit() はフォームのデータを宛先に送信するだけでなく、指定した送信ボタンがクリックされたかのように動作します。よって submit イベントが発生して、フォームはデータを送信する前に妥当性のチェックを受けます (バグ 1613360)。
  • submit イベントが単なる Event ではなく、SubmitEvent 型のオブジェクトとして表すようになりました。SubmitEvent は新たに submitter プロパティを持っており、これはフォームの送信を発生させた Element です。このイベントにより送信イベントに対してひとつのハンドラーで、複数のボタンやリンクのうちどれがフォームの送信に使用されたかを見わけることが可能になります (バグ 1588715)。
  • 切り離された (DOM ツリーの一部ではない) 要素で click() メソッドを呼び出すと、その要素に click イベントを送信するようになりました (バグ 1610821)。

Web animations API

Firefox 75 で、Web Animations API に複数の機能を追加しました:

メディア、Web Audio、WebRTC

  • RTCPeerConnection.setLocalDescription() メソッドを引数なしで呼び出せるようになりました。この場合、WebRTC ランタイムは新しいローカルセッションデスクリプション自体を作成しようとします (バグ 1568292)。

HTTP

変更なし。

セキュリティ

  • CSS セレクターや .getAttribute("nonce") の呼び出しなど、スクリプト以外をソースとする CSP nonce が隠されるようになりました。代わりに、スクリプトから nonce へアクセスするには .nonce プロパティを確認してください (バグ 1374612)。

プラグイン

変更なし。

セキュリティ

変更なし。

WebDriver conformance (Marionette)

  • Firefox が起動するとき常に Marionette の初期化が行われる不具合を修正しました。コマンドライン引数や環境変数で制限されるようになりました (バグ 1622012)。
  • WebDriver:Print が、文書に余分なマージンを追加しないようになりました (バグ 1616932)。
  • 投機的な接続を強制的に無効化するため network.http.speculative-parallel-limit の設定値を 0 に変更していた動作を修正しました (バグ 1617869)。

その他

変更なし。

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

マニフェストの変更点

  • "privacy" パーミッションが省略可能になりました (バグ 1618399)。

関連情報

過去のバージョン