XMLHttpRequestsetRequestHeader() メソッドは、 HTTP リクエストヘッダーの値を設定します。 setRequestHeader() は、 open() の呼び出しの後、 send() の呼び出しの前に呼び出さなければなりません。同じヘッダーについてこのメソッドを複数回呼び出された場合は、複数の値が単一のリクエストヘッダーにマージされます。

最初に setRequestHeader() を呼び出した後、呼び出す度に、指定されたテキストは既存のヘッダーの内容の末尾に追加されます。

この関数を使用して Accept ヘッダーが設定されなかった場合、 send() が呼び出されると、 Accept ヘッダーは */* の値で送信されます。

セキュリティ上の理由で、いくつかのヘッダは、ユーザエージェントからしか制御できません。これらのヘッダーには、 禁止ヘッダー名 および 禁止レスポンスヘッダー名 を含みます。

メモ: カスタムフィールドについては、ドメインをまたがってリクエストを行うと、 "not allowed by Access-Control-Allow-Headers in preflight response" の例外に遭遇することがあります。この場合、サーバー側でレスポンスヘッダーに Access-Control-Allow-Headers を設定する必要があります。

構文

XMLHttpRequest.setRequestHeader(header, value)

引数

header
値を設定するヘッダーの名前。
value
そのヘッダーの本体として設定する値。

返値

undefined です。

仕様書

仕様書 状態 備考
XMLHttpRequest
setRequestHeader() の定義
現行の標準 WHATWG living standard

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 ありIE 完全対応 7
完全対応 7
完全対応 5
補足
補足 Implemented via ActiveXObject
Opera 完全対応 ありSafari 完全対応 1.2WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 18Edge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, piyo-ko
最終更新者: mfuji09,