Firefox 109 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 109 の変更点をまとめています。Firefox 109 は、米国時間 2023 年 1 月 17 日にリリースされました。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

HTML

  • range 要素で、list 属性をサポートしました。これは、Firefox が範囲の途中に目盛りをつけられるようにするため、id によって <datalist> に関連づけるものです。

CSS

JavaScript

変更なし。

SVG

廃止

  • SVGGraphicsElement.getTransformToElement() を削除しました。 これは、2015 年に SVG2 の仕様書および他の主要なブラウザーから削除されたことに従ったものです (バグ 1803790)。
  • SVGGraphicsElement.nearestViewportElement および SVGGraphicsElement.farthestViewportElement 属性を、nightly および初期の beta ビルドにおいてデフォルトで無効にしました (設定項目 svg.nearestAndFarthestViewportElement.enabled で制御します)。 SVGGraphicsElement.nearestViewportElement の代替として SVGElement.viewportElement を使用できます。 これらは SVG2 仕様書から削除されており、将来の Firefox リリースで完全に削除する予定です (バグ 1133174)。

API

WebDriver conformance (WebDriver BiDi, Marionette)

WebDriver BiDi

  • WebDriver BiDi の接続の詳細情報を、WebDriverBiDiActivePort ではなくWebDriverBiDiServer.json に書き込むようになりました。これはポート (ws_port) やホスト (ws_host) を含みます。このファイルは、Firefox のプロファイルフォルダーに置かれます (バグ 1792875)。
  • session.subscribe および session.unsubscribeを使用して、個々の contexts をサブスクライブおよびアンサブスクライブできるようになりました (バグ 1723102)。
  • Node オブジェクトのシリアライズをサポートしました (バグ 1770731)。
  • exceptions および stackTracescolumnNumber を、0 から数え始めるように修正しました (バグ 1796073)。

Marionette

  • WebDriver:NewWindow および WebDriver:SwitchToWindow が、新しいウィンドウに正しくフォーカスを当てない不具合を修正しました (バグ 1798655)。
  • Windows で Firefox のウィンドウが他のアプリケーションに隠されている場合に、WebDriver:FindElement (および類似するコマンド) が失敗する不具合を修正しました (バグ 1802473)。

アドオン開発者向けの変更点一覧

過去のバージョン