Firefox 74 for developers

Firefox 74 は、米国時間 2020 年 3 月 10 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 74 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

ウェブコンソール

HTML

変更なし。

CSS

廃止

SVG

変更なし。

JavaScript

  • Optional chaining operator を実装しました (バグ 1566143)。
  • JavaScript URL (javascript:) を評価した結果が文字列であるとき、この文字列は HTML 文書を生成するように解析され、そして表示されます。以前は文書の URL (例えば document.location プロパティで報告されます) が元々の javascript: URL でした。これが javascript: URL を評価した結果の、文書の URL を正しく表すようになりました (バグ 836567)。

廃止

API

DOM

DOM イベント

  • Firefox 74 で languagechange_event イベントと、対応するイベントハンドラープロパティの onlanguagechange をサポートしました。これはユーザーが希望する言語を変更したときに発生します (バグ 1154779)。これは過去に Firefox 3.5 からサポートしていると 互換性データベース に記載されていましたが、誤っていました。

Canvas と WebGL

廃止

  • IDBDatabase.createMutableFile() メソッド (非標準) が支持されているため、同じく非標準の IDBDatabase.mozCreateFileHandle() メソッドを削除しました (バグ 1024312)。
  • 非標準の IDBMutableFile.getFile() メソッドを削除しました (バグ 1607791)。
  • HTMLCanvasElement の非標準メソッドである mozGetAsFile() を削除しました。これは数年前から非推奨でした (バグ 1588980)。
  • FetchEventisReload プロパティを、Firefox および仕様書から削除しました (バグ 1264175)。

HTTP

セキュリティ

  • TLS 1.0 および 1.1 のサポートを Firefox から削除しました。今後はサーバーで TLS 1.2 または 1.3 をサポートすることが必要です。今後は古いバージョンの TLS を使用するサーバーに接続すると、Secure Connection Failed エラーが発生します (バグ 1606734)。
  • Firefox 74 から、サイトが allow 属性を使用して <iframe> 内の埋め込みコンテンツにリソースへのアクセス許可を与えて、埋め込まれたページがそのリソースの使用許可を要求したとき、埋め込まれたドメインにリソースの使用許可や共有許可を与えるかを、外側のページと内側のページの両方が許可を確認するのではなく、親ページがユーザーへ確認するようになりました。外側のぺーが allow 属性で要求された許可を得ていない場合は、<iframe> がユーザーへ確認することなく直ちにアクセスを拒否されます (バグ 1483631)。

プラグイン

変更なし。

廃止

アドオン開発者向けの変更点

API の変更点

  • Commands.updateshortcut に空文字列を渡すと、ショートカットキーを未割り当てにできるようになりました (バグ 1475043)。
  • webrequest のそれぞれのイベントで、details の一部として urlclassification が返るようになりました。これは、要求がフィンガープリンティングやトラッキングに分類されるかの情報を提供します (バグ 1589494)。

マニフェストの変更点

変更なし。

関連情報

過去のバージョン