Firefox 82 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 82 の変更点をまとめています。Firefox 82 は、2020 年 10 月 20 日にリリースされました。

注記: Mozilla Hacks の Coming through with Firefox 82 もご覧ください。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

CSS

  • ::file-selector-button 疑似要素を新たにサポートしました。この疑似要素は、<input type="file"> 要素の内部にあるファイル選択ボタンを表します (バグ 1635675, バグ 1662478)。
  • :is() および :where() 疑似クラスのエラー回復を改良しました。これらの疑似クラスは寛容なセレクターリストを受け入れるようになり、リスト内に無効なセレクターがあってもリスト全体が無効にはなりません (バグ 1664718)。
  • appearance: button をボタンのみに適用するようになりました。従って、appearance の値 buttonauto のように動作します (バグ 1662703)。

廃止

HTTP

  • HTML <a> 要素で download 属性が設定されている場合 (同一オリジンの URL) に、Content-Disposition ヘッダーの inline ディレクティブが無視されるようになりました。Content-Disposition ヘッダーの filename を設定すると、download 属性で指定したファイル名より優先して使用されますので注意してください (バグ 1658877)。

API

新規 API

DOM

  • Document.execCommand() の入れ子または再帰的な呼び出しのサポートを廃止して、false が返るようになりました (バグ 1634262)。
  • 仕様書 に従って、Element.setPointerCapture() でポインターの id が無効である場合に NotFoundError 例外が発生するようになりました (バグ 1662124)。以前は誤って InvalidPointerId 例外が発生していました。
  • タブで別のドメインからページを読み込んだときに window.name プロパティを空文字列リセットして、元のページが (例えば "戻る" ボタンで) 再読み込みされたときに復元するようになりました。これは信頼されないページが、前のページが変数に保存していた可能性がある情報にアクセスすることを防ぎます。この変更は、ドメイン間のメッセージ送信に window.name を使用するフレームワークに影響があります (バグ 444222)。

WebDriver conformance (Marionette)

  • より現実的なユーザーナビゲーションをシミュレートするため、サポートされるすべてのナビゲーションコマンドを親プロセスに移動しました (バグ 1612831)。
  • WebDriver 仕様書との適合性を向上させるため、すべてのコマンドで現在またはトップレベルのブラウジングコンテキストの確認を更新しました (バグ 1493108)。
  • WebDriver:ElementClick で、click イベントが実際に合成される前にコマンドが返る場合がある不具合を修正しました (バグ 1394354)。

アドオン開発者向けの変更点

  • tabs.captureTab() および tabs.captureVisibleTab() メソッドで、与えた options オブジェクトの rect プロパティで関連するタブのコンテンツ領域を取得する、あるいはオブジェクトを与えない場合にタブで見えている領域を取得することが可能になりました (バグ 1636508)。以前は rect プロパティが使用できず、これらのメソッドは常に関連するタブで見ている領域を取得していました。

過去のバージョン