localStorage プロパティはローカルの Storage オブジェクトにアクセスすることができます。 localStorage は sessionStorage によく似ています。唯一の違いは、localStorage に保存されたデータには保持期間の制限はなく、sessionStorage に保存されたデータはセッションが終わると同時に(ブラウザが閉じられたときに)クリアされてしまうことです。

localStorageまたはsessionStorageに保存されるデータはそのページのプロトコル固有であることに注意する必要があります。

構文

myStorage = localStorage;

現在のオリジンの local storageスペースにアクセスするのに使用できる Storage オブジェクトを返します。

例外

SecurityError
リクエストがポリシーの決定に反している、またはオリジンが妥当な scheme/host/port tupleでない (これは例えば、オリジンが file:data: スキームを使うときに起こります)。例えば、ユーザーがブラウザー設定で特定オリジンへのデータ永続化のパーミッションを拒否していることもあります。

以下のスニペットでは現在のドメインのローカル Storage オブジェクトにアクセスし、Storage.setItem() を利用してデータを追加しています。

localStorage.setItem('myCat', 'Tom');

localStorage 項目の読み込みの文法は以下の通り:

var cat = localStorage.getItem("myCat");

localStorage 項目の削除の文法は以下の通り:

localStorage.removeItem("myCat");

: 詳細な使用例は Using the Web Storage API の記事を参照してください。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
localStorage の定義
現行の標準  

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
localStorage 4 (有) 3.5 8 10.50 4
sessionStorage 5 (有) 2 8 10.50 4
機能 Android Edge Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 2.1 (有) ? 8 11 iOS 3.2

すべてのブラウザは localStorage と sessionStorage に対する容量変更ができるようになっています。詳しくはこちらを参照してください。

注: iOS 5.1 からは、Safari Mobile は localStorage データをキャッシュフォルダーに保存し、そこは時々 OS の指示で (よくあるのはスペースが少ない場合) 掃除されがちです。Safari Mobile のプライベートブラウジングモードでも、まったく localStorage が使用できません。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, zakki, STNeeic, ShunS, katsuren
最終更新者: Uemmra3,