Firefox 90 for developers

このページでは、開発者に影響する Firefox 90 の変更点をまとめています。Firefox 90 は、米国時間 2021 年 7 月 13 日にリリースされました。

補足: Mozilla Hacks の Getting lively with Firefox 90 もご覧ください。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

  • multipart/formdata 形式のフォームペイロードの、改行の正規化やエスケープに関する処理方法を修正しました。これは更新された仕様を満たしており、また他のブラウザーの実装に合致しています (バグ 1686765)。
  • Firefox は画像の 内在サイズ や解像度を、EXIF (en-US) 情報に基づいて設定するようになりました (EXIF 情報が提供されて、自己矛盾がない場合)。これは例えば、読み込みを高速化するためにサーバーが低品質のプレースホルダー画像を送信することを可能にします。また、ほかにもいくつかの利用方法 を実現できます (バグ 1680387)。

CSS

JavaScript

HTTP

  • HTTP フェッチメタデータリクエストヘッダー (Sec-Fetch-*) をサポートしました。これらのヘッダーは、リクエストが同一オリジン、クロスオリジン、同一サイト、ユーザー起動であるかや、リクエストデータをどこでどのように使用するかといった、リクエストに関する追加のコンテキストをサーバーに提供します。これは、サーバーがいくつかの種類のクロスオリジン攻撃を軽減できます (バグ 1695911)。

廃止

API

DOM

  • 非推奨の WheelEvent プロパティである WheelEvent.wheelDeltaWheelEvent.wheelDeltaXWheelEvent.wheelDeltaY をサポートしました。これにより最近行った WheelEvent の互換性向上により問題が発生したごく一部のページが、Firefox で動作するようになります (バグ 1708829)。
  • Canvas APICanvasRenderingContext2D インターフェイスで createConicGradient() (en-US) メソッドを提供するようになりました。これは既存の linear (en-US) および radial (en-US) グラデーションによく似ている CanvasGradient を返しますが、座標で定義した点の周りを回るグラデーションを生成できます。詳しくは バグ 1627014 をご覧ください。
  • matrix プロトコルをサポートして、Navigator.registerProtocolHandler() メソッドへ有効なスキームとして渡すことが可能になりました。

WebDriver conformance (Marionette)

  • Marionette が、アクティブな WebDriver セッションを 1 つに制限するようになりました (バグ 1691047)。
  • Firefox の新しいタイプのユーザープロンプトをサポートしました (バグ 1686741)。
  • ウィンドウハンドルで一意の ID を使用するようになりました。また、cross-group navigations によって発生するプロセスの交換で ID を変更しないようになりました (バグ 1680479)。
  • バックグラウンドのタブで新しいユーザープロンプトが開いたとき、現在の WebDriver のコマンドで不適切な中止が発生する問題を修正しました (バグ 1701686)。
  • WebDriver:GetWindowHandles コマンドを、アンロードされたタブを適切に扱うように修正しました (バグ 1682062)。
  • WebDriver:NewSession コマンドを、proxy 機能が空の場合でも常に返すように修正しました (バグ 1710935)。

廃止

アドオン開発者向けの変更点

  • matrix URI スキームをサポートして、拡張機能の manifest.jsonprotocol_handlers キーでプロトコルとして定義できるようになりました。
  • 本バージョンから、Cache API を拡張機能のページやワーカーグローバルで使用できるようになりました。詳しくは (バグ 1575625) をご覧ください。

過去のバージョン