Firefox 26 for developers

Firefox 26 は米国時間 2013 年 12 月 10 日にリリースされました。この記事では、ウェブ開発者だけでなく、 Firefox や Gecko の開発者やアドオン開発者にとっても有益な主な変更点を紹介します。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

CSS

  • 現在も接頭辞付きである text-decoration-line プロパティは、'blink' を正しい値とみなすようになりました。ただし、コンテンツは点滅しません (バグ 812995)。
  • 非標準の -moz-text-blink プロパティを削除しました (バグ 812995)。
  • CSS Images & Values Level 4 バージョンにある、from-image キーワードと EXIF サポートを備えた image-orientation プロパティをサポートしました (バグ 825771)。
  • position: sticky を実験的にサポートしました。設定 layout.css.sticky.enabled で有効にできます (バグ 886646)。
  • text-align プロパティを ::-moz-placeholder 疑似要素へ適用可能になりました (バグ 915551)。

HTML

  • HTMLSelectElement.selectedOptions プロパティを実装しました (バグ 596681)。
  • type が email<input> で、ドメインのラベルが 63 文字を超える値を正しいと考えないようになりました (バグ 884332)。
  • HTMLInputElement.width プロパティおよび height プロパティは、typeimage ではない場合に 0 を返すようになりました (バグ 905240)。
  • 包含する要素のひとつが無効であるときに <fieldset> 要素が無効になり、:invalid 疑似クラスでスタイルを設定できます (バグ 717181)。

JavaScript

EcmaScript 2015 の実装が続いています!

インターフェイス/API/DOM

  • DOMImplementation.createDocument (en-US) の最後の引数 (doctype) を省略可能にしました (バグ 909859)。
  • 1 回の呼び出しで複数のクラスの追加や削除が可能な、新しい element.classList の仕様を実装しました (バグ 814014)。
  • URL() コンストラクターを URL インタフェースに実装しました (バグ 887364)。
  • URLUtils.origin, URLUtils.password, URLUtils.username の各プロパティが URLUtils を実装するすべてのインターフェイス、URLLocationHTMLAnchorElementHTMLAreaElement で利用可能になりました。 (バグ 887364)。
  • URL インタフェースが、Web Workers からアクセス可能になりました (バグ 887364)。
  • IndexedDBが「楽観的」なストレージ領域として使用できるようになりました。プロンプトを必要とせず、データは LRU 立ち退きポリシーでプールに保存され、短い一時的なストレージとなります (バグ 785884)。
  • WaveShaperNode.oversample (en-US) についての対応が追加されました (バグ 875277)。
  • 永続的なストレージのパスを <profile>/indexedDB から <profile>/storage/persistent に変更しました (b2g では /data/local/indexedDB から /data/local/storage/persistent に変更)。
  • Screen.orientation プロパティおよび Screen.lockOrientation() メソッドで値 default をサポートしました。デバイスに応じて portrait-primary または landscape-primary が対応づけられます (バグ 908058)。
  • Event コンストラクタを Web workers で使用できます (バグ 910910)。
  • <iframe>sandbox 属性がついている場合、埋め込まれているページで Document.domain プロパティを設定しようとすると、セキュリティエラーが発生するようになりました (バグ 907892)。
  • MessageEvent インタフェースを、最新の仕様に準拠するように更新しました。initMessageEvent メソッドを削除した一方で、インタフェースがコンストラクタを持つようになりました (バグ 848294)。
  • 設定 dom.messageChannel.enabled のもとで、HTML5 の MessageChannel API を実装しました (バグ 677638)。
  • すべての WebVTT に関する実装と同様に、設定 media.webvtt.enabled のもとで VTTCue をサポートしました (バグ 868509)。
  • Web Audio API が既定で利用できるようになりました (バグ 885505)。

MathML

SVG

  • OpenType 内への SVG グリフの包含である SVG-in-OpenType を、現行バージョンの仕様に適合するよう更新しました (バグ 906521)。
  • SVGElement.ownerSVGElement() メソッドがエラーを発生させないようになりました (バグ 835048)。

開発ツール

関連情報

過去のバージョン