MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

Firefox 55 for developers

この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

このページでは、開発者に影響する Firefox 55 の変更点をまとめています。

Firefox 55 は現在 Beta バージョン であり、米国時間 2017 年 8 月 8 日 にリリースする予定です。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

HTML

  • contenteditabletrue に設定した要素で、テキストの別の行を分けるために <div> 要素を使用するようになりました。これは、他の現行ブラウザーに Firefox を合わせるためです (バグ 1297414)。詳しくは Differences in markup generation をご覧ください。
  • Nightly で、dom.forms.datetime をデフォルトで有効にしました (バグ 1366188)。

CSS

SVG

JavaScript

API

新規 API

  • Firefox 53 から設定により使用可能であった Collaborative Scheduling of Background Tasks API (またはシンプルに Background Tasks API または requestIdleCallback API として知られる) を、デフォルトで有効にしました。この API は、次の再描画を行う前に利用可能な空き時間があるとブラウザーが判断したときに実行するタスクを予定することができます。これにより、目に見えるパフォーマンス低下を発生させずに空き時間をコードで使用できます (バグ 1314959)。
  • WebVR 1.1 API を、Windows でデフォルトで有効にしました (macOS は Nightly で使用できます)。この API はバーチャルリアリティデバイス (例えば Oculus Rift や HTC Vive のようなヘッドマウントディスプレイ) をウェブアプリで使用可能にして、開発者がディスプレイの位置や移動の情報を 3D シーンの移動に変換して、ディスプレイにコンテンツを表示することが可能になります。

DOM

DOM events

  • Document.createEvent() メソッドがサポートするイベントの型を、最新の DOM 仕様に合わせて更新しました (バグ 1251198)。
  • MessageEvent.origin プロパティの値が、DOMString 型から USVString 型に替わりました。また、MessageEvent.source プロパティが MessageEventSource 値 (これは WindowProxyMessagePortServiceWorker オブジェクトにできます) をとるようになりました (バグ 1311324)。
  • ピンチズームのジェスチャーを、wheel イベントと Ctrl キーの組み合わせにマッピングしました。モバイルスクリーンやトラックパッドでピンチズームによるジェスチャーを使用してシンプルなズーム機能を開発者が実装できるようにするため、このマッピングを実装しました (一般的に、マウスホイール + Ctrl でズームします) (バグ 1052253)。

Selection API

Workers

Service Workers/Push

  • Service Worker コンテキストに送信したメッセージ (例えば、onmessage のイベントオブジェクトとして) は、他のウェブメッセージング機能との一貫性のため、MessageEvent オブジェクトで表すようになりました。以前は ServiceWorkerMessageEvent オブジェクトで表していましたが、これは非推奨になりました (バグ 1311324)。
  • PushManager.subscribe() メソッドが applicationServerKey の値として、ArrayBuffers や Base64 エンコードの文字列を受け入れるようになりました (バグ 1337348)。

WebRTC

  • 結果的に使用可能なメディアソースがなくなる制約セットを与えて getUserMedia() を呼び出したとき、誤って TypeError ではなく NotSupportedError を返していました。この問題を修正しました (バグ 1349480)。

WebGL

セキュリティ

プラグイン

  • Flash コンテンツが "click-to-activate" になりました (バグ 1317856)。これはすべての Nightly のユーザーと、beta のユーザーの 50% へ直ちに適用しました。Firefox 55 リリース版では、リリース後の 2 週間でユーザーの 5%、4 週間でユーザーの 25%、6 週間でユーザーの 100% へ適用する予定です (バグ 1365714)。
  • Flash および他のプラグインは、http:// および https:// 以外の URL スキームで読み込むことができなくなりました (バグ 1335475)。

ウェブプラットフォームから廃止

HTML

API

  • UIEvent.isChar プロパティは Firefox 以外のブラウザーがサポートせず、また macOS 以外では不完全な実装でした。よってほかのブラウザーに合わせるため、Firefox 55 で削除しました。
  • Firefox OS の独自仕様である Device Storage API を、プラットフォームから削除しました (バグ 1299500)。
  • 非標準の Window.find() メソッドの、aShowDialog 引数 (ブラウザーの "検索" ダイアログを開くかを指定できます) を削除しました (バグ 1348409)。

SVG

  • SVGZoomEvent および SVGZoomEvents インターフェイスを、<svg> の onzoom 属性とともに SVG2 使用および Gecko から削除しました (バグ 1314388)。

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

WebExtensions

tbd.

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,