selection

« DOM リファレンス

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。各ブラウザで用いるために、適切なベンダー接頭辞が必要な場合があります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

概要

このオブジェクトのクラスは window.getSelection() やその他のメソッドによって返されるものです。

説明

selection オブジェクトはユーザーが選択した 1つないし複数の range を表しています。通常、これは 1 つのみ range を保持しており、次のようにアクセスします。

var selObj = window.getSelection();
var range  = selObj.getRangeAt(0);

以下のように toString() メソッドを呼ぶことにより、selection に含まれる文字列を取得できます。

var selObj = window.getSelection();
window.alert(selObj);

用語集

ここで使われる他の定義語は以下のとおり。

anchor
selection の anchor とは、selection の始点のことです。マウスにより selection が作成されたとき、anchor は、document の中でマウスのボタンが最初に押された位置になります。ユーザーが selection をマウスやキーボードで変更しても、anchor が動くことはありません。
focus
selection の focus とは、selection の終点のことです。マウスにより selection が作成されたとき、focus は、document の中でマウスのボタンが離された位置になります。ユーザーが selection をマウスやキーボードで変更したとき、focus は selection の最も後の部分で、selection の変化に伴って移動します。
range
range とは、一続きの document の一部です。range は node の一部(例えば、text node の一部)だけでなく、node の全体を含むこともできます。ユーザーは通常 1 回にひとつの range を選択するのですが、複数の range を選択することも不可能ではありません(たとえば、Controlキーを使うことにより可能)。range は selection から range オブジェクトとして取得できます。range オブジェクトは、DOM 経由で作成することができ、プログラム的に selection に追加したり、selection から削除したりすることができます。

プロパティ

anchorNode
selection の始点のある node を返します。
anchorOffset
selection の始点の、anchorNode 内でのオフセットを返します。
focusNode
selection の終点のある node を返します。
focusOffset
selection の終点の、focusNode 内でのオフセットを返します。
isCollapsed
selection の始点と終点が同じ位置にあるか、boolean値を返します。
rangeCount
selection に含まれる range の数を返します。

メソッド

getRangeAt
選択されている 1 つないし複数の range のうちの 1 つを表す range オブジェクトを返します。
collapse
selection をある一点に折りたたみます。
extend
selection の focus (終点) を指定した点に移動します。
modify
現在の選択範囲を変更します。
collapseToStart
selection の focus (終点)を anchor (始点) と同じ位置に移動します。
collapseToEnd
selection の anchor (始点)を focus (終点) と同じ位置に移動します。focus の移動はありません。
selectAllChildren
指定した node の全ての子 node を selection に追加します。
addRange
selection に range オブジェクトを追加します。
removeRange
1つの range オブジェクトを selection から削除します。
removeAllRanges
全ての range を selection から削除します。
deleteFromDocument
selection の内容を document から削除します。
selectionLanguageChange
Modifies the cursor Bidi level after a change in keyboard direction.
toString
selection オブジェクトが表す領域を文字列として返します。(すなわち、現在選択されている文字列)
containsNode
特定の node が selection に含まれるか、boolean 値を返します。

関連情報

Document Tags and Contributors

タグ:
Contributors to this page: Luna8bit, ethertank
最終更新者: ethertank,