MDN wants to talk to developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/8d22564490d8

URL

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザーで開発中の状態にあります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザーの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

URL インターフェースは、URL オブジェクトを生成するための静的なメソッドを提供するオブジェクトを表します。

まだコンストラクターを実装していないユーザーエージェントで使用する場合、Window.URL プロパティ(Webkit ベースのブラウザーでは、接頭辞付きの Window.webkitURL)などのオブジェクトを使用してアクセスできます。

註: この機能は Web Workers 内で利用可能です。

プロパティ

URL.href
URL 全体を含む DOMString
URL.protocol
最後の ':' までを含めた URL のプロトコルスキーマを含む DOMString
URL.host
URL のホスト名':'ポートで構成されるホストを含む DOMString
URL.hostname
URL のドメインを含む DOMString
URL.port
URL のポート番号を含む DOMString
URL.pathname
最初の '/' に続く URL のパスを含む DOMString
URL.search
'?' に続く URL のパラメータを含む DOMString
URL.hash
'#' に続く URL のフラグメント識別子を含む DOMString
URL.username
ドメイン名の前に指定されたユーザー名を含む DOMString
URL.password
ドメイン名の前に指定されたパスワードを含む DOMString
URL.origin 読取専用
URL のオリジン、つまりそのスキーマ、ドメイン、およびポートを含む DOMString を返す。
URL.searchParams
URL に含まれる GET クエリ引数にアクセスすることができる URLSearchParams を返す。

コンストラクター

URL()
与えられた引数で構成される URL オブジェクトを返す。

メソッド

URL インターフェースは、URLUtils で定義されているメソッドを実装しています。

URLUtils.toString()
URL 全体を含む DOMString を返す。これは URLUtils.href と同義だが、値の変更には使用できない。

静的なメソッド

URL.createObjectURL()
一意の blob URL、つまり、続いてブラウザー内のオブジェクトを一意に識別する不透明な文字列であり、そのスキームとして blob: を持つ URL を含む DOMString
URL.revokeObjectURL()
URL.createObjectURL() を使用して以前に生成したオブジェクト URL を取り消す。

仕様

仕様 ステータス コメント
File API
URL の定義
草案 静的なメソッドの URL.createObjectURL()URL.revokeObjectURL() の追加。
URL
Node の定義
現行の標準 初期定義(URLUtils を実装)。

ブラウザー実装状況

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari
基本サポート 8.0[2]
32
? 4.0 (2.0)[1][3]
19.0 (19.0)
10.0 15.0[2]
19
6.0[2]
7.0
usernamepasswordorigin 32 ? 26.0 (26.0) ? 19 (有)
searchParams 49 ? 29.0 (29.0) ? 36 未サポート
機能 Android Chrome for Android Firefox Mobile (Gecko) IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 4[2]
4.4
8.0[2]
32
14.0 (14.0)[1][3]
19.0 (19.0)
(有) 15.0[2] 6.0[2]
usernamepasswordorigin 4.4 32 26.0 (26.0) ? ? (有)
searchParams 未サポート 49 29.0 (29.0) ? ? ?

[1] Gecko 2 (Firefox 4) から Gecko 18 まで、Gecko は非標準の nsIDOMMozURLProperty 内部型を返していました。 実際には、何の違いもありません。

[2] 非標準の webkitURL という名前で実装されています。

[3] Firefox の場合、chrome コードと JSM 、Bootstrap スコープで使用するために次のようにインポートする必要があります:

Cu.importGlobalProperties(['URL']);

URL は Worker スコープで使用できます。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama, fscholz
 最終更新者: YuichiNukiyama,