ジャンプ先:

非標準
この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

註:  window.find() のサポートは、Gecko の将来のバージョンで変更される可能性があります(※参照 : バグ 672395

概要

ウィンドウ内の文字列を検索します。

構文

window.find(aString, aCaseSensitive, aBackwards, aWrapAround,
            aWholeWord, aSearchInFrames);
aString
検索するテキスト文字列
aCaseSensitive
真偽値。 true の場合、大文字と小文字を区別して検索します。
aBackwards
真偽値。 true の場合、後方検索を行います。
aWrapAround
真偽値。 true の場合、折り返し検索を行います。
aWholeWord 未実装
真偽値。 true の場合、完全一致検索を行います(バグ 481513
aSearchInFrames
真偽値。 true の場合、フレーム内の検索を行います。

戻り値

真偽値。

  • 文字列が見つかった場合 : true
  • それ以外 : false

JavaScript

findString = function findText(text) {
  alert("String \x22" + text + "\x22 found? " + window.find(text));
}

HTML

<p>Apples, Bananas, and Oranges.</p>
<button type="button" onClick='findString("Apples")'>Search for Apples</button>
<button type="button" onClick='findString("Banana")'>Search for Banana</button>
<button type="button" onClick='findString("Orange")'>Search for Orange</button>

表示結果

注記

Window.find() は、サイト上で発見したコンテンツを選択します。

仕様

どの標準にも属しません。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yyss, teoli, khalid32, ethertank, Potappo
最終更新者: yyss,