SharedWorkerGlobalScope

SharedWorkerGlobalScope オブジェクト(SharedWorker グローバルスコープ)は、 self キーワードでアクセスできます。一部の追加のグローバル関数、名前空間オブジェクト、コンストラクターは、通常はワーカーのグローバルスコープに関連付けられていませんが、利用することができ、 JavaScript リファレンスに列挙されています。ワーカーで利用できる機能の完全なリストを参照してください。

EventTarget WorkerGlobalScope SharedWorkerGlobalScope

インスタンスプロパティ

このインターフェイスは WorkerGlobalScope、またその親の EventTarget インターフェイスからプロパティを継承しています。

SharedWorkerGlobalScope.name 読取専用

SharedWorkerSharedWorker() コンストラクターを使用して作成されたときに、(オプションで)指定された名前です。これは主にデバッグのために使用されます。

SharedWorkerGlobalScope.applicationCache 読取専用 Deprecated Non-standard

このプロパティはこのワーカーの ApplicationCache オブジェクトを返します。

WorkerGlobalScope から継承しているインスタンスプロパティ

WorkerGlobalScope.self

DedicatedWorkerGlobalScope オブジェクト自身のオブジェクト参照を返します。

WorkerGlobalScope.console 読取専用

このワーカーに関連付けられた console オブジェクトを返します。

WorkerGlobalScope.location 読取専用

このワーカーに関連付けられた WorkerLocation を返します。 WorkerLocation は特化された location オブジェクトであり、閲覧スコープの Location のほぼサブセットですが、ワーカーに適合したものです。

WorkerGlobalScope.navigator 読取専用

このワーカーに関連付けられた WorkerNavigator を返します。 WorkerNavigator は特化された navigator オブジェクトであり、閲覧スコープの Navigator のほぼサブセットですが、ワーカーに適合したものです。

WorkerGlobalScope.performance (en-US) 読取専用 Non-standard

このワーカーに関連付けられた Performance オブジェクトを返します。これは通常の performance オブジェクトですが、利用できるプロパティやメソッドはサブセットです。

インスタンスメソッド

このインターフェイスは WorkerGlobalScope、またその親の EventTarget インターフェイスからメソッドを継承しています。

SharedWorkerGlobalScope.close()

SharedWorkerGlobalScope のイベントループでキューに入れられたタスクを破棄し、この特定のスコープを具体的に閉じます。

WorkerGlobalScope から継承したもの

WorkerGlobalScope.dump() Non-standard

stdout - つまり端末にメッセージを書くことができます。これは Firefox の window.dump と同じですが、ワーカー用です。

WorkerGlobalScope.importScripts()

1 つ以上のスクリプトをワーカーのスコープにインポートします。カンマで区切っていくつでも指定することができます。例えば importScripts('foo.js', 'bar.js'); のようにします。

他の場所から実装したもの

atob()

base-64 エンコードを使用してエンコードされている文字列をデコードします。

btoa()

バイナリーデータの文字列から、 base-64 でエンコードされた ASCII 文字列を作成します。

clearInterval()

setInterval() を使用して設定された繰り返し実行を取り消します。

clearTimeout()

setTimeout() を使用して設定された繰り返し実行を取り消します。

setInterval()

X ミリ秒ごとに関数を実行するようスケジューリングします。

setTimeout()

関数の実行の遅延を設定します。

イベント

このイベントを待ち受けするには、 addEventListener() を使用するか、このインターフェイスの onイベント名 プロパティにイベントリスナーを代入するかしてください。

connect

新しいクライアントが接続したときに、共有ワーカーで発生します。

仕様書

Specification
HTML Standard
# shared-workers-and-the-sharedworkerglobalscope-interface

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報