Document.createEvent()

initCustomEvent など、createEvent とともに使用される多くのメソッドは非推奨です。代わりに イベントのコンストラクター を使用してください。

指定された型の イベント を作成します。返されるオブジェクトは最初に初期化する必要があり、その後で EventTarget.dispatchEvent へ渡すことができます。

構文

var event = document.createEvent(type);
  • event は作成された a href="/ja/docs/DOM/event">イベントオブジェクトです。
  • type は作成するイベント型を表す文字列です。取り得るイベント型は "UIEvents", "MouseEvents", "MutationEvents", "HTMLEvents" のいずれかです。詳しくはの項目を参照してください。

// イベントを作成します。
var event = document.createEvent('Event');

// イベントの名前を 'build' に定義します。
event.initEvent('build', true, true);

// イベントを待受します。
elem.addEventListener('build', function (e) {
  // e.target が elem に対応する
}, false);

// ターゲットは任意の Element やほかの EventTarget にすることができます。
elem.dispatchEvent(event);

createEvent() に渡すのに適したイベント型を表す文字列は DOM 標準で定義されています。ステップ 2 の表をご覧ください。現在はほとんどのイベントオブジェクトにコンストラクターがあり、それらはイベントオブジェクトのインスタンスを生成するために推奨される、現代的な方法であることに注意してください。

Gecko は非標準のイベントオブジェクトの別名をサポートしています。詳細は以下の表を参照してください。

イベントモジュール 標準イベントオブジェクト Gecko が対応する別名
テキストイベントモジュール TextEvent TextEvents
キーボードイベントモジュール KeyboardEvent KeyEvents
基本イベントモジュール Event Events

仕様書

仕様書 状態 備考
DOM
document.createEvent の定義
現行の標準

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
createEventChrome 完全対応 1Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 1
補足
完全対応 1
補足
補足 From version 67, creating touch events using this method is no longer supported.
IE 完全対応 9Opera 完全対応 7Safari 完全対応 1WebView Android 完全対応 1Chrome Android 完全対応 18Firefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 10.1Safari iOS 完全対応 1Samsung Internet Android 完全対応 1.0

凡例

完全対応  
完全対応
実装ノートを参照してください。
実装ノートを参照してください。

関連情報