MDN wants to learn about developers like you: https://qsurvey.mozilla.com/s3/MDN-dev-survey

window オブジェクトは、DOM document を収めるウィンドウを表します。document プロパティは、そのウィンドウに読み込まれた DOM の document オブジェクト を指します。特定のドキュメントが属するウィンドウは、document.defaultView プロパティを使用して取得できます。

このセクションでは、DOM の window オブジェクトで使用できるメソッド、プロパティ、イベントのすべてについての簡潔なリファレンスを提供します。window オブジェクトは Window インターフェイスを実装しており、Window インターフェイスは AbstractView インターフェイスを継承しています。一般的には window に関連づけられていませんが window で使用可能なグローバル関数、名前空間、オブジェクト、インターフェイス、コンストラクターは JavaScript リファレンス および DOM リファレンス に掲載しています。

Firefox のようなタブブラウザーでは、タブの各々が、それ自身の window オブジェクトを持っています (※拡張機能を記述している場合、ブラウザーウィンドウ自身も別個のウィンドウです - 詳しい情報は、chrome コードでウィンドウを取り扱う を参照してください)。つまり window オブジェクトは、同じウィンドウのタブ間で共有されません。window.resizeTowindow.resizeBy のようないくつかの一部のメソッドは、ウィンドウ全体に適用され、その window オブジェクトが属する特定のタブには適用されません。一般的に、タブに属することができないもっともな理由があるものは、代わりにウィンドウに属します。

プロパティ

このインターフェイスは、EventTarget インターフェイスからプロパティを継承します。また WindowOrWorkerGlobalScope および WindowEventHandlers mixin のプロパティを実装します。

オブジェクトであるプロパティ (例えば、ビルトイン要素のプロトタイプをオーバーライドするためのもの) は、後述の個別セクションに記載しています。

Window.applicationCache  読取専用
ウィンドウのオフラインリソースへのアクセス手段を提供する OfflineResourceList オブジェクト
Window.closed 読取専用
カレントウィンドウが閉じているかどうかを示す
Window.Components
多くの XPCOM 機能へのエントリーポイント。いくつかのプロパティ、例えば classes などは、必要な特権が与えられたコードでのみ動作します。ウェブ上のコードでこのプロパティを使用しないでください
Window.console 読取専用
ブラウザーのデバッグコンソールへのアクセス手段を提供する、console オブジェクトへの参照を返します。
Window.content および Window._content 読取専用
カレントウィンドウでのコンテンツ要素への参照を返す(※アンダースコア付きの変種は廃止されており、ウェブコンテンツでは使用できません)
Window.controllers 読取専用
カレント chrome ウィンドウの XUL controller オブジェクトを返す
Window.crypto 読取専用
ブラウザーの crypto オブジェクトを返す
Window.defaultStatus 廃止 Gecko 23
指定ウィンドウのステータスバーのテキストを取得 / 設定
Window.devicePixelRatio 読取専用
カレントディスプレイの、物理ピクセルとデバイス固有のピクセルの比率を返します。
Window.dialogArguments 読取専用
window.showModalDialog() メソッドが呼び出されたときにウィンドウ(それがダイアログボックスである場合)に渡された引数を取得。これは nsIArray インタフェースです。
Window.directories
window.personalbar と同義
Window.document 読取専用
指定ウィンドウが含む文書への参照を返す
Window.frameElement 読取専用
ウィンドウが埋め込まれた要素を返す。ウィンドウが埋め込まれていない場合は、null を返す。
Window.frames 読取専用
現在のウィンドウでのサブフレームの配列を返す
Window.fullScreen
ウィンドウがフルスクリーン表示状態であるかどうかを表す真偽値を返す
Window.globalStorage 廃止 Gecko 13
Gecko 13 (Firefox 13) 以降ではサポートされていません。Window.localStorage を代わりに用います。
複数のページに渡ってデータを保存するために使用する、複数のストレージオブジェクトを表していました。
Window.history 読取専用
history オブジェクトへの参照を返す
Window.innerHeight 読取専用
ブラウザーウィンドウの、スクロール領域を含むコンテンツ領域の高さを取得
Window.innerWidth 読取専用
ブラウザーウィンドウの、スクロール領域を含むコンテンツ領域の幅を取得
Window.isSecureContext 読取専用
安全なコンテキストを必要とする機能を使用できる状況であるかを表します。
Window.length 読取専用
ウィンドウ内のフレームの数を返す (※参照 window.frames)
Window.location
window オブジェクトのロケーション、または現在の URL を取得 / 設定
Window.locationbar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な locationbar オブジェクトを返す
Window.localStorage 読取専用
生成元のオリジンからのみアクセスが可能なデータを保存するために使用する、ローカルストレージオブジェクトへの参照を返します。
Window.menubar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な menubar オブジェクトを返す
Window.messageManager
当該 window の message manager オブジェクトを返します。
Window.mozAnimationStartTime 読取専用
現在のアニメーションサイクルが開始したときから経過した時間をミリ秒単位で表します。
Window.mozInnerScreenX 読取専用
スクリーン座標系で、window のビューポートの左上隅の水平 (X) 座標を返します。この値は CSS ピクセルで表します。必要に応じてスクリーンピクセルに換算するための係数については、nsIDOMWindowUtilsmozScreenPixelsPerCSSPixel をご覧ください。
Window.mozInnerScreenY 読取専用
スクリーン座標系で、window のビューポートの左上隅の垂直 (Y) 座標を返します。この値は CSS ピクセルで表します。必要に応じてスクリーンピクセルに換算するための係数については、mozScreenPixelsPerCSSPixel をご覧ください。
Window.mozPaintCount 読取専用
当該ウィンドウで、カレントドキュメントをスクリーンに描画した回数を返します。これは、描画パフォーマンスの算定に使用できます。
Window.name
ウィンドウ名を取得 / 設定
Window.navigator 読取専用
navigator オブジェクトへの参照を返す
Window.opener
現在のウィンドウを開いたウィンドウへの参照を返す
Window.orientation 読取専用
デバイスの本来の向きに対する、ビューポートの向きを角度 (90 度単位) で返します。
Window.outerHeight 読取専用
ブラウザーウィンドウの外側の高さを取得
Window.outerWidth 読取専用
ブラウザーウィンドウの外側の幅を取得
Window.pageXOffset 読取専用
window.scrollX のエイリアス
Window.pageYOffset読取専用
window.scrollY のエイリアス
Window.sessionStorage 読取専用
生成元のオリジンからのみアクセスが可能なデータを保存するために使用する、セッションストレージへの参照を返します。
Window.parent 読取専用
カレントウィンドウまたはサブフレームの親ウィンドウへの参照を返す
Window.performance 読取専用
パフォーマンス関連 属性を収容する領域を提供します。
Window.personalbar 読取専用
ウィンドウ内で表示/非表示の切り替え (トグル) が可能な、 personalbar オブジェクトを返す
Window.pkcs11 廃止 Gecko 29
PKCS11 モジュールのインストールや削除を行う機能を提供していました。
Window.returnValue
ウィンドウをモーダルダイアログとして表示する window.showModalDialog() メソッドを呼び出した関数へ返却される戻り値
Window.screen 読取専用
ウィンドウに関連付けられた screen オブジェクトへの参照を返す
Window.screenX 読取専用
画面の左端からユーザーのブラウザーの左端までの水平方向の距離を返す
Window.screenY 読取専用
画面の上端からユーザーのブラウザーの上端までの垂直方向の距離を返す
Window.scrollbars 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な、scrollbars オブジェクトを返す
Window.scrollMaxX 読取専用
ウィンドウが水平スクロールされ得る最大オフセット (※すなわち、ビューポートの幅を引いた文書の幅)
Window.scrollMaxY 読取専用
ウィンドウが垂直スクロールされ得る最大オフセット (すなわち、ビューポートの高さを除いた文書の高さ)
Window.scrollX 読取専用
水平スクロールされているピクセル数を返す
Window.scrollY 読取専用
垂直スクロールされているピクセル数を返す
Window.self 読取専用
window オブジェクト自身へのオブジェクト参照を返す
Window.sessionStorage
単一のページセッション内のデータを保存するためのストレージオブジェクトを返します。
Window.sidebar 読取専用
サイドバーの window オブジェクトへの参照を返す
Window.speechSynthesis 読取専用
SpeechSynthesis オブジェクトを返します。これは、Web Speech API の音声合成機能を使用するためのエントリーポイントです。
Window.status
ブラウザー下部のステータスバーのテキストを取得 / 設定
Window.statusbar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な、statusbar オブジェクトを返す
Window.toolbar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な、toolbar オブジェクトを返す
Window.top 読取専用
ウィンドウ階層における最上位のウィンドウへの参照を返します。このプロパティは読み取り専用です。
Window.window 読取専用
現在のウィンドウへの参照を返す
window[0]window[1] など
フレーム内の window オブジェクトへの参照を返します。詳しくは Window.frames をご覧ください。

他の mixin から実装するプロパティ

WindowOrWorkerGlobalScope.caches 読取専用
現在のコンテキストに関連付けられた CacheStorage オブジェクトを返します。このオブジェクトはオフラインで使用するデータなどを保存する、およびリクエストに対してレスポンスをあつらえることが可能になります。
WindowOrWorkerGlobalScope.indexedDB 読取専用
Indexed Database にアプリケーションが非同期にアクセスできる仕組みを提供します。このプロパティは IDBFactory オブジェクトを返します。
WindowOrWorkerGlobalScope.isSecureContext 読取専用
現在のコンテキストが安全である (true) か否か (false) を示す真偽値を返します。
WindowOrWorkerGlobalScope.origin 読取専用
グローバルオブジェクトのオリジンを、文字列としてシリアライズして返します。

メソッド

このインターフェイスは、EventTarget インターフェイスからメソッドを継承します。また WindowOrWorkerGlobalScope および EventTarget のプロパティを実装します。

Window.alert()
警告ダイアログを表示
Window.back()
window の履歴をひとつ戻ります。
Window.blur()
window からフォーカスを外します。
Window.cancelAnimationFrame() 
Window.requestAnimationFrame によって過去にスケジューリングされたコールバックをキャンセルできます。
Window.cancelIdleCallback() 
Window.requestIdleCallback によって過去にスケジューリングされたコールバックをキャンセルできます。
Window.captureEvents()
特定のタイプのイベントをすべてキャプチャするよう、window に登録します。
Window.clearImmediate()
setImmediate で設定した繰り返し処理をキャンセルします。
Window.close()
カレントウィンドウを閉じます。
Window.confirm()
ユーザーの応答が必要なメッセージを持つダイアログを表示します。
Window.disableExternalCapture() 廃止 Gecko 24
FIXME: NeedsContents
Window.dispatchEvent()
イベントを発生させるために使用します。
Window.dump()
コンソールにメッセージを出力
Window.enableExternalCapture() 廃止 Gecko 24
FIXME: NeedsContents
Window.find()
ウィンドウ内で文字列を検索します。
Window.focus()
カレントウィンドウにフォーカスを当てます。
Window.forward()
履歴でひとつ先のドキュメントに移動します。
Window.getAttention()
アプリケーションアイコンをフラッシュさせます。
Window.getAttentionWithCycleCount()
FIXME: NeedsContents
Window.getComputedStyle()
特定の要素の計算済みスタイルを取得します。計算済みスタイルは、要素のすべての CSS プロパティの計算値を示します。
Window.getDefaultComputedStyle() 
特定の要素について、作者のスタイルシートを無視したデフォルトの計算済みスタイルを取得します。
Window.getSelection()
選択されたアイテムを表す、セレクションオブジェクトを返します。
Window.home()
ブラウザーのホームページに戻ります。
Window.matchMedia()
指定したメディアクエリー文字列を表す MediaQueryList オブジェクトを返します。
Window.maximize()
FIXME: NeedsContents
Window.minimize() (トップレベルの XUL ウィンドウに限る)
ウィンドウを最小化します。
Window.moveBy()
カレントウィンドウを指定した距離移動します。
Window.moveTo()
ウィンドウを指定した位置に移動します。
Window.open()
新しいウィンドウを開く
Window.openDialog()
新しいダイアログウィンドウを開く
Window.postMessage()
あるウィンドウから別のウィンドウへ、安全にデータ文字列を送信する手段を提供します。送信先ウィンドウは、送信元と同じドメインでなくてもかまいません。
Window.print()
カレントドキュメントを印刷するためのダイアログを開きます。
Window.prompt()
ユーザーが入力ダイアログに入力したテキストを返します。
Window.releaseEvents()
特定のタイプのイベントのキャプチャを解放します。
Window.requestAnimationFrame()
アニメーションが進行中であることをブラウザーに伝えて、次のアニメーションフレームのためにウィンドウの再描画を予定するよう要求します。
Window.requestIdleCallback()  
ブラウザーがアイドル状態であるときに実行するタスクをスケジューリングします。
Window.resizeBy()
カレントウィンドウを、指定した大きさの分だけ変更します。
Window.resizeTo()
ウィンドウを動的にリサイズします。
Window.restore()
FIXME: NeedsContents
Window.routeEvent() 廃止 Gecko 24
FIXME: NeedsContents
Window.scroll()
ドキュメント内の特定の位置に、ウィンドウをスクロールします。
Window.scrollBy()
ウィンドウ内のドキュメントを、指定した距離の分だけスクロールします。
Window.scrollByLines()
ドキュメントを指定した行数分、スクロールします。
Window.scrollByPages()
ドキュメントを指定したページ数分、スクロールします。
Window.scrollTo()
ドキュメント内の特定の位置に、ウィンドウをスクロールします。
Window.setCursor() (top-level XUL windows only)
カレントウィンドウのカーソルを変更します。
Window.setImmediate()
ブラウザーで他の高負荷なタスクが完了した後に、関数を実行します。
Window.setResizable()
ユーザーがウィンドウをリサイズできるかを切り替えます。
Window.showModalDialog()
モーダルダイアログを表示
Window.sizeToContent()
コンテンツに応じてウィンドウのサイズを調整します。
Window.stop()
ウィンドウの読み込み処理を停止します。
Window.updateCommands()
カレント chrome ウィンドウ (UI) のコマンドの状態を更新します。

他の mixin から実装するメソッド

EventTarget.addEventListener()
window 内の特定のイベントタイプに、イベントハンドラーを登録します。
WindowOrWorkerGlobalScope.atob()
Base64 エンコーディングを使用してエンコードされたデータ文字列をデコードします。
WindowOrWorkerGlobalScope.btoa()
バイナリーデータを Base64 でエンコードした ASCII 文字列を生成します。
WindowOrWorkerGlobalScope.clearInterval()
WindowOrWorkerGlobalScope.setInterval() で繰り返し実行されるよう設定された命令をキャンセル
WindowOrWorkerGlobalScope.clearTimeout()
WindowOrWorkerGlobalScope.setTimeout() で遅延実行するよう設定した命令をキャンセル
WindowOrWorkerGlobalScope.createImageBitmap()
さまざまな画像ソースを受け入れて、ImageBitmap に解決される Promise を返します。任意で、始点 (sx, sy) から幅 sw、高さ sh の長方形でソースを切り抜くことができます。
WindowOrWorkerGlobalScope.fetch()
ネットワークからリソースを取り込む処理を開始します。
EventTarget.removeEventListener
window からイベントリスナーを削除します。
WindowOrWorkerGlobalScope.setInterval()
ミリ秒単位で指定した時間が経過するたびに関数を実行するようスケジューリングします。
WindowOrWorkerGlobalScope.setTimeout()
指定した時間が経過したら関数を実行するようスケジューリングします。

イベントハンドラー

これらは window で発生する、関心を持つと思われるさまざまな状況に対してイベントハンドラを設定することができる、window オブジェクトのプロパティです。

このインターフェイスは、EventTarget インターフェイスからイベントハンドラーを継承します。また WindowEventHandlers のイベントハンドラーを実装します。

注記: Gecko 9.0 より、あるイベントハンドラープロパティが存在するかを調べるために if ("onabort" in window) という構文を使用できます。これは、web IDL インターフェイスを適正にするためにイベントハンドラーインターフェイスが更新されるためです。詳しくは DOM event handlers をご覧ください。

GlobalEventHandlers.onabort
ユーザーが読み込み処理中にキャンセルしたなど、リソースの読み込みが異常終了した際に呼び出されます。
WindowEventHandlers.onafterprint
印刷ダイアログボックスを閉じたときに呼び出されます。afterprint イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onbeforeprint
印刷ダイアログボックスを開いたときに呼び出されます。beforeprint イベントをご覧ください。
Window.onbeforeinstallprompt
モバイル環境 でウェブサイトをホームスクリーンに保存させる前に発生するイベントハンドラープロパティです。
WindowEventHandlers.onbeforeunload
window でイベントをアンロードする前のイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onblur
ポップアップなどにより、ウィンドウがフォーカスを失った後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onchange
window の change イベントのイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onclick
いずれかのマウスボタンを押した後および離した後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.ondblclick
いずれかのマウスボタンをダブルクリックしたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onclose
ウィンドウを閉じた後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.oncontextmenu
右マウスボタンを押したときに呼び出されます。
Window.ondevicelight
環境光のレベルが変化したイベントのイベントハンドラープロパティです。
Window.ondevicemotion
加速度センサーが変化を検知した場合に呼び出されます (モバイル端末向け)
Window.ondeviceorientation
向きが変化したときに呼び出されます (モバイル端末向け)
Window.ondeviceorientationabsolute  Chrome 限定
デバイスの向きが変化したイベントのイベントハンドラープロパティです。
Window.ondeviceproximity
デバイスの proximity イベントのイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onerror
リソースの読み込みが失敗したとき、あるいは実行時にエラーが発生したときに呼び出されます。error イベントをご覧ください。
GlobalEventHandlers.onfocus
ウィンドウがフォーカスを得た、あるいは取り戻した後に呼び出されます。focus イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onhashchange
window の hashchange イベントのイベントハンドラープロパティです。URL のハッシュ記号 ("#") の後の部分が変化したときに呼び出されます。
Window.onappinstalled
ページがウェブアプリとしてインストールされたときに呼び出されます。appinstalled イベントをご覧ください。
Window.oninput
<input> 要素の値が変化したときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onkeydown
なんらかのキーを押下し始めたときに呼び出されます。keydown イベントをご覧ください。
GlobalEventHandlers.onkeypress
キー (Shift、Fn、CapsLock を除く) を押下した状態であるときに呼び出されます。keypress をご覧ください。
GlobalEventHandlers.onkeyup
なんらかのキーを押し終えたときに呼び出されます。keyup イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onlanguagechange
window の languagechange イベントのイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onload
すべてのリソースおよび DOM が完全に読み込まれた後に呼び出されます。戻るボタンなどで、キャッシュからページが読み込まれたときは呼び出されません。
WindowEventHandlers.onmessage
message イベントが発生したときに呼び出すコードを表す EventHandler です。
GlobalEventHandlers.onmousedown
いずれかのマウスボタンを押したときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmousemove
マウスをウィンドウ内で動かすときに、連続的に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmouseout
マウスポインターがウィンドウから外れたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmouseover
マウスポインターがウィンドウ内に入ったときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmouseup
いずれかのマウスボタンを離したときに呼び出されます。
Window.onmozbeforepaint
MozBeforePaint イベントのイベントハンドラープロパティです。Window.mozRequestAnimationFrame() メソッドの呼び出しによってイベントが要求された場合に、window を再描画する前に送信されます。
WindowEventHandlers.onoffline
ネットワーク接続が失われたときに呼び出されます。offline イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.ononline
ネットワーク接続が確立されたときに呼び出されます。online イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onpagehide
ユーザーがあるページから去ったとき、onunload イベントの前に呼び出されます。pagehide イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onpageshow
すべてのリソースおよび DOM が完全に読み込まれた後に呼び出されます。pageshow イベントをご覧ください。
Window.onpaint
window の描画時に発生するイベントのイベントハンドラー
WindowEventHandlers.onpopstate
戻るボタンが押されたときに呼び出されます。
Window.onrejectionhandled
Promise の失敗イベントを扱うためのイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onreset
フォームがリセットされたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onresize
ウィンドウのリサイズに応じて、連続的に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onscroll
なんらかの方法でスクロールバーが動かされたときに呼び出されます。リソースがウィンドウ内に完全に収まっている場合は、このイベントを発生させられません。
GlobalEventHandlers.onwheel
マウスホイールがいずれかの軸に沿って回されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onselect
入力フィールド内のテキストが選択された後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onselectionchange
selectionchange イベントが発生したときに呼び出すコードを表す EventHandler です。
WindowEventHandlers.onstorage
セッションストレージまたはローカルストレージが変化したときに呼び出されます。storage イベントをご覧ください。
GlobalEventHandlers.onsubmit
フォームが送信されたときに呼び出されます。
WindowEventHandlers.onunhandledrejection
処理されていない Promise の失敗イベントを扱うためのイベントハンドラープロパティです。
WindowEventHandlers.onunload
ユーザーがページから去ったときに呼び出されます。
Window.onuserproximity
ユーザーの近接イベントのためのイベントハンドラープロパティです。
Window.onvrdisplayconnected
互換性がある VR デバイスがコンピューターに接続された (vrdisplayconnected イベントが発生した) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplaydisconnected
互換性がある VR デバイスがコンピューターから取り外された (vrdisplaydisconnected イベントが発生した) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplayactivate
HMD がスタンバイ状態から復帰した、あるいは装着によって起動したなどにより、ディスプレイが実行可能になった (vrdisplayactivate イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplaydeactivate
HMD が未使用時間によってスタンバイ状態やスリープ状態に移行したなど、ディスプレイが実行可能状態ではなくなった (vrdisplaydeactivate イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplayblur
ユーザーがシステムメニューやブラウザーを操作している間に追跡を妨げたり体験が失われたりするなど、ブラウザー、OS、VR ハードウェアによるなんらかの理由でディスプレーの表示が一時停止した (vrdisplayblur イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplayfocus
ディスプレイの表示が blur 状態から復帰した (vrdisplayfocus イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplaypresentchange
表示状態から非表示状態に変化した、あるいはその逆の変化など、VR デバイスの表示状態が変化した (vrdisplaypresentchange イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。

コンストラクター

DOM インターフェイスもご覧ください。

Window.ConstantSourceNode
ConstantSourceNode のインスタンスを生成します。
Window.DOMParser
FIXME: NeedsContents
Window.GeckoActiveXObject
FIXME: NeedsContents
Image
HTMLImageElement を生成します。
Option
HTMLOptionElement を生成します。
Window.QueryInterface
FIXME: NeedsContents
Window.XMLSerializer
FIXME: NeedsContents
Worker
Web worker を生成します。
Window.XPCNativeWrapper
FIXME: NeedsContents
Window.XPCSafeJSObjectWrapper
FIXME: NeedsContents

インターフェイス

DOM リファレンス をご覧ください。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss, khalid32, ethertank, Crash, Potappo, Shoot, Norah, Mgjbot, Okome, Hfjapancom
 最終更新者: yyss,