Window

Window インターフェイスは、 DOM 文書を収めるウィンドウを表します。 document プロパティは、そのウィンドウに読み込まれた DOM の document オブジェクト を指します。特定の文書が属するウィンドウは、 document.defaultView プロパティを使用して取得できます。

グローバル変数の window は、スクリプトを実行しているウィンドウを表しており、JavaScript コードに公開されます。

Window インターフェイスは、ユーザーインターフェースのウィンドウの概念とは必ずしも直接関連づかない、さまざまな関数、名前空間、オブジェクト、コンストラクターのホームです。一方、 Window インターフェイスはグローバルで使用可能であることが必要な、さまざまなアイテムを含むのに適した場所です。これらの多くは JavaScript リファレンスDOM リファレンス で文書化しています。

タブブラウザーでは、それぞれのタブが個々の Window オブジェクトで表されます。タブ内で実行している JavaScript から見えるグローバルの window は、常にコードを実行しているタブを表します。しかし、タブブラウザーであっても resizeTo()innerHeight のように、タブを含むウィンドウ全体に適用されるプロパティやメソッドがあります。一般に、タブに所属することができない合理的な理由があるものは、代わりにウィンドウに属します。

コンストラクター

DOM インターフェイスもご覧ください。

DOMParser
DOMParser は文字列で保存された XML や HTML ソースを解析して、 DOM Document に変換できます。 DOMParserDOM Parsing and Serialization で定められています。
Image (en-US)
HTMLImageElement (en-US) を生成します。
Option (en-US)
HTMLOptionElement を生成します。
StaticRange (en-US) 読取専用
StaticRange (en-US) オブジェクトを作成する StaticRange() (en-US) コンストラクターを返します。
Worker
Web worker を生成します。
XMLSerializer
FIXME: NeedsContents

プロパティ

このインターフェイスは、 EventTarget インターフェイスからプロパティを継承しています。また WindowOrWorkerGlobalScope および WindowEventHandlers ミックスインのプロパティを実装しています。

オブジェクトであるプロパティ (例えば、ビルトイン要素のプロトタイプをオーバーライドするためのもの) は、後述の個別セクションに記載しています。

Window.closed 読取専用
このプロパティは、現在のウィンドウが閉じているかどうかを示します。
Window.console 読取専用
ブラウザーのデバッグコンソールへアクセスするための console オブジェクトへの参照を返します。
Window.controllers 読取専用
現在の chrome ウィンドウの XUL controller オブジェクトを返します。
Window.customElements 読取専用
CustomElementRegistry オブジェクトへの参照を返します。これは新しいカスタム要素の登録や、以前に登録したカスタム要素の情報を取得するために使用できます。
Window.crypto 読取専用
ブラウザーの crypto オブジェクトを返します。
Window.devicePixelRatio 読取専用
現在のディスプレイの、物理ピクセルと端末非依存ピクセルの比率を返します。
Window.dialogArguments 読取専用
window.showModalDialog() メソッドが呼び出されたときにウィンドウ (それがダイアログボックスである場合) に渡された引数を取得。これは nsIArray インタフェースです。
Window.document 読取専用
指定ウィンドウが含む文書への参照を返す
Window.DOMMatrix 読取専用
DOMMatrix オブジェクトへの参照を返します。これは 4x4 のマトリックスを表し、 2D や 3D の操作に適しています。
Window.DOMMatrixReadOnly 読取専用
DOMMatrixReadOnly (en-US) オブジェクトへの参照を返します。これは 4x4 のマトリックスを表し、2D や 3D の操作に適しています。
Window.DOMPoint 読取専用
DOMPoint (en-US) オブジェクトへの参照を返します。これはある座標系での 2D や 3D の点を表します。
Window.DOMPointReadOnly 読取専用
DOMPointReadOnly (en-US) オブジェクトへの参照を返します。これは座標系で 2D や 3D の点を表します。
Window.DOMQuad 読取専用
DOMQuad (en-US) オブジェクトへの参照を返します。これは 4 つの角と辺からなる四角形オブジェクトを表します。
Window.DOMRect 読取専用
DOMRect (en-US) オブジェクトへの参照を返します。これは長方形を表します。
Window.DOMRectReadOnly 読取専用
DOMRectReadOnly (en-US) オブジェクトへの参照を返します。これは長方形を表します。
Window.event 読取専用
現在のイベント を返します。これは現在 JavaScript のコードのコンテキストが処理しているイベントです。また、現在処理しているイベントがない場合は undefined を返します。イベントハンドラーに直接渡した Event オブジェクトは、可能な限り代わりに使用するべきです。
Window.frameElement 読取専用
ウィンドウが埋め込まれた要素を返す。ウィンドウが埋め込まれていない場合は、 null を返す。
Window.frames 読取専用
現在のウィンドウでのサブフレームの配列を返します。
Window.fullScreen
このプロパティはウィンドウが全画面で表示されているかどうかを示します。
Window.history 読取専用
history オブジェクトへの参照を返す
Window.innerHeight 読取専用
ブラウザーウィンドウのコンテンツ領域の高さを取得し、もしあれば、水平スクロールバーを含みます。
Window.innerWidth 読取専用
ブラウザーウィンドウのコンテンツ領域の幅を取得し、もしあれば、垂直スクロールバーを含みます。
Window.isSecureContext 読取専用
コンテキストが、安全なコンテキストを必要とする機能を使用することができるかどうかを表します。
Window.length 読取専用
ウィンドウ内のフレームの数を返します。 window.frames も参照してください。
Window.location
window オブジェクトのロケーション、または現在の URL を取得 / 設定します。
Window.locationbar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な locationbar オブジェクトを返す
Window.localStorage 読取専用
生成元のオリジンからのみアクセスが可能なデータを保存するために使用する、ローカルストレージオブジェクトへの参照を返します。
Window.menubar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な menubar オブジェクトを返す
Window.messageManager
このウィンドウの message manager オブジェクトを返します。
Window.mozInnerScreenX 読取専用
スクリーン座標系でウィンドウのビューポートの左上隅の水平 (X) 座標を返します。この値は CSS ピクセルで表します。必要に応じて画面のピクセルに換算するための係数については、nsIDOMWindowUtilsmozScreenPixelsPerCSSPixel をご覧ください。
Window.mozInnerScreenY 読取専用
スクリーン座標系で、ウィンドウビューポートの左上隅の垂直 (Y) 座標を返します。この値は CSS ピクセルで表します。必要に応じて画面のピクセルに換算するための係数については mozScreenPixelsPerCSSPixel をご覧ください。
Window.name
ウィンドウ名を取得 / 設定します。
Window.navigator 読取専用
navigator オブジェクトへの参照を返します。
Window.opener
現在のウィンドウを開いたウィンドウへの参照を返します。
Window.orientation (en-US) 読取専用
端末の本来の向きに対して相対的なビューポートの向きを角度 (90 度単位) で返します。
Window.outerHeight 読取専用
ブラウザーウィンドウの外側の高さを取得します。
Window.outerWidth 読取専用
ブラウザーウィンドウの外側の幅を取得します。
Window.pageXOffset 読取専用
window.scrollX のエイリアスです。
Window.pageYOffset 読取専用
window.scrollY のエイリアスです。
Window.parent 読取専用
現在のウィンドウまたはサブフレームの親ウィンドウへの参照を返します。
Window.performance 読取専用
Performance オブジェクトを返します。これは timingnavigation 属性が含まれており、それぞれが パフォーマンス関連 (en-US) のデータを提供するオブジェクトです。詳細情報や使用例は Using Navigation Timing (en-US) をご覧ください。
Window.personalbar 読取専用
ウィンドウ内で表示/非表示の切り替え (トグル) が可能な、 personalbar オブジェクトを返す
Window.screen 読取専用
ウィンドウに関連付けられた screen オブジェクトへの参照を返す
Window.screenX および Window.screenLeft (en-US) 読取専用
どちらのプロパティも、ユーザーのブラウザーのビューポートの左端から画面の左端までの水平方向の距離を返します。
Window.screenY および Window.screenTop (en-US) 読取専用
どちらのプロパティも、ユーザーのブラウザーのビューポートの上端から画面の上端までの垂直方向の距離を返します。
Window.scrollbars 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な、 scrollbars オブジェクトを返す
Window.scrollMaxX 読取専用
ウィンドウが水平スクロールされ得る最大オフセット、すなわち、文書の幅からビューポートの幅を引いたものです。
Window.scrollMaxY 読取専用
ウィンドウが垂直スクロールされ得る最大オフセット (すなわち、文書の高さからビューポートの高さを引いたもの) です。
Window.scrollX 読取専用
文書が現在水平にスクロールされているピクセル数を返します。
Window.scrollY 読取専用
文書が現在垂直にスクロールされているピクセル数を返します。
Window.self 読取専用
window オブジェクト自身へのオブジェクト参照を返す
Window.sessionStorage
生成元のオリジンからのみアクセスが可能なデータを保存するために使用する、セッションストレージへの参照を返します。
Window.sidebar 読取専用
サイドバーの window オブジェクトへの参照を返します。
Window.speechSynthesis 読取専用
SpeechSynthesis オブジェクトを返します。これは、Web Speech API の音声合成機能を使用するためのエントリーポイントです。
Window.status
ブラウザー下部のステータスバーのテキストを取得 / 設定します。
Window.statusbar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な statusbar オブジェクトを返します。
Window.toolbar 読取専用
ウィンドウ内で表示 / 非表示の切り替え (トグル) が可能な toolbar オブジェクトを返します。
Window.top 読取専用
ウィンドウ階層における最上位のウィンドウへの参照を返します。このプロパティは読み取り専用です。
Window.visualViewport 読取専用
指定したウィンドウの視覚的なビューポートを表す VisualViewport (en-US) オブジェクトを返します。
Window.window 読取専用
現在のウィンドウへの参照を返します。
window[0]window[1] など
フレーム内の window オブジェクトへの参照を返します。詳しくは Window.frames をご覧ください。

他のところで実装されているプロパティ

WindowOrWorkerGlobalScope.caches 読取専用
現在のコンテキストに関連付けられた CacheStorage オブジェクトを返します。このオブジェクトはオフラインで使用する資産を格納したり、リクエストに対して独自のレスポンスを生成したりするような機能が利用できます。
WindowOrWorkerGlobalScope.indexedDB 読取専用
Indexed データベースにアプリケーションが非同期にアクセスできる仕組みを提供します。このプロパティは IDBFactory オブジェクトを返します。
WindowOrWorkerGlobalScope.isSecureContext 読取専用
現在のコンテキストが安全である (true) か否か (false) を示す論理値を返します。
WindowOrWorkerGlobalScope.origin 読取専用
グローバルオブジェクトのオリジンを、文字列としてシリアライズして返します。 (これはまだどのブラウザーでも実装されていません。)

廃止されたプロパティ

Window.content および Window._content これは廃止された API であり、動作は保証されていません。 読取専用
現在のウィンドウでのコンテンツ要素への参照を返します。 Firefox 57 より (当初は Nightly のみ) どちらも chrome (特権付き) コードに限り使用でき、ウェブでは使用できません。
Window.defaultStatus これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
指定ウィンドウのステータスバーのテキストを取得 / 設定
Window.directories これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
window.personalbar と同義
Window.globalStorage これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
複数のページに渡ってデータを保存するために使用する、複数のストレージオブジェクトを表していました。
Window.mozAnimationStartTime (en-US) これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
現在のアニメーションサイクルが開始したときから経過した時間をミリ秒単位で表します。代わりに Animation.startTime (en-US) を使用してください。
Window.mozPaintCount これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
当該ウィンドウで、現在の文書を画面に描画した回数を返します。これは、描画パフォーマンスの算定に使用できます。
Window.pkcs11 これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
PKCS11 モジュールのインストールや削除を行う機能を提供していました。
Window.returnValue これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
ウィンドウをモーダルダイアログとして表示する window.showModalDialog() メソッドを呼び出した関数へ返却される返値です。

メソッド

このインターフェイスは EventTarget インターフェイスからメソッドを継承します。また WindowOrWorkerGlobalScope および EventTarget のプロパティを実装します。

Window.alert()
警告ダイアログを表示します。
Window.blur()
ウィンドウからフォーカスを外します。
Window.cancelAnimationFrame()
Window.requestAnimationFrame によって過去にスケジューリングされたコールバックをキャンセルできます。
Window.cancelIdleCallback() (en-US)
Window.requestIdleCallback によって過去にスケジューリングされたコールバックをキャンセルできます。
Window.clearImmediate() (en-US)
setImmediate で設定した繰り返し処理をキャンセルします。
Window.close()
現在のウィンドウを閉じます。
Window.confirm()
ユーザーの応答が必要なメッセージを持つダイアログを表示します。
Window.dump()
コンソールにメッセージを出力します。
Window.find()
ウィンドウ内で指定された文字列を検索します。
Window.focus()
現在のウィンドウにフォーカスを当てます。
Window.getComputedStyle()
特定の要素の計算済みスタイルを取得します。計算済みスタイルは、要素のすべての CSS プロパティの計算値を示します。
Window.getDefaultComputedStyle() (en-US)
特定の要素について、作者のスタイルシートを無視したデフォルトの計算済みスタイルを取得します。
Window.getSelection()
選択されたアイテムを表す、セレクションオブジェクトを返します。
Window.matchMedia()
指定したメディアクエリ文字列を表す MediaQueryList オブジェクトを返します。
Window.maximize()
FIXME: NeedsContents
Window.minimize() (en-US) (最上位の XUL ウィンドウに限る)
ウィンドウを最小化します。
Window.moveBy()
現在のウィンドウを指定した距離移動します。
Window.moveTo()
ウィンドウを指定した位置に移動します。
Window.open()
新しいウィンドウを開きます。
Window.postMessage()
あるウィンドウから別のウィンドウへ、安全にデータ文字列を送信する手段を提供します。送信先ウィンドウは、送信元と同じドメインでなくてもかまいません。
Window.print()
現在の文書を印刷するためのダイアログを開きます。
Window.prompt()
ユーザーが入力ダイアログに入力したテキストを返します。
Window.requestAnimationFrame()
アニメーションが進行中であることをブラウザーに伝えて、次のアニメーションフレームのためにウィンドウの再描画を予定するよう要求します。
Window.requestIdleCallback()
ブラウザーがアイドル状態であるときに実行するタスクをスケジューリングします。
Window.resizeBy()
現在のウィンドウを、指定した大きさの分だけ変更します。
Window.resizeTo()
ウィンドウを動的にリサイズします。
Window.scroll()
ウィンドウを文書内の特定の位置にスクロールします。
Window.scrollBy()
ウィンドウ内の文書を、指定した距離の分だけスクロールします。
Window.scrollByLines()
文書を指定した行数分、スクロールします。
Window.scrollByPages()
文書を指定したページ数分、スクロールします。
Window.scrollTo()
文書内の特定の位置に、ウィンドウをスクロールします。
Window.setCursor() (トップレベルの XUL ウィンドウに限る)
現在のウィンドウのカーソルを変更します。
Window.setImmediate() (en-US)
ブラウザーで他の高負荷なタスクが完了した後に、関数を実行します。
Window.setResizable()
ユーザーがウィンドウをリサイズできるかを切り替えます。
Window.sizeToContent()
コンテンツに応じてウィンドウのサイズを調整します。
Window.stop()
ウィンドウの読み込み処理を停止します。
Window.updateCommands()
現在の chrome ウィンドウ (UI) のコマンドの状態を更新します。

他のところで実装されているメソッド

EventTarget.addEventListener()
ウィンドウの特定の種類のイベントにイベントハンドラーを登録します。
EventTarget.dispatchEvent()
イベントを動作させるために使用します。
WindowOrWorkerGlobalScope.atob()
Base64 エンコーディングを使用してエンコードされたデータの文字列をデコードします。
WindowOrWorkerGlobalScope.btoa()
バイナリデータを Base64 でエンコードした ASCII 文字列を生成します。
WindowOrWorkerGlobalScope.clearInterval()
WindowOrWorkerGlobalScope.setInterval() で繰り返し実行されるよう設定された命令をキャンセルします。
WindowOrWorkerGlobalScope.clearTimeout()
WindowOrWorkerGlobalScope.setTimeout() で遅延実行するよう設定した命令をキャンセルします。
WindowOrWorkerGlobalScope.createImageBitmap()
さまざまな画像ソースを受け入れて、ImageBitmap (en-US) に解決される Promise (en-US) を返します。任意で、始点 (sx, sy) から幅 sw、高さ sh の長方形でソースを切り抜くことができます。
WindowOrWorkerGlobalScope.fetch()
ネットワークからリソースを取り込む処理を開始します。
EventTarget.removeEventListener
window からイベントリスナーを削除します。
WindowOrWorkerGlobalScope.setInterval()
ミリ秒単位で指定した時間が経過するたびに関数を実行するようスケジューリングします。
WindowOrWorkerGlobalScope.setTimeout()
指定した時間が経過したら関数を実行するようスケジューリングします。

廃止されたメソッド

Window.back() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
ウィンドウの履歴をひとつ戻ります。このメソッドは廃止されました。代わりに window.history.back() を使用してください。
Window.captureEvents() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
特定のタイプのイベントをすべてキャプチャするよう、ウィンドウに登録します。
Window.forward() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
履歴でひとつ先の文書に移動します。このメソッドは廃止されました。代わりに window.history.forward() を使用してください。
Window.getAttention() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
アプリケーションアイコンをフラッシュさせます。
Window.home() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
ブラウザーのホームページに戻ります。
Window.openDialog() (en-US) これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
新しいダイアログウィンドウを開きます。
Window.releaseEvents() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
特定のタイプのイベントのキャプチャを解放します。
Window.showModalDialog() これは廃止された API であり、動作は保証されていません。
モーダルダイアログを表示します。

イベントハンドラー

これらは window オブジェクトのプロパティで、ウィンドウで発生する可能性がある、関心事となる可能性がある様々な出来事に対するイベントハンドラーを設定して有効にすることができます。

このインターフェイスは、 EventTarget インターフェイスからイベントハンドラーを継承しています。また WindowEventHandlers のイベントハンドラーを実装ていします。

メモ: Gecko 9.0 より、あるイベントハンドラープロパティが存在するかを調べるために if ("onabort" in window) という構文を使用できます。これは、 web IDL インターフェイスを適正にするためにイベントハンドラーインターフェイスが更新されたためです。詳しくは DOM のイベントハンドラー (en-US)をご覧ください。

Window.onappinstalled
ページがウェブアプリとしてインストールされたときに呼び出されます。 appinstalled イベントをご覧ください。
Window.onbeforeinstallprompt (en-US)
モバイル環境でウェブサイトをホーム画面に保存するかどうかをユーザーに尋ねる前に呼び出されるイベントハンドラープロパティです。
Window.ondevicelight
環境光のレベルが変化したイベントのイベントハンドラープロパティです。
Window.ondevicemotion
加速度センサーが変化を検知した場合に呼び出されます (モバイル端末向け)
Window.ondeviceorientation (en-US)
向きが変化したときに呼び出されます (モバイル端末向け)
Window.ondeviceorientationabsolute (en-US)
端末の向きが変化したイベントのイベントハンドラープロパティです。
Window.ondeviceproximity
端末の proximity イベントのイベントハンドラープロパティです。
Window.ongamepadconnected
ゲームパッドがコンピューターに接続された (gamepadconnected イベントが発生した) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.ongamepaddisconnected
ゲームパッドがコンピューターから取り外された (gamepaddisconnected イベントが発生した) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onmozbeforepaint (en-US)
MozBeforePaint イベントのイベントハンドラープロパティです。 Window.mozRequestAnimationFrame() (en-US) メソッドの呼び出しによってイベントが要求された場合に、ウィンドウを再描画する前に送信されます。
Window.onpaint (en-US)
ウィンドウの描画イベントのイベントハンドラーです。
Window.onrejectionhandled (en-US)
Promise の失敗イベントを扱うためのイベントハンドラープロパティです。
Window.onuserproximity (en-US)
ユーザーの近接イベントのためのイベントハンドラープロパティです。
Window.onvrdisplayconnect (en-US)
互換性がある VR 端末がコンピューターに接続された (vrdisplayconnected イベントが発生した) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplaydisconnect (en-US)
互換性がある VR 端末がコンピューターから取り外された (vrdisplaydisconnected イベントが発生した) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplayactivate (en-US)
HMD がスタンバイ状態から復帰した、あるいは装着によって起動したなどにより、ディスプレイが実行可能になった (vrdisplayactivate イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplaydeactivate (en-US)
HMD が未使用時間によってスタンバイ状態やスリープ状態に移行したなど、ディスプレイが実行可能状態ではなくなった (vrdisplaydeactivate イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplayblur (en-US)
ユーザーがシステムメニューやブラウザーを操作している間に追跡を妨げたり体験が失われたりするなど、ブラウザー、OS、VR ハードウェアによるなんらかの理由でディスプレーの表示が一時停止した (vrdisplayblur イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplayfocus (en-US)
ディスプレイの表示が blur 状態から復帰した (vrdisplayfocus イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。
Window.onvrdisplaypresentchange (en-US)
表示状態から非表示状態に変化した、あるいはその逆の変化など、VR 端末の表示状態が変化した (vrdisplaypresentchange イベントが発生) ときに実行するイベントハンドラーを表します。

他で実装されているイベントハンドラー

GlobalEventHandlers.onabort
ユーザーが読み込み処理中にキャンセルしたなど、リソースの読み込みが異常終了した際に呼び出されます。
WindowEventHandlers.onafterprint
印刷ダイアログボックスを閉じたときに呼び出されます。afterprint (en-US) イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onbeforeprint
印刷ダイアログボックスを開いたときに呼び出されます。beforeprint (en-US) イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onbeforeunload
window でイベントをアンロードする前のイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onblur
ポップアップなどにより、ウィンドウがフォーカスを失った後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onchange
window の change イベントのイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onclick
いずれかのマウスボタンを押した後および離した後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.ondblclick (en-US)
いずれかのマウスボタンをダブルクリックしたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onclose
ウィンドウを閉じた後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.oncontextmenu (en-US)
右マウスボタンを押したときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onerror (en-US)
リソースの読み込みが失敗したとき、あるいは実行時にエラーが発生したときに呼び出されます。error イベントをご覧ください。
GlobalEventHandlers.onfocus
ウィンドウがフォーカスを得た、あるいは取り戻した後に呼び出されます。focus (en-US) イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onhashchange
window の hashchange (en-US) イベントのイベントハンドラープロパティです。URL のハッシュ記号 ("#") の後の部分が変化したときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.oninput
<input> 要素の値が変化したときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onkeydown
なんらかのキーを押下し始めたときに呼び出されます。keydown (en-US) イベントをご覧ください。
GlobalEventHandlers.onkeypress
キー (Shift、Fn、CapsLock を除く) を押下した状態であるときに呼び出されます。keypress (en-US) をご覧ください。
GlobalEventHandlers.onkeyup
なんらかのキーを押し終えたときに呼び出されます。keyup (en-US) イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onlanguagechange
window の languagechange (en-US) イベントのイベントハンドラープロパティです。
GlobalEventHandlers.onload
すべてのリソースおよび DOM が完全に読み込まれた後に呼び出されます。戻るボタンなどで、キャッシュからページが読み込まれたときは呼び出されません。
WindowEventHandlers.onmessage
message イベントが発生したときに呼び出すコードを表す event handler です。
GlobalEventHandlers.onmousedown
いずれかのマウスボタンを押したときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmousemove
マウスをウィンドウ内で動かすときに、連続的に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmouseout
マウスポインターがウィンドウから外れたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmouseover
マウスポインターがウィンドウ内に入ったときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onmouseup
いずれかのマウスボタンを離したときに呼び出されます。
WindowEventHandlers.onoffline
ネットワーク接続が失われたときに呼び出されます。offline (en-US) イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.ononline
ネットワーク接続が確立されたときに呼び出されます。online (en-US) イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onpagehide
ユーザーがあるページから去ったとき、onunload イベントの前に呼び出されます。pagehide (en-US) イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onpageshow
すべてのリソースおよび DOM が完全に読み込まれた後に呼び出されます。pageshow イベントをご覧ください。
WindowEventHandlers.onpopstate
戻るボタンが押されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onreset
フォームがリセットされたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onresize
ウィンドウのリサイズに応じて、連続的に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onscroll
なんらかの方法でスクロールバーが動かされたときに呼び出されます。リソースがウィンドウ内に完全に収まっている場合は、このイベントを発生させられません。
GlobalEventHandlers.onwheel
マウスホイールがいずれかの軸に沿って回されたときに呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onselect
入力フィールド内のテキストが選択された後に呼び出されます。
GlobalEventHandlers.onselectionchange
selectionchange イベントが発生したときに呼び出すコードを表す event handler です。
WindowEventHandlers.onstorage
セッションストレージまたはローカルストレージが変化したときに呼び出されます。 storage イベントをご覧ください。
GlobalEventHandlers.onsubmit (en-US)
フォームが送信されたときに呼び出されます。
WindowEventHandlers.onunhandledrejection
処理されていない Promise の失敗イベントを扱うためのイベントハンドラープロパティです。
WindowEventHandlers.onunload
ユーザーがページから去ったときに呼び出されます。

イベント

これらのイベントを待ち受けするには、 addEventListener() を使用するか、イベントリスナーをこのインターフェイスの onイベント名 プロパティに代入するかしてください。

error
リソースの読み込みに失敗したか、利用できないときに発生します。例えば、スクリプトに実行エラーがあった場合や、画像が見つからなかったり、向こうであったりした場合です。
onerror (en-US) プロパティからも利用できます。
languagechange
ユーザーの推奨される言語が変更されたときに、グローバルスコープオブジェクトに発生します。
onlanguagechange プロパティからも利用できます。
orientationchange
端末の向きが変化したときに発生します。
onorientationchange プロパティからも利用できます。
devicemotion
定期的に発生し、利用できる場合は、端末にかかっている物理的な加速度の量と傾きを示します。
deviceorientation
現在の端末の向きを地球の座標軸と比較する時期包囲センサーから新しいデータが利用できるようになったときに発生します。
resize (en-US)
Fired when the window has been resized.
onresize プロパティからも利用できます。
storage
ストレージ領域 (localStorage または sessionStorage) が他の文書のコンテキストから変更されたときに発生します。
onstorage プロパティからも利用できます。

アニメーションイベント

animationcancel
アニメーションが予期せず中断されたときに発生します。
onanimationcancel (en-US) プロパティからも利用できます。
animationend
アニメーションが正常に終了したときに発生します。
onanimationend (en-US) プロパティからも利用できます。
animationiteration
アニメーションが一巡したときに発生します。
onanimationiteration (en-US) プロパティからも利用できます。
animationstart
アニメーションが開始されたときに発生します。
onanimationstart (en-US) プロパティからも利用できます。

クリップボードイベント

clipboardchange
システムクリップボードの内容が変化したときに発生します。
copy
ブラウザーのユーザーインターフェイスからユーザーがコピー操作を行ったときに発生します。
oncopy プロパティからも利用できます。
cut
ブラウザーのユーザーインターフェイスからユーザーが切り取り操作を行ったときに発生します。
oncut プロパティからも利用できます。
paste
ブラウザーのユーザーインターフェイスからユーザーが貼り付け操作を行ったときに発生します。
onpaste プロパティからも利用できます。

接続イベント

offline (en-US)
ブラウザーがネットワークへのアクセスから切断され、 navigator.onLine の値が false に変わったときに発生します。
onoffline プロパティからも利用できます。
online (en-US)
ブラウザーがネットワークへのアクセスに接続され、 navigator.onLine の値が true に変わったときに発生します。
ononline プロパティからも利用できます。

フォーカスイベント

blur
要素がフォーカスを失ったときに発生します。
onblur プロパティからも利用できます。
focus
要素がフォーカスを得たときに発生します。
onfocus プロパティからも利用できます。/dd>

ゲームパッドイベント

gamepadconnected
ゲームパッドが接続された、またはゲームパッドのボタンや軸が初めて使用されたことをブラウザーが検出したときに発生します。
ongamepadconnected プロパティからも利用できます。
gamepaddisconnected
ゲームパッドが切断されたことをブラウザーが検出したときに発生します。
ongamepaddisconnected プロパティからも利用できます。/dd>

履歴イベント

hashchange
URL のフラグメント識別子 (URL の中で # 記号で始まり、それに続く部分) が変化したときに発生します。
onhashchange プロパティからも利用できます。
pagehide
ブラウザーが現在の文書を非表示にして、その場所にセッションの履歴とは異なる文書を表示するよう切り替えているときに送信されます。これはたとえば、ユーザーが「戻る」ボタンをクリックしたとき、または「進む」ボタンをクリックしてセッション履歴を先に進めたときに発生します。
onpagehide イベントハンドラープロパティからも利用できます。
pageshow
ページが最初に読み込まれたときだけでなく、ユーザーが同じタブ内で別のページに移動した後にページに戻ったときなど、ナビゲーションタスクのためにブラウザーが文書を表示するときに送信されます。
onpageshow イベントハンドラープロパティからも利用できます。
popstate (en-US)
アクティブな履歴項目が変化したときに発生します。
onpopstate イベントハンドラープロパティからも利用できます。

ロード・アンロードイベント

beforeunload
ウィンドウ、文書、そのリソースがアンロードされるときに発生します。
onbeforeunload プロパティからも利用できます。
DOMContentLoaded
文書が完全に読み込まれて解析されたときに、スタイルシート、画像、サブフレームの読み込みが完了するのを待たずに発生します。
load
スタイルシートや画像などの依存するすべてのリソースを含め、ページ全体の読み込みが完了したときに発生します。
onload プロパティからも利用できます。
unload
文書や子リソースがアンロードされるときに発生します。
onunload プロパティからも利用できます。

マニフェストイベント

appinstalled
ブラウザーがページをアプリケーションとしてインストールすることに成功したときに発生します。
onappinstalled プロパティからも利用できます。
beforeinstallprompt
ウェブアプリケーションをインストールすることをユーザーに問い合わせようとするときに発生します。
onbeforeinstallprompt (en-US) プロパティからも利用できます。

メッセージイベント

message (en-US)
ウィンドウがメッセージを受け取ったとき、例えば他のブラウザーのコンテキストから Window.postMessage() が呼び出された時に発生します。
onmessage プロパティからも利用できます。
messageerror
Window オブジェクトが復元できないメッセージを受信したときに発生します。
onmessageerror プロパティからも利用できます。
afterprint
関連づけられた文書の印刷が始まったか、印刷プレビューが閉じた後に発生します。
onafterprint プロパティからも利用できます。
beforeprint
関連づけられた文書の印刷が始まるか、印刷プレビューが表示されるときに発生します。
onbeforeprint プロパティからも利用できます。

Promise 拒否イベント

rejectionhandled
拒否を処理するハンドラーがあるかどうかにかかわらず、 JavaScript の Promise が拒否されるたびに送られます。
onrejectionhandled イベントハンドラープロパティからも利用できます。
unhandledrejection
JavaScript の Promise が拒否されたものの、拒否を処理するハンドラーがないときに送られます。
onunhandledrejection イベントハンドラープロパティからも利用できます。

トランジションイベント

transitioncancel
CSS トランジションが中止されたときに発生します。
ontransitioncancel プロパティからも利用できます。
transitionend
CSS トランジションが完了したときに発生します。
ontransitionend プロパティからも利用できます。
transitionrun
CSS トランジションが初めて作成されたときに発生します。
ontransitionrun プロパティからも利用できます。
transitionstart
CSS トランジションが実際に開始されたときに発生します。
ontransitionstart プロパティからも利用できます。

WebVR イベント

vrdisplayactivate (en-US)
VR ディスプレイが表示する準備ができたとき、例えば HMD がスタンバイ状態に移行したり、装着して準備ができたときに発生します。
onvrdisplayactivate (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplayblur (en-US)
ブラウザー、 OS、 VR ハードウェアの何れかが原因で、 VR ディスプレイの表示が停止したときに発生します。
onvrdisplayblur (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplayconnect
互換性のある VR ディスプレイがコンピューターに接続されたときに発生します。
onvrdisplayconnect (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplaydeactivate (en-US)
VR ディスプレイが表示をやめる可能性があるとき、例えば HMD が一定時間使用されなかったためにスタンバイまたはスリープモードに入ったときなどに発生します。
onvrdisplaydeactivate (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplaydisconnect
互換性のある VR ディスプレイがコンピュータから切り離されたときに発生します。
onvrdisplaydisconnect (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplayfocus
VR ディスプレイへの表示を休んだ後で復帰したときに発生します。
onvrdisplayfocus (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplaypresentchange
VR ディスプレイの表示状態が変化したときに発生します。 — すなわち、表示を始めたり、表示を消したり、などです。
onvrdisplaypresentchange (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplaypointerrestricted (en-US)
VR ディスプレイのポインター入力の消費が pointerlocked 要素によって抑止されたときに発生します。
onvrdisplaypointerrestricted (en-US) プロパティからも利用できます。
vrdisplaypointerunrestricted (en-US)
VR ディスプレイのポインター入力の消費が pointerlocked 要素によって抑止が解除されたときに発生します。
onvrdisplaypointerunrestricted (en-US) プロパティからも利用できます。

インターフェイス

DOM リファレンス をご覧ください。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser