mozilla

window.scrollX

概要

文書が水平スクロールされているピクセル数を返します。

構文

var xpix = window.scrollX

引数

xpix
文書の垂直方向のスクロール量(ピクセル)

// スクロールしている場合、戻してから水平方向へスクロール
if (window.scrollX) {
  scroll(0, 0); //文書の左上にスクロール位置をリセット
}

scrollBy(400, 0);

注記

window.scrollBywindow.scrollByLineswindow.scrollByPages のような相対スクロールする関数を使用する際に、文書が既にスクロールしていないかをチェックするためにこのプロパティを使用してください。

pageXOffset プロパティは、scrollX プロパティのエイリアスです。:

window.pageXOffset == window.scrollX; // 常に true

クロスブラウザ互換性の為、window.scrollX ではなく window.pageXOffset を使用します。さらに、古いバージョンの Internet Explorer (IE9 以前) は何れもサポートしていないため、チェックの上、無ければ他の非標準の方法で回避する必要があります。以下に互換性を確保した例を示します。

var x = (window.pageXOffset !== undefined) ? window.pageXOffset : (document.documentElement || document.body.parentNode || document.body).scrollLeft,
    y = (window.pageYOffset !== undefined) ? window.pageYOffset : (document.documentElement || document.body.parentNode || document.body).scrollTop;

仕様

現在、標準化作業が進められています。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: Potappo, teoli, jsx, ethertank, nobuoka
最終更新者: jsx,
サイドバーを隠す