PushManager.subscribe()

Experimental: これは実験的な機能です。
本番で使用する前にブラウザー互換性一覧表をチェックしてください。

PushManager インターフェースの subscribe() メソッドは、プッシュサービスを提供します。

これは、プッシュサブスクリプションの詳細を含む PushSubscription オブジェクトで解決される Promise を返します。現在の service worker に既存のサブスクリプションがない場合、新しいプッシュサブスクリプションが生成されます。

構文

​PushManager.subscribe(options).then(function(pushSubscription) { ... } );

パラメーター

options 省略可
オプションの設定パラメータを含むオブジェクト。次のプロパティを設定できる:
  • userVisibleOnly: 返されたプッシュサブスクリプションの効果がユーザーに表示するメッセージにだけ使われるかを示す boolean 値。
  • applicationServerKey: プッシュサーバーがアプリケーションサーバーを認証するために使用する 楕円曲線 DSA P-256 公開鍵を含む、Base64 でエンコードされた DOMString または ArrayBuffer。指定した場合は、アプリケーションサーバーから発するすべてのメッセージで VAPID 認証スキームを使用しなければならず、また対応する秘密鍵で署名した JWT を含めなければなりません。この鍵は、データを暗号化するために使用する ECDH 鍵と同じではありません。詳しくは "Using VAPID with WebPush" をご覧ください。

注記: この引数は Chrome など、一部のブラウザーで必須です。

戻り値

PushSubscription オブジェクトを解決する Promise

this.onpush = function(event) {
  console.log(event.data);
  // ここから、IndexedDB にデータを書き込んだり、いずれかのウィンドウに
  // それを送信したり、通知を表示したりできます。
}

navigator.serviceWorker.register('serviceworker.js');

// Use serviceWorker.ready to ensure that you can subscribe for push
navigator.serviceWorker.ready.then(
  function(serviceWorkerRegistration) {
    var options = {
      userVisibleOnly: true,
      applicationServerKey: applicationServerKey
    };
    serviceWorkerRegistration.pushManager.subscribe(options).then(
      function(pushSubscription) {
        console.log(pushSubscription.endpoint);
        // アプリケーションサーバが必要としているプッシュサブスクリプションの
        // 詳細はここから使用できます。たとえば、XMLHttpRequest を使用して
        // これを送信できます。
      }, function(error) {
        // 開発中は、コンソールにエラーを表示するのに役立ちます。
        // 本番環境では、アプリケーションサーバにエラー情報を送信
        //  するためにも 役立ちます。
        console.log(error);
      }
    );
  });

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
subscribe() の定義
草案 初期定義

ブラウザ実装状況

BCD tables only load in the browser

関連項目