PushManager.subscribe()

これは実験段階の機能です。
この機能は複数のブラウザで開発中の状態にあります。各ブラウザで用いるために、適切なベンダー接頭辞が必要な場合があります。互換性テーブルをチェックしてください。また、実験段階の機能の構文と挙動は、仕様変更に伴い各ブラウザの将来のバージョンで変更になる可能性があることに注意してください。

PushManager インターフェースの subscribe() メソッドは、プッシュサービスを提供します。

これは、プッシュサブスクリプションの詳細を含む PushSubscription オブジェクトで解決される Promise を返します。現在の service worker に既存のサブスクリプションがない場合、新しいプッシュサブスクリプションが生成されます。

構文

​PushManager.subscribe(options).then(function(pushSubscription) { ... } );

パラメーター

options Optional
オプションの設定パラメータを含むオブジェクト。次のプロパティを設定できる:
  • userVisibleOnly: 返されたプッシュサブスクリプションの効果がユーザーに表示するメッセージにだけ使われるかを示す boolean 値。

戻り値

PushSubscription オブジェクトを解決する Promise

this.onpush = function(event) {
  console.log(event.data);
  // ここから、IndexedDB にデータを書き込んだり、いずれかのウィンドウに
  // それを送信したり、通知を表示したりできます。
}

navigator.serviceWorker.register('serviceworker.js').then(
  function(serviceWorkerRegistration) {
    serviceWorkerRegistration.pushManager.subscribe().then(
      function(pushSubscription) {
        console.log(pushSubscription.endpoint);
        // アプリケーションサーバが必要としているプッシュサブスクリプションの
        // 詳細はここから使用できます。たとえば、XMLHttpRequest を使用して
        // これを送信できます。
      }, function(error) {
        // 開発中は、コンソールにエラーを表示するのに役立ちます。
        // 本番環境では、アプリケーションサーバにエラー情報を送信
        //  するためにも 役立ちます。
        console.log(error);
      }
    );
  });

仕様

仕様 状態 コメント
Push API
subscribe() の定義
草案 初期定義

ブラウザ実装状況

機能 Chrome Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
基本サポート 42.0 44.0 (44.0)[1] 未サポート ? 未サポート
機能 Android Android Webview Firefox Mobile (Gecko) Firefox OS IE Mobile Opera Mobile Safari Mobile Chrome for Android
基本サポート 未サポート 未サポート 48.0 (48)[2] 未サポート 未サポート 未サポート 未サポート 42.0

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: YuichiNukiyama
 最終更新者: YuichiNukiyama,