これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

ServiceWorker API のインターフェイスである ServiceWorker は service worker に関するレファレンスを提供しています。様々なブラウザー環境(例えばページ、worker など)が同一の service worker に関連付けることができて、一意な ServiceWorker オブジェクト​からアクセスできます。 

ServiceWorker オブジェクトはプロバティServiceWorkerRegistration.activeServiceWorkerContainer.controllerプロパティ — これは起動された service worker でページを管理しています (そのservice workerが正常に登録されて管理されるページがリロードされています) — の中で利用可能です。

ServiceWorker インターフェイスへは、 installactivate 、そして fetch を含む機能的なイベントといったライフサイクルイベントのセットが送られます。ServiceWorker オブジェクトは、ライフサイクルに関係する ServiceWorker.state (状態) を持っています。

プロパティ

ServiceWorker インターフェイスは親となるWorkerからプロパティを継承します。

ServiceWorker.scriptURL 読取専用

ServiceWorkerRegistrationの一部と定義されたスクリプト URL にシリアライズされた ServiceWorker を返します。この URL はその ServiceWorker を登録している document と同一オリジン上でなければなりません。

ServiceWorker.state 読取専用
service worker の状態を返します。installing, installedactivating, activatedredundant のいずれかの値を返します。

イベントハンドラ

ServiceWorker.onstatechange 読取専用
statechange イベントが発火した際に呼び出されるEventListener プロパティです。このイベントは ServiceWorker.state が変更された際に発火されます。

メソッド

ServiceWorker インターフェイスは親であるWorkerインターフェイスからメソッドを継承していますが、Worker.terminate は例外です。このメソッドは service worker からアクセスされるべきではありません。

このコードスニペットは service worker registration-events sample (live demo)の一部です。ServiceWorker.state のあらゆる変更をリッスンし、その値を返します。

if ('serviceWorker' in navigator) {
    navigator.serviceWorker.register('service-worker.js', {
        scope: './'
    }).then(function (registration) {
        var serviceWorker;
        if (registration.installing) {
            serviceWorker = registration.installing;
            document.querySelector('#kind').textContent = 'installing';
        } else if (registration.waiting) {
            serviceWorker = registration.waiting;
            document.querySelector('#kind').textContent = 'waiting';
        } else if (registration.active) {
            serviceWorker = registration.active;
            document.querySelector('#kind').textContent = 'active';
        }
        if (serviceWorker) {
            // logState(serviceWorker.state);
            serviceWorker.addEventListener('statechange', function (e) {
                // logState(e.target.state);
            });
        }
    }).catch (function (error) {
        // Something went wrong during registration. The service-worker.js file
        // might be unavailable or contain a syntax error.
    });
} else {
    // The current browser doesn't support service workers.
}

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Service Workers
ServiceWorker の定義
草案 初期定義

ブラウザー実装状況

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応40

161

17

442 なし27 なし
scriptURL40

161

17

442 なし27 なし
state40

161

17

442 なし27 なし
onstatechange40

161

17

442 なし27 なし
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応4040 なし4427 なし4.0
scriptURL4040 なし4427 なし4.0
state4040 なし4427 なし4.0
onstatechange4040 なし4427 なし4.0

1. From version 16: this feature is behind the Enable service workers preference.

2. Service workers (and Push) have been disabled in the Firefox 45 and 52 Extended Support Releases (ESR.)

関連

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, one-kelvin, shimazu, awesomest
最終更新者: Uemmra3,