ブロック文

ブロック文

ブロック文は文をグループ化するのに用います。ブロックは波括弧のペアで区切ります。

{ statement_1 statement_2 . . . statement_n }


ブロック文は一般に制御フロー文(例:ifforwhile)で用いられます。

while (x < 10) {
   x++;
}

ここでは { x++; } がブロック文です。

重要:JavaScript にはブロックスコープがありません。ブロックを用いて導入された変数のスコープは、そのブロックがある関数やスクリプトになります。変数をセットする影響はそのブロックを越えて持続されます。つまり、ブロック文はスコープを持ち込まないということです。独立したブロックも構文的には正しいのですが、C や Java のブロックで果たされるような機能を期待しているのであれば、そのような機能は果たされないため、JavaScript で独立したブロックを使う必要はありません。

var x = 1;

{
   var x = 2;
}

alert(x); // 2 が出力される

ブロック内の var x 文はブロック前の var x 文と同じスコープ内であるため、この例では 2 が出力されます。C や Java では相当のコードは 1 を出力します。

Document Tags and Contributors

Contributors to this page: ethertank, happysadman, Electrolysis
最終更新者: ethertank,