ジャンプ先:

HTTP ヘッダーは、 HTTP リクエスト及び HTTP レスポンスのフィールドで、メッセージや本文のセマンティクスを変更したり、より詳細に説明したりするための追加情報を渡します。ヘッダーは大文字と小文字を区別せず、行の先頭から始まり、直後に ':' とヘッダー自体に依存する値が続きます。値は、次の CR またはメッセージの最後で終了します。

従来より、ヘッダーはカテゴリに分類されてきましたが、この分類は仕様書では定義されていません。

  • 一般ヘッダー: リクエストとレスポンスの両方に適用され、最終的に本文の中で送信されるデータとは関係のないヘッダーのこと。
  • リクエストヘッダー: 取得するリソース又はクライアント自体に関する詳細情報を含むヘッダー。
  • レスポンスヘッダー: レスポンスについての追加情報、例えば場所やサーバー自身についての情報 (名前、バージョン、など) を含むヘッダー。
  • エンティティヘッダー: コンテンツの長さや MIME タイプなど、エンティティの本文に関する詳細情報を含むヘッダー。

一つのヘッダーを持つ基本的なリクエストの例です。

GET /example.http HTTP/1.1
Host: example.com

リダイレクトの場合は、必須のヘッダー (Location) があります。

302 Found
Location: /NewPage.html

典型的な一連のヘッダーの例です。

304 Not Modified
Access-Control-Allow-Origin: *
Age: 2318192
Cache-Control: public, max-age=315360000
Connection: keep-alive
Date: Mon, 18 Jul 2016 16:06:00 GMT
Server: Apache
Vary: Accept-Encoding
Via: 1.1 3dc30c7222755f86e824b93feb8b5b8c.cloudfront.net (CloudFront)
X-Amz-Cf-Id: TOl0FEm6uI4fgLdrKJx0Vao5hpkKGZULYN2TWD2gAWLtr7vlNjTvZw==
X-Backend-Server: developer6.webapp.scl3.mozilla.com
X-Cache: Hit from cloudfront
X-Cache-Info: cached

詳細情報

一般知識

技術リファレンス

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, hamasaki, kadokura
最終更新者: mfuji09,