ジャンプ先:

ダイジェストはメッセージからハッシュ関数によって生成された小さな値です。ダイジェストは理想的には即座に計算でき、不可逆であり、予測不可能なため、メッセージが改ざんされたかどうかの判定に利用することができます。

ダイジェストを使用していくつかのユースケースを実行できます:

  • 非暗号化アプリケーション(ハッシュテーブルのインデックス、重複データの検出やファイルの一意な識別に使用されるフィンガープリントなど)
  • メッセージの整合性の検証(改ざんされたメッセージは異なるハッシュ値を持ちます)
  • パスワードを解読されないようにしつつも、整合性をチェックできるように保存することができます(これをより安全に行うために、パスワードにsaltを付与する必要もあります)。
  • 擬似乱数の生成
  • キーの生成

衝突や予測可能性を避けるために、ユースケースに適したハッシュ関数を選択することが重要です。

関連項目

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mdnwebdocs-bot, OtsukaNoboru
最終更新者: mdnwebdocs-bot,