Location 応答ヘッダはリダイレクト先のURLを示します。 3xx (リダイレクト) または 201 (created) ステータス応答を返すときのみ意味を成します。

リダイレクトの方法において、HTTPメソッドは元のメソッドとリダイレクトの種類に依存する Location によって指示されるページを取得するためのリクエストを作成するのに使用されます:

  • If 303 (See Also) 応答が常にGET メソッド用途に用いられるとき 307 (Temporary Redirect) 及び 308 (Permanent Redirect) は元のリクエストにおいて使用されたメソッドを変更しません
  • 301 (Permanent Redirect) と 302 (Found) は 古いユーザーエージェント(基本的に知らないでしょう)がメソッドを変更するにもかかわらず、最近ではメソッドを変更しません。

これらのステータスコードのすべての応答において1つの Location ヘッダーを送信します。

リソース作成(created)において、新しく作成されたリソースへのURLを示します。

LocationContent-Location は違います: Location ヘッダーはリダイレクトの対象または新しく作成されたリソースのURLを示し、 Content-Location ヘッダーはコンテンツネゴシエーション が起きたとき更なるコンテンツネゴシエーションが起きないように、リソースへアクセスできる直接的なURLを指します。 Location は応答に関連付くヘッダーで、 Content-Location は実体を返すことに関連付きます。

ヘッダー種別 応答ヘッダー
禁止ヘッダー名 いいえ

構文

Location: <url>

ディレクティブ

<url>
(リクエストURLからの)相対または絶対URL。

Location: /index.html

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 7.1.2: Location Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content
RFC 2616, セクション 14.30: Location ( 旧版 ) Hypertext Transfer Protocol -- HTTP/1.1

ブラウザの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Indication
最終更新者: Indication,