Location レスポンスヘッダーはリダイレクト先の URL を示します。 3xx (リダイレクト) または 201 (created) ステータスレスポンスを返すときのみ意味を成します。

リダイレクトの場合、 HTTP メソッドは元のメソッドとリダイレクトの種類によって、 Location で示されたページにアクセスする新しいリクエストを生成するために使用します。

  • 303 (See Also) レスポンスは常に GET メソッドを使用するように誘導され、 307 (Temporary Redirect) および 308 (Permanent Redirect) は元のリクエストにおいて使用されたメソッドを変更しません。
  • 301 (Permanent Redirect) と 302 (Found) は多くの場合はメソッドを変更しませんが、古いユーザーエージェントは変更することがあります (そのため、基本的に結果は不明です)。

これらのステータスコードを持つすべてのレスポンスは、 Location ヘッダーを送信します。

リソース作成 (created) では、新しく作成されたリソースへの URL を示します。

LocationContent-Location は異なります。 Location ヘッダーは、リダイレクトの対象 (または新しく作成されたリソースの URL) を示し、 Content-Location ヘッダーはコンテンツネゴシエーションが起きたとき、更なるコンテンツネゴシエーションが起きないように、リソースへアクセスできる直接的なURLを指します。 Location はレスポンスに関連付くヘッダーで、 Content-Location は返されるエンティティに関連付けられます。

ヘッダー種別 レスポンスヘッダー
禁止ヘッダー名 いいえ

構文

Location: <url>

ディレクティブ

<url>
(リクエスト URL からの) 相対 URL、または絶対 URL。

Location: /index.html

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 7.1.2: Location Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, Indication
最終更新者: mfuji09,