Firefox 50 は、米国時間 2016 年 11 月 15 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 50 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

HTML

CSS

  • dashed および dotted スタイルのボーダーに border-radius を設定したとき、角の部分を solid スタイルではなく指定したスタイルで描画するようになりました (バグ 382721)。
  • 非標準の :-moz-full-screen-ancestor 疑似クラスセレクターを削除しました (バグ 1199529)。
  • 仕様書から削除されたため、および実装していた主要ブラウザーが Firefox だけであったため、box-sizing: padding-box を削除しました (バグ 1166728)。
  • unicode-bidi プロパティの値 isolateisolate-overrideplaintext の接頭辞を削除しました (バグ 1141895)。
  • Quirk モードでリストのビュレットが、標準準拠モードと同様にリストのサイズを継承するようになりました (バグ 648331)。
  • :in-range および :out-of-range 疑似クラスが、無効状態または読み取り専用の input にマッチしないように動作を変更しました (バグ 1264157)。
  • :any-link 疑似クラスの接頭辞を削除しました (バグ 843579)。
  • border-image-repeat で、値 space を実装しました (バグ 720531)。

JavaScript

開発者ツール

Firefox 49 から Firefox 50 の間に解決した開発ツール関連のバグ一覧

HTTP

セキュリティ

ネットワーク

DOM

SVG

Drag and Drop API

  • HTML Drag and Drop API を使用してドラッグアンドドロップしている複数のアイテムにアクセスできる、DataTransfer.items プロパティを実装しました。これを可能にするため、DataTransferItem および DataTransferItemList インターフェイスもサポートしました(バグ 906420)。これはデフォルトで有効です。
  • 古く廃止済みである、Firefox 固有の drag and drop API イベント dragdrop および draggesture のサポートを廃止しました。これらを使用し続けているコードは、 HTML drag and drop API を使用するように更新してください (バグ 1162050

Pointer Lock API

  • Pointer Lock API の接頭辞を削除しました (バグ 991899)。
  • Firefox 50 より前のバージョンではドアハンガーを使用して requestPointerLock() を許可するかを問い合わせており、ユーザーが許可するまで pointer lock を有効化しませんでした。Firefox 50 より、pointer lock は fullscreen API と同様に即座に許可されますが、終了方法をユーザーに説明する通知を表示します (バグ 1273351)。

IndexedDB

  • IDBDatabase オブジェクトで対応するデータベースが意図せず閉じられたときに、close イベントが送信されるようになりました (バグ 1151017)。

Service Workers

  • WindowClient.navigate() メソッドを実装しました。このメソッドで、Service Worker で制御されているクライアントウィンドウに、指定した URL を開くことができます (バグ 1218148)。

WebGL

WebRTC

  • MediaStream にトラックを追加すると、仕様書で示されているように addtrack イベントが発生するようになりました。このイベントは MediaStreamTrackEvent タイプであり、トラックが追加されたストリームで発生します。"addtrack" イベントを扱うために、MediaStream.addEventListener('addtrack', ...) または MediaStream.onaddtrack プロパティを使用できます。
  • MediaStreamTrack インターフェイスが、ended イベントおよび MediaStreamTrack.onended イベントハンドラをサポートしました。
  • Firefox で MediaStreamTrack.readyState プロパティをサポートしました。これは、トラックが生存中であるか永久に終了した状態であるかを示します。
  • MediaStreamTrackgetConstraints() および getSettings() メソッドを実装しました。それぞれ、カスタマイズしたプロパティ制約で直近に適用された値のセットを取得する、およびトラックで制限可能なすべてのプロパティの実際の値を取得するメソッドです。付随するデータ型もドキュメントに記載しています。
  • RTCDataChannel.stream プロパティを削除しました。これは Firefox 24RTCDataChannel.id に置き換えられましたが、後方互換性のためにサポートしていました。まだ id プロパティを使用するようにコードを更新していない場合は、必ず更新してください。

Web Audio API

Audio/Video

  • AlignSetting 列挙型 (VTTCue.align で使用可能な値を表す) が以前、誤って "center" ではなく "middle" を含んでいました。この問題を修正しました (バグ 1276130)。
  • 非標準かつ実験的な HTMLMediaElement.seekToNextFrame() メソッドが、メディア内の次のフレームを同期的ではなく非同期的にシークするようになりました。また、シークが完了すると fullfill になる Promise を返します。
  • HTMLTrackElement の実装を、ドキュメント内にない場合でも <track> 要素がリソースを読み込めるように修正しました (バグ 871747)。

Battery API

ファイルとディレクトリー

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,